湘南国際マラソン申込直前!クリック合戦を勝ち抜くコツ

本日20時から湘南国際マラソンの0次予選であるクリック合戦が始まります。湘南国際マラソンが始まって数年間は、RUNNETのサーバーが追いつかず、夜中の3時になってようやく申し込めたなんてこともありました。

もはや湘南国際マラソンはクリック合戦も含めて楽しむものというイメージがありますが、そこでは絶対に負けたくないですよね。

そこで、ここではクリック合戦を勝ち抜くためのポイントをご紹介します。湘南国際マラソンは久しく申し込みをしていませんが、この方法で奈良マラソンも長野マラソンもクリック合戦を勝ち抜いた手法ですので、おそらく高確率でクリック合戦に勝てるはずです。

RUNNET登録とログインは必須

まさかRUNNETの登録が済んでいないという人はいないと思いますが、まだしていないという人は今すぐ会員登録を済ませてください。エントリー時に登録していたのでは間に合いません。

RUNNEThttps://runnet.jp

ここまでは、間違いなくみなさん出来ていると思いますの。次に意外と忘れているのがRUNNETへのログインです。ログインが出来ていないと、二重に待たされることになりますので、必ずエントリー開始30分前くらいにログインをしておきましょう。

エントリーページを開いておく

申し込み時間になるとRUNNETのサイト全体が重くなります。ですので、トップページからアクセスしていると、エントリーの順番が遅くなってしまいます。申し込み前にはエントリーページを開いておきましょう。

湘南国際マラソンの申し込みページですと、画像右上にある「準備中」をクリックしておきます。準備中になっていますが、ちゃんとクリックできてエントリーページに入ることができます。

この画面が出ていればOKです。

当然この状態では申し込みできません。20時になったらウェブブラウザの更新ボタンを押してください。そうすると混雑画面が表示されて、あとはそこからひたすら待つだけです。

更新ボタンはインターネット時計を見ながらクリック

重要なポイントは、更新ボタンを押すタイミングです。自分のスマホやパソコンの時間が変わった瞬間に更新ボタンを押してもいいのですが、これですと少しだけ遅れている可能性があります。

パソコンがある人は、下記のページを別ウインドウで開いておきましょう。

情報通信研究機構 日本標準時

このページで一番上の日本標準時(JST)が20時になった瞬間にページの更新をします。

混雑を見越して、少し前にページの更新をするという方法もあります。この場合は19時59分30秒くらいに更新するといいとされています。ただ、20時ちょうどの更新でエントリーに失敗したことは一度もありません。

とはいえ湘南国際マラソンは競争がかなり激しいので、20時ちょうどでも間に合わないという可能性も否定できません。弱気なアドバイスで申し訳ないですが、30秒前と20時ジャストにするかは各自判断してください。

スマホとパソコンの2台体制はOK?

最近はスマホとパソコンの2台体制で申し込みをしている人が多いようですが、それが余計に混雑の原因になっています。RUNNING STREET 365としては2台体制での申込みはおすすめしません。

どうしても湘南国際マラソンに出たいというのであれば、みんなと同じように2台体制で待つというのもひとつの方法です。2台体制で行う場合には、時間差をつけるようにしましょう。

RUNNETの待ち時間は30秒毎ですので、1台での申込みをした15秒後に、もう1台で申し込みを行えば時間差ができるため、混雑画面を早く抜け出せる可能性が上がります。

ただし、不要な回線の混雑を招くだけですのでやはりおすすめしません。自分さえ良ければいいというランナーを見て、腹を立てたことのある人も多いと思います。複数台でのアクセスというのは、そういう人と同じことをしているのだと自覚してください。

できることなら1台体制で行って、出られなかったら縁がなかったと思って他の大会にエントリーしましょう。

つながったら焦らないこと

申込画面に到達しても安心してはいけません。決済方法を決定しエントリー完了するまではまだエントリー合戦は終わっていません。できるだけ素早く情報入力をしてください。ただし焦りは厳禁です。

ひとつひとつ確実に埋めてください。急いでいるときの決済方法はコンビニ払いがおすすめです。クレジット払いにすると、その決済までに少し時間がかかってしまいます。ただ、私の場合はクレジット決済で時間切れになったことはありません。

ただし、クレジット決済の場合は先に情報を登録しておきましょう。RUNNET登録情報変更ページでクレジットカード情報を追加できます。

また、コンビニ払いにした場合は、その場でコンビニに支払いに行きましょう。後でしようと思って入金忘れした人が毎年何人もいます。出場すると決めているなら、そのあとすぐに入金してください。

宿泊予定がある場合は続けて予約する

湘南国際マラソンの場合は、日帰りで参加するという人も多いかと思います。でも奈良マラソンや長野マラソンの場合は、前泊する人もいますよね。マラソン遠征をする場合は、クリック合戦が完了したら、そこで落ち着くのではなく宿の確保をしておきましょう。

特に難しいことはありません。楽天トラベルなどの普段使っている予約サイトを使って確保しておきましょう。エントリー直後ですとまだお手頃価格のホテルが空いていますが、しばらくするとあっという間にいい部屋がなくなります。

遠方から湘南国際マラソンに参加する場合は、小田原周辺のホテルがおすすめです。藤沢や平塚にもホテルはありますが、東海道線がランナーを満載で東京方面からやってきますので、時間帯によっては乗り込めない可能性があります。

そうならないためにも、比較的空いている小田原周辺がおすすめです。箱根の温泉も近くですし、美味しい魚もいっぱいありますので、ぜひ小田原周辺で宿を確保しておきましょう。

スポンサーリンク