伊予の給水はポンジュース?「第57回愛媛マラソン」

市民マラソンに移行した1年目に定員割れした愛媛マラソン。それから徐々に人気が高まり、いまでは毎年RUNNETのランキング上位に入るほどの大会に成長しました。地方の大会にも関わらず倍率は3倍近くになり、参加するだけでも狭き門です。

ここではそんな愛媛マラソンの特徴と、旅ランとしての楽しみ方について、詳しくご紹介します。

愛媛マラソンの特徴

愛媛マラソンの種目はフルマラソンだけです。そもそもが実業団などのエリートランナーが競い合う大会だったということもあり、今でもファンランなどを開催せずに、フルマラソン1本だけの硬派なスタイルを貫いています。

ただし、エイドは硬派とは真逆のスタイルで、すべて食べると間違いなくレース前よりも体重が増えてしまう恐ろしい大会でもあります。タルトが2ヶ所、ポンジュースも2ヶ所、坊ちゃん団子に山田屋まんじゅう。

松山の銘菓が勢揃いするエイドを楽しみにしているランナーさんも多いかと思います。でも愛媛マラソンの魅力はそれだけではありません。街全体が愛媛マラソン一色になりますし、市街地から外れた農地ですら声援が続きます。

この途切れない声援に乗って最後まで走りきれば、自己ベスト更新も難しくありません。ただ、8kmと36km地点に大きなアップダウンがありますので、特に36km地点の坂が勝負の分かれ目です。

天候が安定しないのもこの時期のマラソン大会の特徴で、基本的にはスタート時には5℃以下にまで気温が下がります。レース中もかなり冷え込むことが多く、荒れ模様になる年のほうが多いかもしれません。

あまり穏やかなコンディションになりにくい大会ですが、それでもスタートからゴールまで気持ちよく走れる大会でもありますので、まだ出たことのないランナーさんは、抽選ですのでまずは申込みだけでもしてみてはいかがでしょう?

愛媛マラソン旅ランの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛媛は観光地としてもちょうどいいサイズで、満足度の高い旅ランをすることができる場所です。「マラソンなしで行きたい」という人もいるほど、のんびりした空気感を気に入る人も多いようです。

ここではそんな愛媛マラソンと合わせて行っておきたいおすすめのスポットやグルメについて紹介します。

道後温泉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松山といえば道後温泉です。愛媛マラソンの参加者は無料で道後温泉本館に入浴できるチケットが配られますので、ぜひレース前後に道後温泉を堪能して帰りましょう。

本館以外にも日帰り入浴できる施設がいくつもあります。予算に余裕があるなら、道後温泉の温泉街に宿泊するのがおすすめです。

道後温泉物語:http://www.dogo.or.jp

松山城

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松山に観光している人でも、意外と上ったことがないのが松山城ではないでしょうか。小高い丘の上に建っている松山城まで歩いて上ると、ちょっとした運動になります。マラソン翌朝の散策におすすめです。

松山城から眺める松山の町はとても美しく、海や山に囲まれた自然豊かな地であることを実感できます。松山へはロープウェイ街からのアクセスしましょう。ロープウェイ街はオシャレなお店が並んでいますので、カフェでのんびりというのもいいかもしれません。

営業時間 9:00~17:00(2月~7月)
料金 大人510円 小学生150円
アクセス 市電「大街道」下車徒歩5分
HP http://www.matsuyamajo.jp

鯛めし

P2140006

松山で食べておきたいグルメと言えば鯛めしです。実は鯛めしには2種類あり、焼いた鯛を土鍋に載せるスタイルと、鯛のお刺身をご飯に載せるタイプがあります。どちらが好きかは好みによりますが、できればどちらも食べてもらいたいところです。

東予・中予の鯛めしというのが土鍋で、南予(宇和島)の鯛めしがお刺身だと覚えておきましょう。人気店を紹介しておきますので、ぜひ参考にしてください。

五志喜 食べログ
かどや 食べログ
鯛や 食べログ
おいでん家 食べログ

バー 露口

59b5e8cb83a555bf9a43a4f8e5d25ed0_s

ハイボールが好きだという人は必須です。日本で唯一残るサントリーバーの露口は、シンプルなハイボールをどこよりも美味しく作ってくれるバーです。サントリーの角ハイボール「濃いめ」の味はこの露口の味を再現したものです。

マラソンの打ち上げをした後に、ゆっくりと愛媛マラソンを振り返るといきたいところですが、残念ながら日曜日は定休日です。マラソン前夜の食事前に軽く一杯飲んでからなんていかがでしょう。

蛇口から出てくるみかんジュース

P2140055

「愛媛では蛇口からポンジュースが出て来る」そんな噂を聞いたことありませんか?そんな噂があると聞いた松山の人たちは、本当に蛇口からみかんジュースが出て来る装置を作ってしまいました。

松山城の本丸広場や、松山城東側にあるロープウェイ街のお店などで設置してありますので、見つけたらぜひ試してみましょう。味は…まぁ普通のみかんジュースです。

過去大会のおすすめレポート

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第56回愛媛マラソン」
日本一早いマラソンレポート「第55回愛媛マラソン」
日本一早いマラソンレポート「第54回愛媛マラソン」

月間走行距離なんて知りません
愛媛マラソンレポート〜アスリート枠獲得への道〜

人生山あり旅あり休みあり♪
第56回愛媛マラソン

take a short trip 〜 ちょっとお空を飛んできます♪
愛媛県松山 オット 道後温泉で呑んだくれて愛媛マラソンに参戦

愛媛マラソンアクセス&宿泊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
愛媛マラソンは当日受付にも対応していますが、県外からの参加の場合には前泊が必要です。大会会場である城山公園周辺のホテルを楽天トラベルなどで早めに予約しておきましょう。温泉宿がいいという人は道後温泉周辺もおすすめです。

記録狙いで走る場合は城山公園周辺、旅ランも楽しみたいなら道後温泉周辺で宿を確保しておきましょう。

松山へのアクセスは四国内であればJRでの移動、四国の外からであれば飛行機がおすすめです。関東からですと成田空港からジェットスター、関西からは関西国際空港からPeachが飛んでいますので、交通費を大幅に抑えることが出来ます。

夜行バスでの移動よりもLCCのほうが割安で快適です。LCCはセールをうまく活用できれば、さらにお得に移動できますので、Twitterなどでセール情報を常にチェックしておきましょう。

大会詳細情報

エントリー受付期間:2018年8月20日~2018年8月31日
エントリーサイト:RUNNET
参加者決定方法:抽選

第57回愛媛マラソン
開催日2019年2月10日(日)
種目フルマラソン
スタート時間10:00
開催場所愛媛県松山市
大会受付前日:13:00~19:00
当日:7:30~8:30
受付会場南海放送本町会館1階テルスターホール
大会会場城山公園
参加資格大会当日満18歳以上の者
※5時間45分で完走できる者
制限時間6時間
参加費9,180円
定員10,000人

愛媛マラソン公式サイト
https://ehimemarathon.jp

スポンサーリンク