終わらない前夜祭!鳴り止まない声援「鹿児島マラソン2019」

鹿児島マラソン
鹿児島マラソン

東京マラソンの開催日が3月の第1週になり、多くのマラソン大会が玉突きで開催日を変更しましたが、鹿児島マラソンは動きませんでした。このため東京マラソンと同日開催となった鹿児島マラソン2019。

ここではそんな鹿児島マラソンの特長や旅ランとしての楽しみ方についてご紹介します。

鹿児島マラソンの特徴

鹿児島マラソンの種目はフルマラソンと8.9kmのファンランの2種目です。おすすめなのはもちろん桜島を眺めながら走ることができるフルマラソンです。緩やかなアップダウンが繰り返されるため、後半に疲労が溜まってしまう難易度の高いコース設定になっています。

海岸線のコース上には応援が入れないため、学生のボランティアさんが懸命に声援を送ってくれるのですが、走りながら笑顔がこぼれてしまうくらい元気いっぱいで、力強く背中を押してくれます。

鹿児島マラソンのコースも大変ですが、もっと大変なのは天候です。2017年は雨が降り極寒の中での開催になりましたが、2018年は暑さの中でのレース。春の鹿児島らしく天候が安定しないという難しさがあります。

でも、鹿児島マラソンはタイムを狙うよりも、観光もグルメも含めて楽しむのに適したマラソン大会です。前夜祭では鹿児島の焼酎が飲み放題。コップに並々と注いでくれますので、翌日はとてもレースにはなりません。

でも、スタートをしてしまえば、ずっと声援が支えてくれますので、酔いが冷めていくのに合わせて、徐々にテンションも上っていきます。

東京マラソンほどの規模ではありませんが、旅ランとしての魅力がたっぷり詰まっているのが鹿児島マラソンです。全力で走り抜くのもいいのですが、自己ベスト更新は狙いにくい大会ですので、ぜひすべてのエイドを制覇し、沿道の声援に応えながら、42.195kmの道を笑顔で駆け抜けましょう。

鹿児島マラソン旅ランの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島は歴史もあり、そして何よりも食べ物が驚くほど美味しい街です。マラソン抜きでも楽しめる観光地ですから、走るだけではなく、いろいろ観光地巡りをして、歴史を学びながら、地元グルメもお腹いっぱい食べましょう。

ここでは、そんな鹿児島マラソンの観光スポットと美味しいものを紹介します。

黎明館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島には歴史がいっぱい詰まっていますが、きちんとした資料で鹿児島を知るには歴史資料センターの黎明館がおすすめです。幕末だけではなく、もっと長い歴史を感じることができますので、鹿児島を深く知ることができます。

月曜日は休館日ですので、マラソン前日の受付前後がおすすめです。

開園時間 9:00~18:00
休館日 月曜日
料金 大人:310円
高校生・大学生:190円
小・中学生:120円
アクセス 市電「市役所前」下車徒歩5分
HP https://www.pref.kagoshima.jp/reimeikan/

仙巌園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仙巌園はマラソンコースの途中にある、鹿児島の観光スポットです。鹿児島藩主でもある島津家の別邸で、その建物の美しさもさることながら、ここからの桜島の眺めは絶景です。百年以上の歴史を経て変わらないその景色。

おそらくマラソン参加者には無料券が配られるはずですので、ぜひマラソン翌日の観光と散策に利用しましょう。

開園時間 8:30~17:30
休館日 年中無休
料金 大人(高校生以上):1,000円
小・中学生:500円
アクセス カゴシマシティビュー「仙巌園前」で下車
まち巡りバス「仙巌園前」で下車
HP http://www.senganen.jp

維新ふるさと館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島といえば薩摩藩。歴史好きには明治維新における薩摩藩の役割や、そこで活躍した人々の話は、何度聞いてもワクワクするのではないでしょうか。せっかく鹿児島にまで来たのなら、維新ふるさと館でその歴史をもう一度学んでみましょう。

開園時間 9:00~17:00
休館日 年中無休
料金 大人(高校生以上):300円
小・中学生:150円
アクセス 鹿児島中央駅より徒歩8分
HP http://ishinfurusatokan.info

鹿児島ラーメン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島ラーメンは他の九州のラーメンと同様に豚骨ベースですが、鹿児島は水が美味しいということもあって、博多や熊本などに負けないご当地ラーメンとなっています。マラソン前日のカーボローディングにおすすめです。

のぼる屋 食べログ
のり一 食べログ
こむらさき 食べログ
桃源 食べログ
我流風 食べログ

郷土料理

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島は何を食べても美味しいので、打ち上げは地元の郷土料理を楽しめる居酒屋に行きましょう。ここではマラソンが終わってから行ける、日曜日営業の美味しいお店を紹介します。

吾愛人 営業時間:17:15~23:30
食べログ
朝次郎 営業時間:17:00~24:00
食べログ
熊襲亭 営業時間:17:00~21:30
食べログ

過去大会のおすすめレポート


RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「鹿児島マラソン2017」
日本一早いマラソンレポート「鹿児島マラソン2018」

月間走行距離なんて知りません
ハダシストが鹿児島マラソンをまた走りたいと感じる理由

どん!!と行こうよ!!~チャレンジ日記
鹿児島マラソン2018走ってきました!『前日まで』
鹿児島マラソン2018走ってきました!『当日編①』
鹿児島マラソン2018走ってきました!『当日編②』

MBCブログ
アツかった「鹿児島マラソン2018」

鹿児島マラソンアクセス&宿泊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鹿児島マラソンは前日受付が必須です。遠方からの参加の場合は、前日の夕方までには鹿児島に入れるようにフライトの確保をしておきましょう。LCCなどを活用すれば、関東からでもかなり低価格で往復することができます。

鹿児島空港発着LCC
成田:ジェットスター
羽田:スカイマーク、ソラシドエア
名古屋:ジェットスター
関空:Peach
神戸:スカイマーク
那覇:ソラシドエア

宿泊は手荷物預けのある、中央公民館周辺や天文館周辺がおすすめです。特に預ける荷物がない場合には、スタート地点でもあるドルフィンポート近くも便利です。ただし、繁華街からは少し離れてしまいますので注意してください。

ホテルの数はたくさんありますが、ランナーの数も多く、条件のいい宿はすぐに埋まってしまいますので、早めに楽天トラベルなどで確保するようにしてください。

大会詳細情報

エントリー受付期間:2018年8月27日~2018年10月1日
エントリーサイト:RUNNET
参加者決定方法:抽選

鹿児島マラソン2019
開催日2019年3月3日(日)
エントリー期間2018年8月27日~2018年10月1日
参加者決定方法抽選(倍率1.9倍 2018年)
種目フルマラソン
ファンラン(8.9km)
スタート時間8:30
開催場所鹿児島県鹿児島市
大会受付前々日:13:00~20:30
前日:10:00~20:30
受付会場中央公民館
大会会場ドルフィンポート前
参加資格フルマラソン
大会当日に満18歳以上の方(高校生は除く)
ファンラン
男女別中学生以上
制限時間フルマラソン:7時間
ファンラン:1時間45分
参加費フルマラソン:10,000円
ファンラン:3,000円
定員フルマラソン:10,000人
ファンラン:2,500人
大会HPhttps://www.kagoshima-marathon.jp/

鹿児島マラソン公式サイト
https://www.kagoshima-marathon.jp

スポンサーリンク