「第16回日立さくらロードレース」本日エントリー開始!

スクリーンショット 2016-01-06 10.34.59日立さくらロードレース

そろそろ桜の木の下を走るマラソン大会のエントリーが始まる季節ですよね。自己ベストを狙うには気温が高過ぎるかもしれませんが、気持よく走るには桜の季節が1年で一番かもしれません。

そんな桜の木の下を走ることができる人気の大会「日立さくらロードレース」が本日1月6日の正午より開始します。

日立さくらロードレースについて

日立さくらロードレースは今年で16回目の開催となるハーフ・10km・5kmのマラソン大会になります。他にも小中学生を対象とした2.2kmと1.8kmもあるため家族全員で参加することのできる大会です。

日立市は「水戸の白梅、日立の桜」と言われるほどの桜の名所で、スタート地点の桜並木は「日本さくらの名所100選」に選ばれています。まるで桜のトンネルの中から走り出すことができます。

ただし桜が咲くかどうかは冬の気温しだいといったところでしょうか。今年は暖冬なので満開の桜が期待できそうです。もしくは桜吹雪の中のスタートも期待できそうですね。

日立さくらロードレースは15,000人のランナーが集まる人気の大会でもあります。タイムを狙うなら少しでもスタート地点の前側に行くべきですが、速く走るだけがマラソンではありません。せっかくの桜を楽しむのもマラソンです。

さくらロードレースですからまずはしっかり桜を楽しんだ上で全力で駆け抜けましょう。

日立さくらロードレースの楽しみ方

やはり見所は桜ですが、桜を楽しめるのはほぼスタート地点だけ。でもこの大会の魅力は桜のトンネルだけではありません。普段走ることのできない日立バイパスからは海を眺めながら走ることができます。飽きることのないこの景色こそ日立さくらロードレースが人気の大会になる理由でしょう。

日立駅前がスタート&ゴールなので交通の便もかなりいいため日帰りといきたいところですが、せっかくですから茨城観光もしたいですよね。

水戸や大洗に宿をとって茨城のグルメを楽しむのもいいですし、仲間と海辺の民宿に泊まって海の幸をお腹いっぱい食べるのも楽しそうです。ただし、食べ過ぎ飲み過ぎは翌日のマラソンに響くので注意してください。

大会詳細情報

大会公式サイト:http://hitachi-sakura.jp
エントリーサイト:SPORTSENTRY RUNNET

開催日:2016年4月10日(日)
エントリー期間:2016年01月06日 ~ 2016年01月31日
競技種目(目標時間): ハーフ(2時間25分)10km(1時間20分)5km(1時間)
参加料: 3,000円
定員:ハーフ 4000人、10km 4000人、5km 3000人

スポンサーリンク