オールアウトせよ!階段垂直マラソン「ハルカススカイラン2019」

ハルカススカイラン2019

あべのハルカス1610段の階段を駆け上がるハルカススカイラン。今年も開催が決定し、参加者の募集が開始されました。ただ階段を駆け上がる大会で、たった10分ちょっとで終わってしまう特殊なレースですが、年々注目度がアップしている大会でもあります。

ここではそんなハルカススカイランの魅力や参加するときのポイントなどをご紹介していきます。今年は参加してみたいなという人は、ぜひ参考にしてください。

ハルカススカイランの特徴

ハルカススカイランは、大阪のあべのハルカスの1階から60階までを駆け上がる大会です。マラソンのように何時間も走るのではなく、速い人なら10分もかからずにゴールできますが、その苦しさはマラソン以上。

段数はなんと1610段もあり、ただひたすらにゴールを目指して駆け上がります。スタートから頑張りすぎると、途中で1歩も進めなくなるくらいにまで消耗します。でも階段を上がるわけですから、それなりに力は入れないと進めません。

できるだけ力をいれずに階段を上がる技術と、自分の走力とコンディションを見極めて、最適な走りをするクレバーさが求められるのが、ハルカススカイランです。賞金を競い合うエリートの部になると、さらに駆け引きも加わります。

ただ階段を駆け上がるだけなのに、1度参加してしまうと、そこから抜け出すことはまずできないほど沼にハマってしまいます。まずは1回目に大きな挫折があり、2回目には自分の力不足を再確認し、3回目には「もっとやれるはず」の気持ちが膨らみます。

しかも1発勝負ですので、取り返しが効きません。そういう中で、いかに自分をコントロールできるか。そして、スタートラインに立つまでに、どれだけの努力をしてきたのかを問われます。

レース中には何度も「もういいじゃないか」と心が折れそうになります。でも、そんな弱い自分を振り切って1歩前に進む。その瞬間に過去の自分を越えていくことができます。

マラソンでは味わえない達成感と苦しみ。1年に1回くらいは体験してみてはいかがでしょう。垂直階段マラソンは世界的なブームで、ハルカススカイランはVertical World Circuitの世界戦のひとつです。

階段の魅力にハマったら、世界中の階段マラソンに挑戦するという未来も用意されています。年々定員が埋まる期間が短くなっていますので、できるだけ早めのエントリーをおすすめします。

Vertical World Circuitとは

バーティカル・ワールド・サーキットは、2009年より世界の主要都市の超高層ビルの階段を舞台に開催されてきた、階段垂直マラソンの世界シリーズ戦です。

2019年度はソウル、ミラン、ホーチミン、パリ、ニューヨーク、北京、上海、ドバイ、ロンドン、香港、大阪 にて開催されます。各大会での取得ポイントを通年で競い合い、その年のチャンピオンを決定します。

大阪ラウンドであるハルカススカイランは、全11戦中の第10戦に位置付けられ年間チャンピオンを狙うためにとても重要なレースで、世界中から階段マラソンランナーが集結します。

過去大会のおすすめレポート

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「ハルカススカイラン2018」
日本一早いマラソンレポート「ハルカススカイラン2017」
日本一早いマラソンレポート「ハルカススカイラン(HARUKAS SKYRUN)」

ミニベロで時速60km ~最速への道~
垂直ラン1610段の階段を駆け上がれ!ハルカススカイラン2018に参加してきた

Suzuka to the world!!
ハルカススカイラン2018

月間走行距離なんて知りません
ハルカススカイラン2018レポート〜屈辱の13分13秒〜

ハルカススカイランアクセス&宿泊

ハルカススカイランの開催地は大阪の天王寺にあるあべのハルカスです。Osaka Metro御堂筋線の天王寺駅下車すぐですので、新大阪駅や梅田駅からのアクセスも簡単です。

一般の部は午前の部と午後の部を選んでエントリーができますので、関東からの日帰り参加も可能です。ただ10分ちょっとのために日帰りするのはもったいないので、できれば前泊して午前中のレース参加がおすすめです。

宿泊は天王寺周辺でかまいませんが、宿泊費を抑えたいという人は新今宮周辺の安宿を利用しましょう。タバコ臭いという難点があるものの、格安で宿泊することが出来ます。ただしあまり安全ではない西成地区ですので女性の宿泊はおすすめしません。

天王寺に宿泊しないのであれば、御堂筋線ならどこでも同じだと考えて、梅田駅やなんば駅周辺に宿を確保するのもおすすめです。大阪は観光地ですので、条件のいい宿はすぐに埋まります。エントリーしたらすぐに楽天トラベルなどで宿泊予約をしましょう。

交通費も抑えたいという人は、夜行バスを利用して大阪入りしましょう。新幹線移動の半額で大阪まで行くことができます。ただし、寝不足になりますので、レースで結果を出したい人は新幹線や飛行機を使っての移動をおすすめします。

大会詳細情報

エントリーサイト:RUNNET / スポーツエントリー / スポーツナビDo

HARUKAS SKYRUN 2019
開催日2019年11月10日(日)
エントリー期間2019年6月15日~2019年10月6日
参加者決定方法先着
種目エリートの部
団体の部
一般ランナーの部
高校の部
中学の部
小学の部
ペアの部
スタート時間10:00 団体の部
11:00 一般ランナーの部(AM)
12:00 高校の部
12:05 中学の部
12:10 小学の部(5〜6年生)
13:15 小学の部(3〜4年生)
13:20 小学の部(1〜2年生)
12:30 ペアの部(18歳以上)
13:30 一般ランナーの部(PM)
開催場所大阪府大阪市阿倍野区
大会受付当日:8:00~
受付会場天王寺公園エントランスエリア【てんしば】
大会会場あべのハルカス
参加費一般の部:5,500円
団体の部:16,000円
高校生の部 中学生の部 小学生の部:3,000円
ペアの部:10,000円
定員エリートランナーの部:25人
一般の部(AM):800人
団体の部:100チーム
小中高:100人
ペアの部:50組
一般の部(PM):800人
大会HPhttp://japan-verticalrun.jp/2019/