「第5回 飯能ベアフットマラソン」今年はアジア選手権!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全国の裸足ランナーが集まる飯能ベアフットマラソン。今年で5回目を迎え、飯能はすでに裸足ランナーの聖地となっています。その飯能ベアフットマラソンがとうとうアジア選手権になりました。

初開催のときはまだ人が集まるのかなぁという不安を抱えながらのスタートでしたが、あっという間にアジアの王者を競う大会にまで成長しています。

スポンサーリンク

飯能ベアフットマラソンとは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飯能ベアフットマラソンは裸足ランニングを楽しむため、そのひとつの方向性として「裸足でどこまで速く走ることが出来るか」を追求する大会です。裸足で走るのは走ることの楽しさの幅を広げてくれますが、どうせなら楽しむだけではなくどれだけ速く走れるのかも知りたいですよね。

そういう場を与えてくれる大会が飯能ベアフットマラソンなのです。裸足で好きな様に走っていいんです。「裸足で走って危険じゃないか」なんて怒ってくる人もいません。むしろシューズの部でエントリーした人も雰囲気に流されてシューズを脱ぐような大会です。

そして今回からはアジア選手権です。昨年までは全日本選手権だったのですが主催者に日本ベアフット協会の吉野さんがアジアを周り裸足ランニングの普及活動を行っていることから、そろそろアジア枠でもいいんじゃないかという遊び心です。

コースは飯能のトレイルを使ったコースになり、そこそこに荒れた土の路面を走ることになります。昨年までは一部ロードも走っていましたが、今年はトレイルオンリーです。

競技種目について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飯能ベアフットマラソンは5km、10km、ハーフマラソンの3種目あります。5kmと10kmには裸足の部とシューズの部があります。

シューズの部はもちろん普通のランニングシューズでOKですが、正直普通のランニングシューズで走るくらいなら別の大会に出ることをおすすめします。裸足で走りたいけどまだ不安があるという人のためのシューズの部です。

シューズの部はワラーチやサンダル、地下足袋、ビブラムファイブフィンガーズなどの裸足系シューズでの参加をおすすめします。

ハーフマラソンはアジア選手権になり、過去にベアフットマラソン裸足の部10kmで完走、もしくはロードレースを裸足でハーフマラソン以上の距離を完走した人にだけ参加資格があります。

自主申告なので経験がなくてもエントリーはできますがまともに裸足で走ったことのない人が挑戦するにはだいぶハードルが高く毎年経験なしでエントリーしてボロボロになってなんとかゴールという人がいます。

経験がない人はまずは10kmでコースにも慣れてから来年以降に長い距離のエントリーをしてください。

飯能ベアフットマラソンの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎年大会前日にコース整備を大会運営者が行っているのですが、参加希望者はおそらく今年も前日のコース整備から参加させてもらえるようになります。その場合はぜひコース整備に行ってみることをおすすめします。

まずコースがわかることは非常に重要です。コースそのものもそうですし、路面の状態など飯能のコースを走ったことのない人はそれを知っておくだけでも気持ちの余裕が変わってきます。実際に裸足で走ってみるのもいいですね。

そしてエントリー時に申し込める後夜祭。全国から裸足ランナーが集まります。全員が参加するわけではありませんが、トップランナーも含め多くの裸足ランナーと仲良くなるチャンスです。ぜひ参加して裸足ランナー同士の交流を深めましょう。

大会詳細情報

大会名:飯能ベアフットマラソン
開催日:
2016年05月15日(日)
開催場所:
埼玉県飯能市 加治神社周辺遊歩道
エントリー受付期間:
2016年01月19日 ~ 2016年04月27日
種目:
5km、10km、ハーフマラソン(キッズ2.4km/幼児1.2km)
参加費:
5km 3,500円、10km 4,500円、ハーフマラソン 5,500円
キッズ2.4km/幼児1.2km 2,000円
エントリーサイト:スポーツエントリー

裸足ランニング協会公式サイト:http://www.hadashirunning.jp

スポンサーリンク