絶対楽しい!「元祖!東京鯛焼き名店味比べマラニック23km」

3aca4a2ff44b6bf7deda67d1d435c9cc_m

ランニングを始めて走れるようになってきたら次のステップとしてマラソン大会…ではなくて走れることを活かした遊びをおすすめしたい。走ることが目的ではなく走ることを手段にしてしまうのです。

そんなランニングイベントがゆっくりとですが増えています。そしてこれは絶対に面白いというイベントが参加募集をしていたので紹介します。

元祖!東京鯛焼き名店味比べマラニック23kmとは

都内の鯛焼き御三家とよばれる名店を食べ比べしながら走るファンランイベントです。主催は都内にある快体健歩ランニングクラブさん。毎週開催している練習会のひとつなのですが、今回はスポーツエントリーを利用し、クラブメンバー出ない人への参加も募集しています。

基本的にはみんなでゆっくり走るイベントで1kmを7分のペースで走ります。ちょうど会話を楽しめるスピードですので快体健歩ランニングクラブのメンバーさんや他の参加者とワイワイ話しながら23kmを楽しく走れます。

そしてなによりも鯛焼きです。東京の鯛焼き御三家を巡りながら走るということは鯛焼きブレイクがあるわけです。お店の前で食べてもいいですし、おみやげにしてもいいですね。もちろん買わない人も参加できますが、もちろん食べますよね!

鯛焼き御三家とは

東京にはものすごい数の鯛焼き屋さんがあるのですがその中でも「麻布十番 浪花家総本店」「四谷見附 わかば」「人形町 柳家」が鯛焼き御三家と呼ばれる名店中の名店です。

「麻布十番 浪花家総本店」はおよげたいやきくんのモデルになったお店としても有名です。明治42年から続く伝統製法で作られた鯛焼きは薄皮に程よい甘さのあんこが特徴です。

「四谷見附 わかば」は明治28年創業。「鯛焼きのしっぽにはいつもあんこがありますやうに」 を社訓とするほどぎっしり詰まったあんこが特徴です。一丁焼きの天然物の鯛焼きを食べられるのもわかばの魅力です。

「人形町 柳家」いつも行列ができている人形町を代表するお店のひとつです。こちらの鯛焼きも天然物。職人さんが一匹一匹丁寧に焼き上げていきます。甘さ控えめなので甘いのが苦手な人にもおすすめです。

元祖!東京鯛焼き名店味比べマラニック23kmの楽しみ方

これはもう鯛焼きを楽しむことが一番の楽しみ方です。鯛焼きを食べずしてこのイベントに参加する意味はないと言っても過言ではありません。

でも東京を自分の足で走るということも実はなかなか経験しないことで、四谷を起点に麻布十番、人形町と走ることでこれまでは点でしかなかった東京の街を線で結ぶことができます。

街と街の位置関係を知ることで東京の見方が変わりますし、これまで気づかなかった新しい発見があるかもしれません。走っているときに気になるお店があったらまた今度自分で走って行ってみるのもいいでしょう。

もちろん快体健歩ランニングクラブのメンバーさんとの会話も同じランナーですから盛り上がること間違いありません。そこでも新しい発見、新しい出会いがあるはずです。

大会詳細情報

大会名:元祖!東京鯛焼き名店味比べマラニック23km
開催日:2016年03月26日(土)
開催場所:東京都 四谷~麻布十番~人形町~四谷
エントリー受付期間:2016年01月27日 ~ 2016年03月18日
種目(制限時間):マラニック23km
参加費:2000円
エントリーサイト:スポーツエントリー

快体健歩ランニングクラブ公式サイト:http://www.kaitaikenpo-rc.com

スポンサーリンク