「第1回 熱海・姫の沢公園トレイルラン」エントリー募集中!

スクリーンショット 2016-02-02 6.19.27熱海・姫の沢公園トレイルラン

トレイルランニングに興味があるけど、これまで出たことがないし、練習に行くにも1人で山に入るのは危険そう。始めたいけど始められない人は、実はいきなり大会に出てしまうのもいいんじゃないかと思います。

大きな大会ではなくて周回コースを利用した小さな大会。途中でリタイアもできますし、小さい大会だと運営の人も選手一人ひとりを見ててくれます。

そんな初めてトレイルランニングをするという人にぴったりな大会「第1回 熱海・姫の沢公園トレイルラン」を紹介します。

 熱海・姫の沢公園トレイルランとは

日本の都市公園100選にも選ばれた姫の沢公園で開催される「第1回 熱海・姫の沢公園トレイルラン」は第1回なのでまったく情報がありません。わかっているのは姫の沢公園内を走るということだけ。

でも、この姫の沢公園は普通の公園ではありません。熱海の山側はすぐそこが箱根です。1周5.5kmの高低差は330mもあります。1周が5.5kmもある公園を想像できますか?そして1kmで100m以上も高低差がある計算になります。

それなりにハードなコース設定になっています。時間制限が6時間なのでフルマラソンを走るのと同じくらい、もしくはそれ以上にきついのは間違いあありません。でもそこは自然豊かな公園ですからきついながらも楽しく走れるはずです。

マラソンシーズンもほぼ終わりつつある4月開催なのでここでトレイルの感覚をつかんで、ここからのトレイルランニングシーズンに突入するきっかけになる大会になりそうです。

周回コースなので初めてトレイルランニングをするという人でも安心して参加できます。

 熱海・姫の沢公園トレイルランの楽しみ方

やっぱり熱海に行ったら温泉ですね。受付時間が8時半から10時半までなので余程遠いところに住んでいないかぎり当日の朝に家を出ても間に合います。そして土曜日開催ですから、走ったあとに後泊がおすすめです。

普段はほったらかしの家族と一緒に家族旅行も兼ねてトレイルランニングを走りに行くというのもいいですね。ファミリーの部もあるので、子どもと一緒に走ることもできます。

走った後は気持ちよく温泉。そして相模湾の海の幸をいただきます。走った後は熱海の温泉で、そのあと夜は箱根に移動するというプランもいいかと思います。走り足りない人は箱根のトレイルも気持ちよく走れる最高のシーズンです。

あまり形にとらわれず、まずはトレイルランニングに触れること、そして温泉でゆっくりくつろぐこと。そんな休日を熱海で過ごしてみませんか?翌朝の筋肉痛が心地よくて癖になるかもしれませんが。

大会詳細情報

大会名: 第1回 熱海・姫の沢公園トレイルラン
開催日:2016年04月16日(土)
開催場所: 熱海・姫の沢公園
エントリー受付期間:2015年12月15日~2016年03月21日
種目(制限時間):ロング22km(6h)ショート11km(4h)パイオニア5.5km(2h)
ファミリー5.5km(2h)
参加費:ロング5,500円 ショート4,400円 パイオニア・ファミリー3,000円
定員:1000人
エントリーサイト:スポーツエントリー

熱海・姫の沢公園トレイルラン公式サイト
http://japan-sca.or.jp/portfolio/20160416-2/

スポンサーリンク