「JTB マウイマラソン2016」エントリー開始!

スクリーンショット 2016-02-11 11.30.44マウイマラソン

ハワイのマラソンと言えばホノルルマラソンばかりが注目を浴びています。でもハワイにはいくつものマラソン大会があります。

2016年で45回の開催となるJTBマウイマラソンは、ハワイで最も歴史のある大会です。規模はホノルルマラソンの1/10ですが、2日間に渡って開催されるこの大会のリピーターも少なくありません。

JTB マウイマラソン2016とは

JTB マウイマラソン2016は9月17日と18日に開催されます。17日は10kmと5km、そしてフロントストリートマイルという1.6kmの大会が開催され、18日にはフルマラソンとハーフマラソンです。

世界のマラソンの中から景色のよいマラソン大会のトップ10に選ばれるほど美しいコースが魅力的な大会です。

動画を見ているとマラソン大会というのは楽しいイベントなのだということを思い出させてくれるほど、みんないい顔しています。ハワイを走るという楽しさが全身から溢れているようです。

それもホノルルマラソンのお祭り騒ぎとは少し違う、「普段着の喜び」がここにはあります。けっしてマラソン大会に浮かれるのではなく、着の身着のままで参加するような肩の力が抜けた良い大会です。

マウイ島の魅力

日本からは直行便がないため、オアフ島ホノルル国際空港経由で訪れることになります。ホノルル国際空港からは約35分。あっという間に到着です。

マウイ島最大の魅力は、現地語で「太陽の家」という意味を持つハレアカラ山です。ここからの日の出を見ずにマウイ島を後にするなんて考えられないと言う人もいるぐらいの絶景がそこにはあります。

マラソンの時期とはずれてしまいますが、12月から4月まではホエールウォッチングも楽しめる島として観光客で賑わう島でもあります。

そして「魔法の島」とも呼ばれるマウイ島の景色はどこを切り取っても絵になります。ただ散歩をするだけで心が満たされていく、訪れた人だけでなくマウイ島で暮らす人でさえ、そんな魔法をかけられてしまいます。

過去大会のレポート

マウイマラソン2015 | 名市大眼科ブログ

JTBマウイマラソン レポート第1弾!
JTBマウイマラソン レポート第2弾!

JTB マウイマラソン2016の楽しみ方

マウイ島に行ったなら、マラソンは二の次です。

レンタカーを借りて島のあちこちに行ってみましょう。バスもありますが限られた時間内でマウイを満喫するにはレンタカーが一番です。マウイ島の大きさは大阪府全体ぐらいありますからね。

いろいろ手配が面倒だなと思う人はぜひツアーも使ってください。だって大会名にJTBって付くぐらいですからちゃんとマラソンツアーが用意されています。1週間で20万円台のツアーが用意されています。

さすがに20万円台は高い!と言う人は、個人手配で自由に旅行を組んでみましょう。チャイナエアラインとハワイアンエアラインを使えば10万円以下でマウイ島に行くことができます。

個人手配ならホノルルも楽しめる余裕があります。マウイでのんびりとしたハワイを味わって、ホノルルで賑やかなハワイも楽しむと2倍以上ハワイを楽しむことができます。

大会詳細情報

大会名:JTB マウイマラソン2016
開催日:2016年9月17日(土)・18日(日)
開催場所:ハワイ州マウイ島
エントリー受付期間:2016年02月11日~2016年08月31日
種目(制限時間):フルマラソン(8時間)ハーフマラソン(4時間)
10km、5km、その他
参加費
2016年5月31日まで
フルマラソン:18,500円
ハーフマラソン:16,000円
10km:8,500円
5km:7,000円
2016年6月1日から
フルマラソン 21,000円
ハーフマラソン 17,000円
10km:9,000円
5km:7,500円
エントリーサイト:スポーツエントリー

JTB マウイマラソン2016公式サイト:http://www.mauimarathonhawaii.jp

スポンサーリンク