Team Japanになろう!「2016メルボルンマラソン」

main

オーストラリア3大マラソンの一つ、「メルボルンマラソン」が10月16日(日)に開催されます。日本でのエントリーもスタートしています。

日本ではちょうどマラソンシーズンが開幕する時期ですが、南半球のメルボルンでは、マラソンシーズンの終わり。メルボルンマラソンは心地よい春の風の中を駆け抜けることができるマラソン大会です。

メルボルンマラソンとは

sub1

メルボルンマラソンはなんと今年で39回目の開催となります。シドニーマラソン、ゴールドコーストマラソンと並ぶ、オーストラリア3大マラソンのひとつのメルボルンマラソンはオーストラリアでも最も歴史のあるマラソン大会です。

コースはほぼフラットなため、記録の出やすい大会としても人気があります。すべての種目の参加者の合計は3万5千人以上で、世界中からランナーが参加しています。

種目はフルマラソン、ハーフマラソン、10km、5.7km、3kmウォーク。フルマラソンよりも、ハーフマラソンや10kmの参加者の方が多いのが、海外マラソンの特徴です。海外では疲労がたまりやすいフルマラソンよりもハーフマラソンのほうが人気があるんです。

sub4

フルマラソンのコースは全豪オープンテニス会場となるメルボルン・パーク・テニスセンター前をスタート。オーストラリアF1グランプリコースのアルバート・パーク周辺やポートフィリップ湾の海岸線を走りぬけます。

ゴールは10万人収容のメルボン・クリケット・グランド(MCG)という、メルボルンの観光名所を網羅したコースです。

日本との時差は2時間。ほぼ気にならない時差です。フライト時間が10時間あるのと、日本ではマラソンシーズンに突入したばかりでまだ体が出来ていないランナーが多いため、「気持よく海外マラソンを楽しみたい」人にオススメです。

メルボルン基本情報

sub2

メルボルンはオーストラリア第2の都市。2011年から2015年まで5年連続で「世界で最も住みやすい都市」ランキング1位(イギリスの雑誌「エコノミスト」調査)となっています。

ガーデンシティと呼ばれる緑豊かな街にはいくつもの公園が点在し、19世紀の面影が残るビクトリア調の建物のコントラストが美しい街でもあります。

オージービーフステーキはもちろんのこと、豊富な食材が揃うグルメの街としても人気のあるメルボルンでは、オーストラリア料理だけではなく、世界各国の料理を楽しむことが出来ます。

グルメといえばオーストラリアワインも忘れてはいけません。メルボルン郊外のヤラバレーには80以上の本格ワイナリーが集まっています。オージービーフステーキとヤラバレーのワインの相性は抜群!

メルボルンに行ったなら絶対に味わいたい組み合わせです。

過去大会のレポート

カンタス航空カンガルー通信
メルボルンマラソンを目いっぱい楽しむ

laughing-wombatが語ること
メルボルンマラソン完走!

only coffee story
オーストラリアでマラソン大会!メルボルンマラソン2015私的レポート

チームパテックス・ランニングクラブ 活動レポート
メルボルンマラソン 走りました。

メルボルンマラソンの楽しみ方

australia-1100968_1280

メルボルンマラソンはフルマラソン以外にも種目が多いため、家族や仲間との参加が楽しい大会です。日本からの参加者は全員“Team Japan“としてエントリーされることも他の大会にはない魅力です。

“Team Japan“のメンバーはボランティアさんたちとの交流もあり、前日のバーベキューパーティーや、ゴール時のチームテントでのお楽しみなども用意されています。昨年は川内優輝選手との記念撮影を楽しんでいるランナーが大勢いました。

メルボルンマラソンを楽しむには、こうした日本人だけに用意されたイベントに積極的に参加することがポイントです。

メルボルンへはジェットスターが安くて便利です。約7万円で往復でき、キャンペーン期間などを利用するとさらに格安で行くことも可能です。他の航空会社で乗り継ぎを使えば、さらに安く出来ますが、現地滞在時間が短くなるため、できるだけ直行便でメルボルンに行くことをオススメします。

メルボルンマラソンに参加するなら、絶対に行っておきたい場所。それが「グレートオーシャン・ロード」です。世界一美しい道とも呼ばれるこの「グレートオーシャン・ロード」の夕日を見ずして、メルボルンからは戻ってこれません。

この他にも観光スポットがいくつもあるメルボルン。走るだけではなくしっかり観光も楽しんで帰ってきましょう。

大会詳細情報

大会名:2016メルボルンマラソン
開催日:2016年10月16日(日)
開催場所:オーストラリア・メルボルン
エントリー受付期間:~9月24日(土)
エントリーサイト:公式サイト

フルマラソン
制限時間:7時間
参加費:15,000円
定員:なし

ハーフマラソン
制限時間:なし
参加費:11,000円
定員:12,000人

10km ラン
制限時間:なし
参加費:8,000円(16歳以下 4,500円)
定員:10,000人

5.7km ラン
制限時間:なし
参加費:5,500円(16歳以下 4,000円)
定員:5,000人

3km ウォーク
制限時間:なし
参加費:4,500円(16歳以下 2,000円)
定員:3,000人

メルボルンマラソン公式サイト:http://www.melbournemarathon.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク