城下町金沢ぐるっと駆け抜けろ!「金沢マラソン2016」

スクリーンショット 2016-04-05 8.53.51金沢マラソン

大好評だった金沢マラソンのエントリーが今年も始まりました!参加希望者多数の場合は抽選ですので慌てる必要はありませんが、「忘れてた」なんてことのないように早めにエントリーしてください!

金沢マラソンとは

61fe84befee9a42adcbfdb232e30f987_m

金沢マラソンは2015年に新設されたフルマラソン大会です。北陸新幹線の開通で関東圏からも行きやすくなったこともあり、多くのランナーが金沢に集合しました。

城下町の金沢ということでテーマは「おもてなし」。参加するランナーをどうやっておもてなしするか、様々な工夫がされている大会でした。

駅直結の受付会場や、金沢らしさを詰め込んだエイドなど、目に見えない心遣いと遊び心が金沢マラソンには詰まっています。

どこのフルマラソンの大会が過去、エイドにカレーライスを置いたでしょう。地元の名産の和菓子のエイドにお茶を置くことを忘れない。大会の企画を行った人たちが笑いながら考えたのでしょう。

雨にもかかわらず途切れない沿道の声援。応援しやすいコース設定は、多くの金沢市民の交通の足を止めてしまったことでしょう。それでもあえてこのコース設定にした、金沢マラソンへの熱意は間違いなく参加するランナーに伝わったことでしょう。

市民マラソン史に残るファインプレー

2f2e2e4197e91fa9e39bde470f22b89e_m

昨年の大会当日の朝、雨でランナーが冷えないようにとスタート地点でポンチョを配ったという名采配は、市民マラソン史に残すべき素晴らしい判断でした。土砂降りの冷たい雨のなか待機するしかなかったにも関わらず、低体温症になった人はほとんどいなかったそうです。

昨年は第1回ということもあり「足りないところ」がありましたが、それも大会後に開催された市議会意見交換会により大幅に改善されるはずです。こうやって自治体が真剣に考え、向き合っている大会は間違いなく人気のある大会になります。

名目だけのおもてなしではなく、ちょっとした気遣いのために最高の準備を行う。これこそが本物のおもてなしです。金沢マラソンは日本人だけでなく、世界中のランナーに注目してもらいたい大会です。

過去大会のレポート

ラントリップマガジン|RuntripMagazine
「金沢マラソン2015」大会レポート

となりのテレ金ちゃん
素晴らしかった金沢マラソン!

目くじら日記
金沢マラソン2015 完走 (感想) – サブ4達成!

金沢マラソンの楽しみ方

5946f2d21c7d1d4270c9463d953e54e4_m

金沢マラソンはやはり金沢を楽しんで帰らなきゃもったいないですよね。ただし、周辺のホテルはすでにツアー会社がほぼ抑えています。金沢に宿泊したい人は金沢マラソンのツアーを利用しましょう。

ツアーを利用しない人は、土曜日の夜は周辺の小松や富山に宿をとるとそれほど高くない価格で宿を確保できます。ただし数は限られますから、エントリーした段階で確保することをオススメします。

抽選結果が出てから決めようかな・・・だと宿の確保は難しくなります。

もち落選してもせっかくですから金沢観光も兼ねて金沢に遊びに行くというのもいいかもしれません。お金がもったいないよ、という人は早めにキャンセルして宿を探している人に開放してあげましょう。

秋の北陸ですから、美味しいものがいっぱいあります。勝負レースに位置づけるのもいいですが、ファンランに徹するという楽しみ方もあります。大人気のエイドを全制覇するのもいいですし、前日に少しぐらい地酒と魚を楽しむのもいいですね。

月曜日に休めない人も21時金沢発の新幹線を使えば、23時32分に東京まで戻ってこれます。走ったあとに観光する余裕がなければ駅前で日本海の海の幸を満喫してから帰りましょう。

大会詳細情報

大会名:金沢マラソン2016
開催日:2016年10月23日(日)
開催場所:石川県金沢市
エントリー受付期間:2016年4月5日~2016年5月10日
エントリーサイト:RUNNET

フルマラソン
制限時間:7時間
参加費:10,000円
定員:13,000人

金沢マラソン公式サイト:http://www.kanazawa-marathon.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク