手のひらサイズ「第9回ナゴヤアドベンチャーマラソン」

ナゴヤアドベンチャーマラソン
ナゴヤアドベンチャーマラソン

マラソンブーム以前のフルマラソンはこんな感じだったんだろうな。そんな雰囲気のある大規模すぎない、ちょうどいいサイズのフルマラソンの大会が名古屋にあります。

第9回ナゴヤアドベンチャーマラソン

フルマラソンでも参加費が5000円!しかもスタートに名古屋市長までやってくる本気の市民マラソンがここにあります。

大阪、富山、水戸のフルマラソンが開催される10月30日の大激戦区に名古屋で開催される手のひらサイズの本物のマラソン大会。ナゴヤアドベンチャーマラソンの魅力について迫ります。

ナゴヤアドベンチャーマラソンの特徴

2f14401c994c7d2c75fdee144afcb44f_m

ナゴヤアドベンチャーマラソンはアップダウンのある河川敷を走るマラソン大会です。河川敷ですので、お互いが道を譲りあって走るような場所もあります。コースもきれいなアスファルトだけではなく不整地もあります。

種目はフルマラソン、ハーフマラソン、10kmの三種類。人気が高いのがハーフマラソンです。

名古屋市内では名古屋ウィメンズマラソンに次ぐ規模のフルマラソンの大会ですが、河川敷コースということもあって声援は少なめ。そのかわり大勢のスタッフが声掛けをしてくれます。

古き良き時代のマラソン大会はきっとこんな感じだったのでしょう。もっともこの大会はマラソンブームに合わせてできた大会ですので、新しい大会なのに懐かしさのある不思議な大会でもあります。

この大会の面白い特徴のひとつとして「お昼ごはんつき」ということ。

5000円の参加費でも安いのに、お昼ごはんと参加賞がついてくるお得な大会なんです。

名古屋の人たちが気軽にフルマラソンに挑戦できる。そんな場を作り出しているナゴヤアドベンチャーマラソンは隠れた名大会のひとつです。

ナゴヤアドベンチャーマラソンの楽しみ方

b0decda91029e5f8655de4ad81c0929f_m

受付も当日ですのでこれは土曜日に前日入りして名古屋を楽しんだあと、翌朝からマラソンを走るのが理想です。

あとは会場周辺や名古屋駅前で一杯飲んで帰宅。

名古屋は中途半端な位置にありますが、マラソンの帰りを考えると関西からも関東からも意外とちょうどいい距離にあります。長旅は疲れるけど、ちょっと旅行気分も欲しい。そんな人にピッタリな大会です。

残念ながら庄内緑地周辺にオススメの観光スポットもグルメスポットもありません。ただそこには庄内緑地があります。

10月最終の日曜日、天気が良ければ芝生の上で缶ビールで乾杯というのはいかがでしょうか。前日のうちに手羽先を買い込んだり、朝のうちに駅弁を買っておいてあとは走り終えてのビール、最高ですよね。

休日をのんびり楽しむ。手のひらサイズのフルマラソンにぴったりです。その日の走りを反省しながらチビチビ飲むビールは至福のひとときです。

過去大会のレポート

Web制作は名古屋の株式会社ブルーアート / 社長エッセイ
楽しく一生懸命走りました!「ナゴヤアドベンチャーマラソン」

名古屋人ランナーのご当地な日々
ナゴヤアドベンチャーマラソンは二度おいしい♪

Lalala1017のブログ
第8回ナゴヤアドベンチャーマラソン

ナゴヤアドベンチャーマラソンアクセス方法

84b91d9e656beda3c02ea0f976dfca1d_m

大会受付会場は庄内緑地の多目的広場ですので、名古屋市営地下鉄鶴舞線庄内緑地駅を使ってそこから徒歩で会場入りするのがオススメです。

走った後の打ち上げを楽しむなら車よりも電車がベストですが、車のほうがアクセスしやすい人は、庄内緑地には有料駐車場がありますので、そちらをご利用ください。

ただし駐車場が満車になるのも早いですから、早めに家を出ることをオススメします。

大会詳細情報

大会名:第9回 ナゴヤアドベンチャーマラソン
開催日:2016年10月30日(日)
開催場所:愛知県名古屋市 庄内緑地・多目的広場
エントリー受付期間:2016年5月25日~2016年8月28日
エントリーサイト:RUNNET / スポーツエントリー

フルマラソン
制限時間:6時間
参加費:5000円
定員:1200人

ハーフマラソン
制限時間:4時間
参加費:4000円
定員:1200人

10km
制限時間:2時間
参加費:3500円
定員:600人

ナゴヤアドベンチャーマラソン公式サイト:http://nagoya-adventure-marathon.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク