絶景&激坂を駆け抜けろ!「第5回富士山マラソン」

富士山マラソン
富士山マラソン

第1回に大渋滞により大会公式バスがスタートに間に合わなかったり、他にも数千人がスタートラインに立つことができなかった大会として、「ひどい大会」という印象がある大会です。

さすがに今では渋滞問題もなく、様々な点で改善をしている富士山マラソンですが、まだまだ改善の余地あり。これから変わっていくことを期待したい大会のひとつです。

それでもコースは言うまでもなく絶景。最高の景色を楽しみながら走れる富士山マラソンの魅力について紹介します。

富士山マラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

富士山マラソンはフルマラソンと10kmがありますが、やっぱりその魅力はフルマラソンです。早朝に起きて河口湖まで向かって10kmで走り終えるのはもったいない。

天気次第というところもあるのですが、晴れたら目の前には富士山です。そして秋の富士五湖は紅葉がキラキラ輝いています。大自然の中を走れる楽しさが、富士山マラソンにはあります。

富士山マラソンの名物が20kmを超えた先にある激坂です。

上位ランナーでもない限りほとんどの人が歩いてしまう坂なのですが、この坂を走り切ることをテーマにして挑んでいるランナーさんも多いようです。

コースは河口湖と西湖を周り、河口湖のスタート周辺では声援が多いのですが、西湖に行くと、そこはもうランナーだけの世界。

紅葉と湖と富士山。

富士山マラソンは、これだけのために走る価値のある大会です。

ただし、いろいろ優遇されているのはトップランナーのみ。トップランナーにとって十分に用意されているトイレも、後方のランナーには完全に不足になっていますし、荷物預けもとにかく時間がかかります。

後半に戻ってきたランナーにはもらえるはずのパンがなかったりと、様々な点でゆっくりなランナーに厳しい大会になっています。

富士山マラソンの楽しみ方

51f38659391905def193b9acf9457a18_m

できることなら前日は河口湖周辺に宿を確保するのがベストです。楽天トラベルなどでは部屋が開いていない状態になっていますが、これはツアー会社がすべての部屋を抑えているからであって、実際には空き部屋があったりもします。

ツアー会社経由で確認するか、宿に直接電話して確認してください。

ただ前泊したところで河口湖周辺に何かがあるわけでもなく、ただのんびり過ごすだけになります。仲間と一緒で余裕があれば富士急ハイランドで遊ぶのもいいのですが、はしゃぎ過ぎるとマラソンがつらくなります。

河口湖周辺をゆっくり散策しながらのんびり過ごすのがオススメです。

河口湖で食べたいものはもちろん「ほうとう」です。有名店の小作や、若者に人気の「不動」など美味しいお店が揃っていますので、ぜひマラソン前日の炭水化物補給に利用してください。

食べログ
小作 河口湖店:http://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190303/19000046/
ほうとう不動 河口駅前店:http://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190303/19004308/

もうひとつオススメなのが、かっぱめしです。

河口湖で一時期名物として流行らそうとしたグルメですが、どうやら失敗に終わり、いまでは数店舗でほそぼそとメニューとして残っています。

ただ、ものすごく美味しいです。マラソン後に食べるとエンドレスに食べ続けたくなる味。とろろときゅうりの浅漬というシンプルな丼ですが、これを食べずして河口湖は語れないほど美味しい味です。

なぜ流行らなかったのかは謎ですが・・・

かっぱめしが食べられるお店
寿司善:http://tabelog.com/yamanashi/A1903/A190303/19001921/

過去大会のレポート

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第4回富士山マラソン」

No Second Life
第3回富士山マラソン 4時間56分完走レポート ツッコミどころも斬新さも目立つレースでした!

Running Writer
寒いけど楽しい!第3回富士山マラソン

富士山マラソンアクセス方法

3bb796d492f19858cf63e15b885a6cbd_m

富士山マラソンはアクセスが大変な大会のひとつです。前日受付がないことだけが唯一の救いでしょうか。

参加者の多くは車で会場を訪れることになりますが、エントリーと同時に事前申し込みをしておけば1000円で利用可能です。数に限りがありますので、大会エントリーも含め、早めのエントリーをしてください。

利用者は少ないのですが実は電車で当日の朝アクセスすることも可能です。

中野発 4:44
東京発 4:39
東京発 4:58
東京発 5:10
東京発 5:22

この電車に乗れることができればスタート時間の9時前に会場入りすることが可能です。ただし荷物預かりとトイレが混雑しますので、ゆっくりしていると最後尾からのスタートになります。

電車の場合は、どうせ早起きになるのですから始発狙いで調整しましょう

高速バスでのアクセスも可能ですが、時間帯として1本しかありませんのでおそらくすぐに埋まることになります。

各ツアー会社からバスツアーが出るはずですので、そちらを利用されるとラクにアクセスすることが可能です。

大会詳細情報

大会名:第5回富士山マラソン
開催日:2016年11月27日 (日)
開催場所:山梨県河口湖
エントリー受付期間:2016年6月6日~2016年9月23日
エントリーサイト:RUNNET

フルマラソン
制限時間:6時間
参加費:9500円
定員:12000人

10km
制限時間:1時間40分
参加費:3776円
定員:2000人

富士山マラソン公式サイト:http://fujisan-marathon.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク