大阪マラソン落選者におすすめの秋マラソンBEST4!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大阪マラソン落選したー!もう何回目の落選だよ・・・とショックを受けている場合ではありません(金沢マラソンに落選した人も)。

「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」と言ったのはマリー・アントワネットだったでしょうか。

大阪マラソンを走れなければ他のマラソンを走ればいいじゃない。

というわけで、いまからでもエントリーできる、RUNNING STREET 365がおすすめする秋のフルマラソンを紹介します。

第1回 水戸黄門漫遊マラソン

水戸黄門漫遊マラソン
水戸黄門漫遊マラソン

正直なぜ水戸黄門漫遊マラソンがいまだに定員にならないのか不思議で仕方ないのですが、やはり大阪マラソンの影響が大きかったのかもしれません。

そういう意味ではここから一気に定員が埋まる可能性がありますので、早めに申し込みしたほうがよいかもしれません。

第1回大会ですのでいろいろと不備があるかもしれませんが、自治体が一体となって大会を盛り上げようとしているのが伝わってきます。こういう大会はほとんどが評価の高い大会になります。

IAAFの公認大会として承認されていますので、コースも問題なし。

関東圏のランナーさんにぜひ走ってもらいたい大会のひとつです。RUNNING STREET 365も注目している大会ですので、大阪マラソンではなく水戸黄門漫遊マラソンの取材に行く予定です。

開催日:2016年10月30日
開催地:茨城県水戸市
参加費:8000円(医療従事者6000円)
定員:10000人
前日受付:不要
大会HP:http://www.mitokomon-manyu-marathon.com

第7回 エコアイランド宮古島マラソン

宮古島マラソン
宮古島マラソン

大阪マラソン落選のショックを和らげるにはもう南国リゾートしかないでしょ。「大阪マラソンに落ちたから、傷心のため宮古島行ってきます」で、きっと有給休暇1週間ぐらい取らせてもらえます。

それは冗談としても、大阪マラソンと同じくらいの感動を期待するなら、方向性がまったく違った南国のマラソンは正しい選択です。

都会の時間の流れから抜けだして、宮古島のゆったりとした時間に身を委ねるのもいいんじゃないでしょうか。大都市マラソンだけがマラソン大会ではありません。走ることの楽しさを思い出すためのマラソン大会があってもいい。

もちろんガッツリ勝負レースにしてもいいですよ。でもそういうのは都会のマラソンに任せて、宮古島の爽やかな風に包まれて、42.195kmでは終わりたくないなと思えるマラソンもたまにはいいかと思います。

開催日:2016年11月6日
開催地:沖縄県宮古島
参加費:5000円
定員:2400人
前日受付:前日13:00~19:00
大会HP:http://www.miyakojima-marathon.jp

第26回ぐんまマラソン

ぐんまマラソン
ぐんまマラソン

ぐんま県民マラソンからぐんまマラソンにリニューアル。昨年からハーフマラソンがフルマラソンに変更になった、歴史がありながらも新しいフルマラソンがぐんまマラソンになります。

11月3日は文化の日。翌日を休みにすれば4連休です。前日受付不要ですので、前日の夜のうちに前橋近くまで移動しておけば、前泊のために会社を休む必要もありません。

ぐんまマラソンも水戸黄門漫遊マラソンと同じく、地元の熱意が伝わってくる大会のひとつです。水戸黄門漫遊マラソンとの違いは過去25回の歴史ですね。フルマラソンの歴史は短いですが、26回目にもなると運営もしっかりしています。

安定の運営を望むならぐんまマラソン、第1回のドタバタを楽しめる余裕があるなら水戸黄門漫遊マラソンといったところでしょうか。

大阪マラソンを狙っていた関東圏のランナーさんにぜひ選んでもらいたいおすすめの大会のひとつです。

開催日:2016年11月3日
開催地:群馬県前橋市
参加費:8000円
定員:5000人
前日受付:なし
大会HP:http://www.g-marathon.com

第5回富士山マラソン

富士山マラソン
富士山マラソン

大阪マラソンからは1ヶ月近く離れますが、どうせ大阪マラソンを走れないなら注目の大会に出ておきたいですよね。

第1回の「5000人がスタートに間に合わない」事件のせいで悪いイメージがついてしまっている富士山マラソンですが、交通渋滞の問題は第2回以降発生していません。ただ正直運営がちょっと上手くないなと感じる点が多いのも事実。

それでもこの大会には富士山という最強の武器があります。天気次第とはいえ富士山を眺め続けながら走れる大会なんてなかなかありません。しかも季節は秋、紅葉と富士山は最高のシチュエーションですよね。

ランナーなら一度は走っておきたい大会のひとつです。大阪マラソンにハズレたなら、それは富士山マラソンを走るチャンスでもあります。

富士山をウリにして、外国人ランナーも積極的に募集している大会ですので、国際色豊かな大会になりそうです。

橋のアップダウンと激坂が1ヶ所ありますがそこ以外はほぼフラットな走りやすいコースですので、ここで自己ベストを狙ってみるのも面白いかもしれません。

開催日:2016年11月27日
開催地:山梨県河口湖
参加費:9500円
定員:12000人
前日受付:なし
大会HP:http://fujisan-marathon.com

まとめ

ほかにもしまだ大井川マラソンinリバティナゴヤアドベンチャーマラソンなどまだまだ走ることができる大会がありますので、大阪マラソンに落選した悔しさをバネに、ぜひ他のマラソン大会を楽しんでください。

まだ正式に募集していませんが、毎年GWに開催されている万里の長城マラソンも、10月16日に「万里の長城マラソン・秋(あきばん)」として開催されますので、興味がある人は、当サイトで紹介するのを待っててくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク