歴史の街を駆け抜ける「奈良マラソン2016」

奈良マラソン
奈良マラソン

あっという間に先着順のインターネット枠が埋まってしまった奈良マラソンですが、あと1000人分だけ払込用紙での抽選エントリーが可能です。

抽選エントリーにはパンフレットに付属の専用払込用紙が必要になりますので、まだ手元にパンフレットがない人は至急取り寄せてください。

そんな大人気の奈良マラソンの魅力と楽しみ方について紹介します。

ランナー募集パンフレットの請求方法

抽選エントリーに必要なランナー募集パンフレットは、下記方法で請求することが出来ますので、先着順で間に合わなかった人は急いで請求してください。

予想倍率は3〜4倍ぐらいです。

請求先
奈良マラソンエントリーセンター
〒532-0011
大阪市淀川区西中島6-1-15アセンズ新大阪ビル1F アールビーズ内
TEL06-6305-632210:00~17:00 ※土・日・祝日は除く)

同封するもの

  1. 希望枚数を明記した紙
  2. 返信用切手貼付(1120円、2〜4140円、5〜7205円、8〜12250円、13〜20400円)
  3. 送付先住所・氏名を明記した返信用封筒(角2 型/ A4 サイズが入る大きさ)

パンフレットの請求期間:6月21日(火)必着

奈良マラソンの特徴

5bb56a3e774ad73ac27b3896aa0ba1f9_m

奈良マラソンはフルマラソン、10km、3kmジョギングの3種目がありますが、3kmジョギングは前日イベントですので、実質フルマラソンと10kmのマラソン大会になります。

9000人が先着で走れるということで、抽選に落ち続けているランナーさんにとって奈良マラソンは最後の希望。というわけでインターネットエントリーの9000人枠はなんと30分で締め切り。

2000人の奈良県民枠は10分ももたなかったのだとか。

これで終わらないのが奈良マラソンの素敵なところ。なんと1000人分は抽選ですよということで、6月29日までは専用の振込用紙での申し込みになります。倍率はおよそ3〜4倍。低くないですが、そこそこ当たりそうな感じですね。

コースはとてもフラットとは言えない、アップダウンのある設定になっています。それでも次々と変わる景色も相まって、走っていて楽しいマラソンコースがここにはあります。

自己ベストを狙うには少し難易度が高くなりますが、自分史上最高に気持ちいいマラソン大会にできる可能性が高い大会です。

奈良マラソンの楽しみ方

240a6f20f105d64debb43e94b4a45824_m

奈良まで行ったらやっぱり観光したいですよね。理想はやっぱり前泊と後泊で2泊3日のマラソン旅。受付が前日ですので、関西圏に住んでいない人は前泊確定。

奈良ですから、見るべき場所はいくらでもあります。そのあたりはガイドブックにお任せするとしましょう。

奈良で食べておくべきものは「柿の葉寿司」でしょう。柿の葉寿司と地酒は最高の組み合わせです。どの地酒がいいかわからないよ〜という人は「風の森」だけ覚えておきましょう。

2泊3日でもっと観光を楽しみたいという人は、3日目に京都観光を入れると古都の旅の完成です。初日は奈良観光、2日目に奈良マラソン、そして最終日を京都で過ごすのはいかがでしょう。

遠征組は京都から新幹線に乗ることになるでしょうから、2日目の夜は奈良で過ごして、3日目の朝、少しだけ奈良を散策してそのまま京都観光。

どうせならなかなか行くことのない宇治あたりがオススメです。平等院鳳凰堂のある宇治はお茶の産地でも有名ですよね。3日目のランチを宇治でするスケジュールを組めば、マラソン翌日の疲労抜きの宇治散策にちょうどいいかもしれません。

もちろん3日間奈良を満喫するのもありです。東大寺、奈良公園・・・1日で周りきれないぐらいの観光スポットが目白押しです。でもそこをあえて宇治観光がRUNNING STREET 365の提案です。

過去大会のレポート

billion-log
奈良マラソン2014 大会レポート

市民トレイルランナーたまのゆる練ノート
奈良マラソン2015参加レポート

【RUNNING TEAM ハムちゃんず】
ハム式ブログ 『いっぱい食べて、いっぱい走ろう!』
奈良マラソン2013

奈良マラソンアクセス方法

d11b52653f06401441be07328845bc9c_m

奈良マラソンは代理受付も可能ですが、原則として本人が前日受付を行う必要があります。受付は奈良市鴻ノ池陸上競技場で、近鉄奈良駅から徒歩20分になります。

スタート会場も奈良市鴻ノ池陸上競技場ですが、渋滞が予想されるので駐車場の準備はないため、車で来た人は奈良駅周辺のコインパーキングなどを利用することになります。

12月11日は会場までの臨時バスが運行されます。

バス出発場所:JR奈良駅、近鉄高の原駅
JR奈良駅出発の便は非常に混雑しますので、近鉄高の原駅からのご利用を推奨します。

宿泊は近畿日本ツーリストの専用ページから予約することができます。

奈良駅周辺で宿が取れなくても大阪難波から電車で50分、京都からも1時間でアクセスできますので、宿の確保が出来ない場合は、県外も含めて幅広く探してみましょう。

大会詳細情報

大会名:奈良マラソン2016
開催日:2016年12月10日 (土)・ 2016年12月11日 (日)
開催場所:奈良県奈良市・天理市

RUNNETによる申込(先着)
エントリー受付期間:2016年6月15日~2016年6月20日
エントリーサイト:RUNNET

専用払込用紙による申込(抽選)
エントリー受付期間:2016年6月15日~2016年6月29日
エントリーサイト:大会公式ホームページ

フルマラソン
開催日:2016年12月11日 (日)
制限時間:6時間
参加費:8200円
定員:12000人

10km
開催日:2016年12月11日 (日)
制限時間:1時間30分
参加費:4100円(高校2600円)
定員:4000人

3kmジョギング
開催日:2016年12月10日 (土)
制限時間:45分
参加費:1500円
定員:1500人

奈良マラソン公式サイト:http://www.nara-marathon.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク