神話のふるさと宮崎「第30回 青島太平洋マラソン2016」

青島太平洋マラソン
青島太平洋マラソン

伝統あるマラソン大会のひとつ、青島太平洋マラソンは今年でなんと30回目の開催になります。全国にいくつものマラソン大会がある中で、30回の歴史をもつ青島太平洋マラソンはそれだけで「参加しておくべき大会」のひとつです。

30回の歴史の中でいまもなお輝き続ける青島太平洋マラソンの魅力について紹介します。

青島太平洋マラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月とはいえやはり宮崎は少し暖かさを感じます。マラソンを楽しむには最高のコンディションですが、自己ベストを狙うには少しアップダウンが多く、そして少し暖かすぎるかもしれません。

青島太平洋マラソンの種目はフルマラソン、10km、3kmとあり10kmと3kmは制限時間がありません。宮崎観光も兼ねて家族みんなで走力に合わせて参加できる、優しい大会でもあります。

フルマラソンの制限時間も6時間30分とちょっとだけ他の大会よりも長めですが、スタート時に渋滞しやすいコース設定ですので、最後尾のランナーは6時間で走るつもりで練習を積みましょう。

エントリーは先着順ですが、昨年は1日で定員に達しています。数分で定員に達するようなことはないかと思いますが、うかうかしていると申し込みそびれる人気の大会です。

開催日の12月11日はマラソンの超激戦区でもあります。奈良マラソン、袋井クラウンメロンマラソン、伊豆トレイルジャーニー、そしてホノルルマラソンが12月11日開催です。しかも前の週は湘南国際マラソン、NAHAマラソンです。

ただこういう激戦区の中でも生き残っていく、確実に参加者を集めることができる大会が青島太平洋マラソンです。

日本のマラソンの中でも伝統のある大会の節目となる30回大会。運営も素晴らしい素敵な大会ですので、これまで参加を考えたことがある人はぜひエントリーしてください。

青島太平洋マラソンの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青島太平洋マラソンを走る人でもあまり一般的ではない青島太平洋マラソンの楽しみ方を紹介します。

それは神話のふるさとを堪能する旅ランにすることです。

土曜日の午前中に宮崎入りして、まずは宮崎神宮にお参りからスタートしましょう。その後、江田神社とイザナギが穢を清めたとされる「みそぎ池」を訪れてください。

天照大御神が生まれた場所ですから、日本の歴史はここから始まったと言ってもいい特別な場所です。せっかく宮崎まで言って、こういう場所に行かないのはもったいない。

仲間と一緒の場合はレンタカーで、1人ならレンタサイクルがオススメです。

マラソンを走り終えたら、ここから大移動。せっかく神話のふるさとに来たのですから、後泊は高千穂まで足を伸ばしてみませんか。移動に時間がかかりますが、翌日は見どころいっぱいの観光を楽しむことが出来ます。

この時期の高千穂は人が少ないため、時間をかけて高千穂峡などの観光地を楽しむことが出来ます。

もちろん宮崎市内に後泊して宮崎の美味しいものを食べたり、お酒を飲むのもいいのですが、宮崎にどっぷり浸かりたいなら、神話のふるさとを楽しむ旅ラン、かなりおすすめです。

高千穂の満天の星空は、本当に神々の世界に降り立ったような気持ちにさせてくれますよ。

過去大会のレポート

月間走行距離なんて知りません
第28回青島太平洋マラソン2014〜サブスリーへの道はいまだ険しく〜

Running Writer
年内ラストの個人レース!青島太平洋マラソン2015

日々を楽しく過ごしたい!
青島太平洋マラソン感想

青島太平洋マラソンアクセス方法

IMG_0994

青島太平洋マラソンは前日受付と当日受付が可能ですが、できれば前日の午前中に宮崎入りすることをオススメします。

関西からはLCCのPeachでのフライトがお得なのですが、フライトが18:50到着ですので、宮崎を満喫するには金曜日の午後半休を取って利用することになります。土曜日の午前中は仕事だよという人にとっては、関空からのPeachがかなりお得です。

とにかくエントリーが完了したら、すぐにフライトを確保しましょう。JALもANAも早割や旅割など、早めの予約の方が圧倒的に安くなります。

もしくはANAのコードシェア便となるソラシドエアのバーゲンセールなどを利用するとお得な料金で宮崎まで往復することが出来ます。

宿は宮崎駅近くで問題ありません。ただし、朝は電車かバスでの会場入りになりますので、少しだけ早起きが必要です。2年前の大会で電車が止まってしまったトラブルもありました。宮崎駅からはバスで会場入りするほうが安全かもしれません。

バスなら会場の近くで下りることができますので、利便性という意味でもバスがオススメです。

大会詳細情報

大会名:第30回 青島太平洋マラソン2016
開催日:2016年12月11日(日)
開催場所:宮崎県宮崎市
エントリー受付期間:2016年6月22日 20:00~2016年6月26日
エントリーサイト:RUNNET / スポーツエントリー

フルマラソン
制限時間:6時間30分
参加費:7500円(高校6000円)
定員:9200人

10km
制限時間:なし
参加費:5000円(高校2000円)
定員:1700人

3km
制限時間:なし
参加費:4500円(高校2000円 小中学1500円)
定員:500人

青島太平洋マラソン公式サイト:http://www.aotai.gr.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク