ランナーが熊本にできること「第11回天草マラソン大会」

516b1e5cf51a4a0ec151b246c2feabf4_m

天草マラソン大会は大都市マラソンみたいに注目されていませんし、コースも海岸線を走るためアップダウンが激しくて「難コース」の部類に入る大会です。

でも平成28年熊本地震のあとの今だから、ランナーに出来ることがあります。それはやっぱり熊本を走ること。ランナーの支援の形としてRUNNING STREET 365は「第11回天草マラソン大会」の参加を提案します。

天草マラソン大会の特徴

cf3d440e663694c53455c2dd731ac45a_m

天草マラソンはフルマラソンとハーフマラソンの大会で、どちらもかなりタフです。小さなアップダウンのある海岸線を走りますので、普通のフルマラソンやハーフマラソンよりも大変かと思います。

ただ大変だからこそ挑戦しがいのあるコース。しかもフルマラソンの制限が7時間ですので、走力に自信がない人でも完走しやすくなっています。

景色はかなり絶景ですが、絶景がずっと続くので飽きる人も出てくるという噂です。でも余裕のある人はぜひカメラかスマホを持って走りましょう。

大会そのものはすごく小さな規模の大会になります。フルマラソンの募集が3000人ですから、スタートロスもほとんどない状態。小さな街のマラソン大会をフルマラソンにしちゃった。天草マラソンはそんな大会です。

だからあれもこれも期待すると、やっぱり大都市マラソンがいいなぁとなるかもしれません。あまり期待させてがっかりさせると困りますので・・・

天草マラソンはとにかく「お土産がすごい」と10種類から選べる参加賞に定評があります。人気商品は早い時間になくなるのだとか。天草市外からの参加の場合は、地元の特産品の当たる抽選会にも参加できます。

そんな小さなところで「参加者のために出来ること」を楽しみながら一生懸命にやっているのが天草マラソンです。

ハシリのチカラ〜ランナーが熊本にできること〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クレイジーランナーでプロレスラーの三州ツバ吉さんが掲げている「ハシリのチカラ」プロジェクトでは、過去にネパールでの大地震に対する復興支援としてチャリティランを開催しました。

今回の熊本地震でも三州ツバ吉さんがボランティアに参加し、自分の目で熊本のいまを確認しています。

震災などの災害が発生したとき、ランナーに出来ることってなんだろう?

そう考えたとき、やっぱりランナーは走るしかないんですよね。もちろん募金やボランティアすることもできますし、その効果のほうが大きいかもしれません。

でも「ランナーとして何が出来るか」を考えると、災害のあった場所、もしくはその近隣で開催されるマラソン大会を走ることで、経済的な支援にもなりますし、それを周りの人に伝えることで、震災を風化させないことができます。

そして何よりも、自分自身がチカラをもらうことになります。復興支援のつもりが自分が支援されている。自分ももっと頑張ろう。そう感じて帰途につく。これもハシリのチカラです。

ランナーだから、いまだからできること。

そんな思いも込めて、今年の天草マラソン大会に参加してみませんか?

三州ツバ吉official blog
ツバイダーマン世界7大陸走破&闘破!世界の皆様コンニチハ!!

天草マラソン大会の楽しみ方

95fa1b444e61d6b9950f053adc0e41a7_m

今回RUNNING STREET 365は「復興支援」ということで天草マラソンを推薦していますので、やっぱりちょっとでも長く熊本に滞在してもらいたいと考えています。

2泊3日で、土曜日の夜は天草に泊まり、日曜日のマラソン後には熊本市内のホテルや宿に泊まるプランはいかがでしょうか?

本当なら天草の自然を満喫してもらいたいのですが、天草をじっくり楽しむにはそれこそ2泊3日ですべて観光に当てなくては足りません。イルカウォッチングや海遊び、天草から見るサンセット・・・

それは来年以降に取っておきましょう。毎年春には「天草パールラインマラソン」も開催されていますので、天草が気に入った人はぜひそちらも!

仲間と一緒に熊本でレンタカーを借りてワイワイやるのもいいですし、バス移動で天草に入るのもいいでしょう。

ただバスでのアクセスは帰りに大幅に遅れる可能性もありますので、戻りは定期航路「天草宝島ライン」の利用も検討しておきましょう。

天草で食べておきたいもの。それは「魚料理」これはもう外せません。すぐそこが海ですから、新鮮な魚が捕れるのも天草の魅力のひとつです。海鮮丼、お寿司、刺し身なんでも美味しいので、ぜひ天草では魚料理を堪能してください。

過去大会のレポート

かるろす工房
第9回天草マラソン大会走行記

そらにえがおのまめをまく。
第10回天草マラソン記念大会

CLIFF CHANNEL
第9回天草マラソンU^ェ^U

天草マラソン大会アクセス方法

1b93f929bf9f49e929e0d2e7ae055328_m

天草マラソン大会は前日受付、当日受付ともにありますので、遠方からの参加は前泊、近隣からの参加は当日朝のアクセスでOKです。

天草は観光地ですので様々なアクセス方法があります。もっとも一般的なアクセス方法は熊本駅からのバス「快速あまくさ号」。1時間に1本以上ありますので、安心して利用できます。

バス利用の場合はあまくさ乗り放題きっぷがおすすめです。

大会当日の熊本行きのバスは大幅に遅れる可能性がありますので、飛行機などはかなり時間に余裕を持って予約しておきましょう。

仲間と参加する場合は車があったほうが便利です。熊本駅や阿蘇くまもと空港でレンタカーを借りましょう。

移動時間を短縮したい人は天草エアラインがおすすめです。福岡空港から1日3本と阿蘇くまもと空港から1日1本、天草空港までフライトしています。

宿は天草市内にありますので、楽天トラベルなどで予約しましょう。

大会詳細情報

大会名:第11回天草マラソン大会
開催日:2016年11月20日(日)
開催場所:熊本県天草市
エントリー受付期間:2016年7月1日~2016年8月31日
エントリーサイト:RUNNET

フルマラソン
制限時間:7時間
参加費:6500円
定員:3000人

ハーフマラソン
制限時間:なし
参加費:5500円
定員:2000人

天草マラソン大会公式サイト:http://hp.amakusa-web.jp/a0455/MyHp/Pub/

スポンサーリンク

スポンサーリンク