「エベレストマラソン」日本語HPオープン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界で最も標高の高いところで開催されるエベレストマラソンの日本語HPがオープンしました。

これまでは英語のサイトのみでしたが、これからは日本語での情報の提供、そしてエントリーが可能になりますので、エベレストマラソンがより身近なものになります。

エベレストマラソン日本語サイト:http://everest-run.com

エベレストマラソンとは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エベレストマラソンは、標高5364mにあるエベレストベースキャンプから標高3440mのナムチェバザールまでを走るマラソン大会です。もちろん世界一高い地点で行われるマラソン大会です。

種目はフルマラソンとハーフマラソン、そしてトレッキングです。

どの種目も高地順応をしっかり行うため、18日間のスケジュールになっています。多くのランナーにとってこの18日間というのが大きな壁かもしれませんね。

それでもすべてのランナーがスタート地点に立てるわけではありません。参加者の何人かは高山病になり、スタートすることなく帰国することもあります。

エベレストマラソンは世界一標高の高い場所で開催されるマラソンであり、なおかつ世界一スタート地点に立つことが難しいマラソンでもあります。

だからこそ挑戦したくなる。挑戦したくなる。それがエベレストマラソンです。

もう当たり前のマラソン大会では満足できなくなってしまったランナーさん。山が好きで好きでたまらないというランナーさんはぜひ参加検討してください。

エベレストマラソンのスケジュール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エベレストマラソンは毎年5月29日に開催されます。ネパールのカトマンズに集合し、そこから参加者全員でスタート地点を目指します。

5月17日 カトマンズ集合
5月18日 カトマンズからエベレストの玄関口ルクラへ移動
5月29日 エベレストマラソンスタート
6月1日 ルクラからカトマンズへ
6月3日 解散・帰国

別途費用がかかりますが、5月31日に帰国することも可能ですので早く帰りたい人は、大会事務局まで問い合わせしてください。

エベレストのベースキャンプ以外はトイレも完備されているしっかりとしたロッジやホテルに宿泊できます。

登山中の荷物は必要な物以外すべてポーターさんが運んでくれますので、参加者は重たい荷物を持たずに、高地順応だけに集中することができます。

エベレストマラソンの費用

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エベレストマラソンの参加費は38.5万円(2016年7月11日現在)になります。

この参加費には参加賞やホテル代、エベレスト滞在中の食事代などが含まれていますので、決して安い金額ではありませんが、東京(羽田・成田)から最安値で4万円台のフライトがありますので、予算として50万円以内で参加することが可能です。

最近流行りの砂漠マラソンよりも、料金的にはお手軽に参加できるのがエベレストマラソンの魅力です。

ただし、参加のためには日本国内でも高地順応のためのトレーニングが必要になります(必須ではない)ので、それらの費用も考えておく必要があります。

エベレストマラソン2017概要

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大会名:エベレストマラソン2017
開催日:2017年5月29日
開催期間:2017年5月17日〜6月3日
開催場所:ネパール

エベレストマラソン日本語サイト:http://everest-run.com

お問い合わせ等は日本語サイトのお問い合わせページから行えます。担当のラムさんは日本語での対応が可能ですので、日本語での問合せで問題ありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク