今年もウェーブスタート採用!「第36回 つくばマラソン」

つくばマラソン
つくばマラソン

マラソンを科学する。

つくばマラソンは常にマラソンを進化させるために、大会のテーマとして「マラソンを科学する」を掲げてきました。マラソン大会によくあるお題目だけで中身のないテーマとはひと味違います。

まだつくばマラソンを走っていない人は、つくばマラソンに出てみましょう。35年の進化の積み重ねを、その身をもって体感することができるはずです。

つくばマラソンの特徴

4ee2d4619e688a019898d03701203e11_m

昨年は「マラソンを科学する」という大きなテーマに対して、「スタート」「景観」「交通規制」を科学するという3つの視点で取り組みを行いました。

その中で注目されたのがウェーブスタートです。ウェーブスタートについては後述しますが、日本の公認大会で初めてウェーブスタートを導入した大会になりました。

このように常に小さなテーマを掲げ、それを科学的見地から考察を行い、しかもそれをすべてのランニング関係者にフィードバックしている日本のマラソン大会の最先端をいく「つくば」らしい取組を行っています。

種目はフルマラソンと10kmです。フルマラソンは15,000人ものランナーが走る大規模マラソンで、全国からつくばマラソンのためにランナーが集結します。

高低差も少なく、小さな曲がりがいくつもあるため、景色がどんどん変わり、ランナーが飽きることなく走り切ることができます。

ウェーブスタートとは

0299ec70d694cd6c63f1254abfeeb558_m

普通のマラソン大会は、一斉スタートで、最前列のAブロックも、最後方のブロックも同時にスタートします。そのため後方のランナーは公式記録として、号砲からスタートまでの時間がロスになります。

大会によってはそのロスが30分以上かかることもあり、しかもある程度の距離を行くまでは選手間の距離が近く、走りにくさも発生するため、走れない人ほど関門に引っかかりやすいという問題がありました。

これに対してウェーブスタートは、ブロックごとにスタート時間をずらすことで、スタートのロスと、渋滞を解消するためのスタート方法になります。

海外のマラソン大会では一般的なスタート方法で、すでに実績があり、昨年のつくばマラソンのレポートでも、渋滞緩和に大幅な効果があるという結果が出ています。

もちろん今年のつくばマラソンもウェーブスタートです。

つくばマラソンの楽しみ方

c176c185daa378a2554395cdf596713c_m

つくばマラソンは自己ベスト更新を狙って走るランナーが多いため、マラソンついでに観光という人は少ないのですが、それでもやっぱりつくばですから、前泊する人はぜひ学園都市つくばを満喫してください。

つくばに行ってすること、それは「セグウェイ」です。つくばは日本で初めて公道をセグウェイで走ることが許された街。ということでおすすめはセグウェイツアーです。

参加費は9000円とちょっと高めですが、2時間30分もセグウェイを楽しむことができます。

セグウェイツアー:http://www.segwaysmile.jp/tour/tsukuba/

他にも「筑波宇宙センター」や世界最大級のプラネタリウムのある「つくばエキスポセンター」など科学を楽しむことができる施設が揃っています。走るだけでなく最新の科学に触れることができるのが、つくばマラソンの魅力のひとつです。

過去大会のレポート

「ココロ」動くブログ
走りきったつくばマラソン2014!レース展開を振り返ってみた!

東京フード株式会社 チョコっとブログ
激走!「第35回つくばマラソン!!」

働くお母さんが走るブログ
おしるこには気をつけて! 第33回つくばマラソン

つくばマラソンアクセス&宿泊

c96335e093ea2f0bf8e203a8375f7f62_m

つくばマラソンは前日も当日も受付がありませんので、都内からであれば日帰りでの参加が可能になります。

つくば駅から徒歩20分でスタート会場につけますので、基本的にはつくばエクスプレスのつくば駅を利用されると便利です。秋葉原駅からつくば駅までは、つくばエクスプレスで約1時間になります。

駐車場もあります(有料1500円)が、エントリー時に申し込みが必要になりますので、車でのアクセスを考えている人は、申し込みを忘れないようにしてください。

大会のシャトルバスも出ていますので、常磐線沿線の人や東京駅からのアクセスが便利な人はぜひ利用してください。

シャトルバス
つくばエクスプレス:研究学園駅から片道260円
JR常磐線:土浦駅東口から片道610円
JR東京駅:直通マラソンバス(要事前申し込み)

つくば駅周辺のホテルは、すでにほぼ埋まっている状態ですが、定員が埋まったあとにエントリーできなかった人がキャンセルすることがありますので、楽天トラベルなどで、チェックしていると空きが出るかもしれません。

遠方の人は秋葉原周辺でホテルを抑えておいて、キャンセルが出るのを待ってみるといいかもしれません。

大会詳細情報

大会名:第36回 つくばマラソン
開催日:2016年11月20日(日)
開催場所:茨城県つくば市
大会受付:事前送付

エントリー受付期間:2016年7月24日20:00~2016年8月8日
エントリーサイト:RUNNET / スポーツエントリー

フルマラソン
制限時間:5時間50分
参加費:7000円
定員:15000人

10km
制限時間:1時間15分
参加費:4800円
定員:3500人

つくばマラソン公式サイト:http://www.tsukuba-marathon.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク