ランナーなら1度は走っておくべき!「第51回青梅マラソン」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京マラソンに落選した人、がっかりしている場合じゃありません。東京マラソンを走れなくても東京にはもっと歴史があり、もっと楽しいマラソン大会があります。

東京マラソンの華やかさはなくても、青梅マラソンは青梅市民の誇りとして今年で51回目の開催を迎える歴史ある大会。そして50年の歴史がありつつもなお進化し続ける大会です。

ランナーなら人生で1度は走っておくべき大会。それが青梅マラソンです。青梅マラソン30kmのゴールで、もしかしたらあなたは感動のあまり泣き出してしまうかもしれません。唯一無二のマラソン大会、青梅マラソンの魅力について紹介します。

青梅マラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青梅マラソンは10kmと30kmの大会ですが、おそらくフルマラソンを走るよりも厳しい走りを要求される大会かもしれません。30kmで制限時間が4時間。4時間もあるじゃないかと思いますが、青梅街道は坂を上り続け、そのあと下り続けるコース設定になっています。

足への負担が大きく、しかもコースが狭いために思うようなペースで走ることができません。

それでも青梅マラソンは50年もランナーたちに愛され続け、そして今もなお多くのファンがいる日本に二つとないマラソン大会となっています。

東京マラソンの前週に開催されますが、東京マラソンに負けないだけの沿道の声援を受けて走ることができますので、走ることの楽しさ、マラソン大会ってこんなに楽しいんだってことを感じさせてくれる大会になっています。

青梅マラソンの奇跡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第18回大会の前々日から降り始めた大雪の影響で、大会の中止の危機にあったのを救ったのが青梅市民でした。

沿道の市民総出でコースの雪かきを行い、なんと大会開催にこぎつけたのです。

軽く降った雪ではありません。15cmを超える積雪のあった道路を沿道の市民がすべて片付けてしまいました。往復コースですので15kmの道の雪をコース上から取り除くなんてとても信じられませんが、実際に大会は無事開催されました。

沿道の市民には開催されなくても、何を損するわけでもないのに。

古き良き時代と片付けてしまうのは簡単ですが、この精神はいまだ青梅の地に受け継がれ、沿道からの熱い声援がランナーの背中を押し続けてくれます。

これは日本のランニング界における奇跡として語り継がれてもいい出来事ですが、青梅マラソンはホームページ上にちょっと記載しているだけ。

青梅マラソンの歴史:http://www.ohme-marathon.jp/history/

青梅市民にとっては、当たり前のことをしたという感覚かもしれませんが、これこそが本物のおもてなしです。青梅マラソンが多くのランナーに愛される理由の一部を分かってもらえたのではないでしょうか。

青梅マラソンのエントリーは3回チャンスがあります!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青梅マラソンのエントリーの面白いところは、3回に分けてエントリーを行うところにあります。今年は9月23日〜25日がその3回に当たりますが、1日毎に定員を設定しているため、1日目でエントリーできなかった人でも翌日、翌々日もエントリーできます。

誰が思いついたのかわかりませんが、こんな従来にない柔軟な発送をする人たちが青梅マラソンを運営しています。大会が楽しくないわけがありませんよね。

2016年9月23日 12:00〜
2016年9月24日 12:00〜
2016年9月25日 12:00〜

さてこの3回のチャレンジを活かせるかどうかは、あなたの粘り次第です。ぜひ出場権をゲットして、青梅の道を駆け抜けてください。

過去大会のレポート

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第50回青梅マラソン」

月間走行距離なんて知りません
青梅マラソンはフルマラソンではなく30kmだから愛される

NMRevolution.blog
沿道の応援が熱い!第50回青梅マラソン(2016)を走ってきたレポート。

フイナム ランニング クラブ♡のブログ。
マラソンの「楽しさ」とは。第50回青梅マラソンの場合。

青梅マラソンアクセス&宿泊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青梅マラソンの当日受付会場は10kmと30kmで違いますので注意してください。

30km受付会場:川辺小学校(JR青梅線川辺駅から徒歩8分)
10km受付会場:青梅市役所(JR青梅線東青梅駅から徒歩5分)

受付は前日と当日あり、遠方からの参加の人は会場周辺の下見も兼ねて前日のうちに行いましょう。前日受付は30kmも青梅市役所になるので気をつけてください。

青梅市周辺のホテルはすでにほぼ埋まっているか旅行代理店が抑えている状態ですのです。これから予約する人は八王子か立川の宿を楽天トラベルなどで確保するようにしましょう。

30kmはスタート時間が遅いので、無理に近くに泊まる必要はありません。

大会詳細情報

大会名:第51回青梅マラソン
開催日:2017年2月19日(日)
開催場所:東京都青梅市
大会受付:前日・当日

エントリー受付期間:2016年9月23日~29日先着順
エントリーサイト:ローソンDo!スポーツ

30km

制限時間 4時間
参加費 7000円
定員 15000人

10km

制限時間 1時間20分
参加費 5000円(高校生3000円)
定員 4000人

青梅マラソン公式サイト:http://www.ohme-marathon.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク