杜の都は春が熱い!「第27回仙台国際ハーフマラソン」

仙台国際ハーフマラソン
仙台国際ハーフマラソン

8500人もの枠があるにも関わらず、エントリー開始から30分もしないうちに定員になってしまう東北の大人気マラソン大会。それが仙台国際ハーフマラソンです。今年で27回目の開催となる仙台国際ハーフマラソンですが、その人気の秘密はどこにあるのでしょう?

ここでは人気の仙台国際ハーフマラソンの魅力について紹介します。気になった人はぜひクリック合戦に参加してください。

仙台国際ハーフマラソンの特徴

ac66296615071022c473d94f4f5f4227_m

仙台国際ハーフマラソンはハーフマラソンの他に、5kmと2kmが開催されますが、ハーフマラソンとは別会場での開催ですので、ハーフマラソンがメインの大会です。実業団のトップランナーも参加するため非常にハイレベルな大会になるのが仙台国際ハーフマラソンの特徴です。

コースは高低差が40m近くありますが、なだらかな上り坂、なだらかな下り坂が続きますので、急激なアップダウンはそれほど感じることなく走ることができるスピードコースになっています。

仙台とはいえ5月にもなると走っていると暑さを感じるかもしれませんが、きれいな新緑の下を駆け抜けることができ、しかもトップランナーの姿を何度も見ることができますので、自然と気持ちが昂る大会のひとつです。

競技性が高い大会にも関わらず、制限時間が2時間30分と比較的緩く設定されていますので、きちんと練習をしてきた人であれば間違いなく完走できるハードルの低さも仙台国際ハーフマラソンの魅力のひとつです。

フルマラソンと違って、すべてを出し切りやすいのがハーフマラソンです。1年のマラソンシーズンの締めくくりに、仙台国際ハーフマラソンへの挑戦はいかがでしょう?

仙台国際ハーフマラソンの楽しみ方

仙台といえば誰もが知る観光地ですのであえて「ここは見ておくべき」と紹介するほどではありませんが、穴場スポットやRUNNING STREET 365として行ってもらいたい場所を紹介します。

塩釜-松島遊覧船

572a84fa50fa1c130475277f6270de28_m

仙台に行くと松島は外せないという人も多いかもしれませんが、おすすめなのは電車でのアクセスではなく、遊覧船でのアクセスです。塩釜から松島まで海側から見る日本三景は他で見ることの出来ない絶景のひとつです。

松島には観光用のお店が多いのですが塩釜には地元に根づいたお寿司屋さんなどが並び、塩竈神社はあ平安時代から続く由緒ある神社ですので、ぜひ塩釜で美味しいものを食べて、塩釜観光をしてから松島に遊覧船で向かいましょう。

塩釜松島遊覧船:https://www.marubun-kisen.com
塩竈神社:http://www.shiogamajinja.jp

SS30

f7426d7c92fe73d6eeb49983728ee5fa_m

仙台で最高の夜景を見たければ仙台駅にあるSS30(住友生命仙台中央ビル)がおすすめです。マラソンを走ったあとの夜に、自分の駆け抜けた街の景色をぜひ眺めてください。ただし仙台の定番デートスポットですのでカップルが多めです。デートのジャマをしないように気を付けましょう。

SS30:http://www.ss30.jp

ご当地グルメ

717465f511de95eeb190a9013cbac227_m

仙台といえば誰もが牛タンを思い浮かべるかもしれませんが、それはそれとして食べておきたいご当地グルメがいっぱいなのも仙台の魅力です。ここではその一部を紹介します。

ずんだシェイク:ずんだ茶寮
仙台マーボー焼そば:紅龍 大町店 
油麩丼:おでん三吉
仙台づけ丼:仙台づけ丼 公式サイト
はらこめし:わたり あら浜

これだけでも十分すごいのですが、仙台国際ハーフマラソンの時期は穴子が旬を迎える少し前。一番美味しい時期よりは少し早いのですが、松島や塩釜で絶品の穴子丼をいただきましょう。

石巻

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時間がある人にぜひ訪れてもらいたいのが石巻です。東日本大震災から現在まで何が変わって、何が変わっていないのか。被災地の今を自分の目でしっかりと見てきてください。日和山公園からの景色は復興がまだまだ終わらないということがわかります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん美味しいものもたくさんあります。プロショップまるかでは、買ったお刺身などをその場で楽しむことが出来ます。

過去大会のレポート

フイナム ランニング クラブ♡のブログ。
一年越しの悲願 第26回仙台国際ハーフマラソンに参加してきました!!

旅ランとマラソン日記。
第26回 仙台国際ハーフマラソン

高いところから失礼致します!
仙台国際ハーフマラソン:新緑が溢れる仙台市内を走って無事完走!

仙台国際ハーフマラソンアクセス&宿泊

8dcd27777c45d14970f9e835982e6111_s

仙台国際ハーフマラソンの会場はハーフマラソンと2km、5kmは別会場です。ハーフマラソンは宮城野原公園総合運動場・仙台市陸上競技場が会場で、2kmと5kmは榴岡公園が会場です。

宮城野原公園総合運動場・仙台市陸上競技場
アクセス:JR千石線・宮城野原駅 徒歩約5分

榴岡公園
アクセス:JR千石線・榴ヶ岡駅 徒歩約1分

どちらも仙台駅からそれほど遠くありませんので、前泊をする人は仙台駅周辺のホテルを楽天トラベルなどで予約してください。ゼッケンなどは事前送付されますので前日受付などは必要ありません。

大会詳細情報

大会名:第27回仙台国際ハーフマラソン
開催日:2017年5月14日 (日)
開催場所:宮城県仙台市
大会受付:なし(ナンバーカード・チップ事前送付)

エントリー受付期間:2017年1月10日20:00~2017年1月16日
エントリーサイト:RUNNET / RUNNET(チャリティ枠)

ハーフマラソン

制限時間 2時間30分
参加費 6000円(チャリティ6000円+別途寄付金50000円)
定員 一般の部8500人、チャリティ100人

5km

制限時間 50分
参加費 2000円
定員 2000人

2km(60歳以上、中学、小学4~6年)

制限時間 20分
参加費 1000円
定員 500人

仙台国際ハーフマラソン公式サイト:http://www.sendaihalf.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク