第16回24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま

24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま
24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま

24時間マラソンと聞くと24時間テレビを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はもっと市民ランナー向きの24時間マラソンがあります。東京マラソンよりも歴史があり、今回で16回目の開催となる「24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま」も、市民ランナーのための大会のひとつです。

現在は日本各地に24時間マラソンがありますが、この大会は全国の24時間マラソンの中でも特別な存在で、24時間を走るランナーにとって夢の島陸上競技場は聖地とも言うべき場所です。

ここではそんな24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしまについて、その魅力を紹介します。

24時間グリーンチャリティリレーマラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしまの種目は、4時間、6時間、12時間、24時間の4つで、カテゴリーはそれぞれにチームの部と個人の部があります。

コースは夢の島陸上競技場のトラックと外周を合わせた1周約1.3kmで、この周回コースを制限時間内にグルグルまわります。コース幅は狭い部分もあり注意が必要ですが、走りにくいというほどではありません。

6月の開催ですので、最大の敵は暑さと雨です。この大会は高確率で雨になるのですが、それと同時に気温が30℃以上になることもあります。24時間でどちらも経験することもあり、精神力が問われるレースです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当に厳しいレースではありますが、この大会はリピーターがとても多く、何度も挑戦したくなる魅力もあります。昨年の自分を超えること。それを目標に1年間の練習を積んだ猛者が集う場所でもあります。

それと同時に、チームの部はマラソンのお祭りのような雰囲気があり、会場がとても華やかになります。まだ24時間マラソンを経験していないという人は、チームでも個人でも、ぜひ夢の島陸上競技場で初めての24時間を経験してみましょう。

これまで経験したことのないような、マラソンの新しい世界に踏み入れることができるはずです。

24時間グリーンチャリティリレーマラソンの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この大会はリレーの部と個人の部の2種類があり、メインとなるのはリレーマラソンです。24時間リレーの部は襷を24時間つなぎ続けるという、チームの一体感を感じることができる大会で、個人の24時間は修行僧のように淡々と走り続けるランナーに出会えます。

個人とチームのどちらがいいということはなく、それぞれのランニングスタイルに合わせて選べばいいかと思いますが、仲間と何かをやり遂げたいという人はチームの部、とことん自分を追い込みたい人は個人の部がおすすめです。

もちろん一番楽しいのは24時間です。

24時間仲間たちと一緒に走るという経験は、めったにできることではありません。個人の部でも1人で参加しているようで、実は個人同士が支え合い、そしてチームの部の人たちが支えてくれます。

夢の島陸上競技場に集まったランナーはすべて仲間。ですので個人の部の人も積極的に他のランナーさんと関わってみましょう。同じペースの人に話しかけてみたりすることで、人と人とのつながりが生まれます。

もちろんチームの部の人も、となりのテントの人と挨拶から初めて、どんどん交流してしまいましょう。そこに集まるのは同じゴールを目指す仲間です!

過去大会のレポート

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第15回24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま」

月間走行距離なんて知りません
河童の美学!夢の島24時間リレーマラソンを裸足で駆ける

Sportiva
【続・東京マラソンへの道】中島彩「24時間マラソンで学んだこと」

フイナム ランニング クラブ♡のブログ。
「走る」ことは「コミュニケーション」なのか? 「24時間グリーンチャリティリレーマラソン in 東京ゆめのしま」参加レポート。

24時間グリーンチャリティリレーマラソンアクセス&宿泊

24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま会場となる夢の島陸上競技場は新木場駅から徒歩10分のところにあります。新木場駅には鉄道会社3社が乗り入れていますので、使いやすい電車を利用しましょう。

東京メトロ有楽町線
JR東日本京葉線
東京臨海高速鉄道りんかい線

大会側で駐車場の用意はしていませんので、車での参加の場合は、周辺の有料駐車場を利用してください。会場近くの駐車場はすぐに埋まりますので、早めに会場入りしましょう。また駐車場によっては夜間の出し入れができませんので注意してください。

遠方からの参加の場合は、新橋や有楽町周辺のホテルの利用が便利です。楽天トラベルなどで早めに予約しておきましょう。

大会詳細情報

大会名:24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま
開催日:2017年 6月10日(土)・11日(日)
開催場所:東京・夢の島競技場
大会受付:当日

エントリー受付期間:2017年2月17日~2017年5月8日
エントリーサイト:RUNNET

リレーの部

種目
参加資格
24時間リレー:6~12人(男女中学以上)
12時間リレー :4~8人(男女18歳以上(高校不可))
6時間リレー :4~8人(男女中学以上)
4時間リレー(11日):3~6人(男女中学以上)
参加費 24時間:9000円/人
2時間:7500円/人
6時間:6500円/人
4時間:5500円/人
定員 24時間:115チーム
12時間:50チーム
6時間:300チーム
4時間:200チーム

個人の部

種目
参加資格
24時間走 男女18歳以上(高校不可)
12時間走 男女18歳以上(高校不可)
6時間走 男女18歳以上(高校不可)
4時間走(11日)
参加費 24時間:1万6000円
12時間:1万2000円
6時間:7500円
4時間:6000円
定員 24時間:145人
12時間:80人
6時間:250人
4時間:100人

24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま公式サイト:http://www.r-wellness.com/tokyo24/

スポンサーリンク

スポンサーリンク