関東から日帰りで行けるフルマラソン「第2回水戸黄門漫遊マラソン」

水戸黄門漫遊マラソン
水戸黄門漫遊マラソン

昨年第1回の開催となった水戸黄門漫遊マラソンですが、大阪マラソンや富山マラソンといった大型マラソンと同日開催だったこともあり、注目度はあまり高くありませんでしたが、それでも走った人は運営者の熱意を感じられた大会でした。

回数を重ねることで、いい大会になりそうな予感のある水戸黄門漫遊マラソン。そんな水戸黄門漫遊マラソンの特徴や旅ランとしての楽しみ方を紹介します。

水戸黄門漫遊マラソンの特徴

d642750d4700dd3f7e8307aa63b18e00_s

水戸黄門漫遊マラソンは2kmと5km、そしてフルマラソンが種目にあります。2kmは中学生以下で、5kmも参加者が2000人ですので、やはり注目されるのはフルマラソンです。

コースは多少のアップダウンはあるものの、基本的にはフラットで高低差の少ない走りやすいコースです。秋マラソンで結果を出したい人におすすめですが、スタート直後はやや渋滞しやすいので、できるだけ早めに整列するようにしましょう。

水戸黄門漫遊マラソンの魅力は、関東圏から日帰りで参加できることと、参加費の安さ、そして沿道の声援の気持ちよさにあります。

水戸黄門漫遊マラソンは完走メダルが出る大会としては、かなり参加費を抑えて8000円での開催となっています。完走メダルがありなおかつ日帰りで参加できますので、参加にかかる費用はかなり抑えることができます。

そして何よりも、沿道からの温かい声援がランナーの背中を押してくれる大会です。東京マラソンのような華やかさはありませんが、力強い声援でいつも以上に42.195kmを短く感じるかもしれません。

水戸黄門漫遊マラソン旅ランの楽しみ方

 

せっかく水戸まで行くのですから、前泊をする人はぜひ観光名所を訪れて、水戸のグルメを堪能してもらいたいところです。ここでは旅ランとしての水戸黄門漫遊マラソンとしてのおすすめスポットや美味しいグルメ情報を紹介します。

偕楽園

16070e56e112a4bb0ac77c552eb74519_s

偕楽園は水戸観光では絶対に外すことができませんよね。金沢の兼六園、岡山の後楽園に並ぶ日本三名園のひとつです。マラソン中にもその一部を走ることができますが、名園は時間を気にせずに巡りたいところです。

前泊や後泊をする人はぜひ偕楽園観光をしてください。

開園時間 午前7時から午後7時まで(2/20~9/30)
午前7時から午後6時まで(10/1~2/19)
休館日 好文亭:12月29日~31日を除く毎日
料金 好文亭:大人200円 小中学生100円
HP http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

弘道館

cbd0c489bfa2fcd68767ab15c0a5863c_s

旧水戸藩の藩校である弘道館は、水戸藩士の精神が伝えられてきた、歴史的にもとても重要な施設です。ランナーの中にも歴史好きの人も多いかと思います。ぜひ弘道館を訪れて、水戸の歴史の一部に触れてみましょう。

開園時間 午前9時~午後5時    (2/20~9/30)
午前9時~午後4時30分 (10/1~2/19)
休館日 12/29~12/31
料金 大人200円 小中学生100円
HP http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kodokan01.html

水戸納豆

f6b367e042083dceafdfc9dc13202ff8_s

水戸は納豆どころですが、納豆なんてどれでもそれほど違いないと思っているかもしれません。ところが流石に水戸の納豆はちょっと違います。濃厚な味わいがあり、わざわざこのためだけに来てもいい。それくらい水戸の納豆は美味しい納豆です。

駅の改札前でも販売していますので、マラソンのお土産に絶対に買っていきたい一品です。

水戸藩らーめん

6698c085724c32e707347ff6e0c2b3e3_s

日本でい一番最初にラーメンを食べたのが水戸光圀公と言われています。そのラーメンを再現したのが水戸藩らーめんです。水戸市内のいくつかのお店で食べることができますので、レース後の塩分補給に水戸藩らーめん食べて帰りましょう。

水戸藩らーめん | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)

過去大会のレポート

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第1回水戸黄門漫遊マラソン」

日本と世界のマラソン
2016水戸黄門漫遊マラソン

しぃちゃんとギコねこのブログ5~最強のこれから<黎明期>~
水戸黄門漫遊マラソン」レポート①
「水戸黄門漫遊マラソン」レポート②
「水戸黄門漫遊マラソン」レポート③

水戸黄門漫遊マラソンアクセス&宿泊

79ace10afa90e3861f103e1c899cc6f4_s

水戸黄門漫遊マラソンは前日受付が必要ない大会で、関東からの参加の場合は日帰りでの参加も可能です。遠方からの参加や観光も楽しみたいという人は、楽天トラベルなどで早めに宿の確保を行いましょう。

大会会場の最寄り駅はJR水戸駅です。水戸駅から徒歩でメイン会場の茨城県三の丸庁舎広場まで行くことができます。アクセスの良さも水戸黄門漫遊マラソンの魅力のひとつです。

JR常磐線の特急を利用すれば、上野駅から水戸駅まで65分です。できるだけ費用を掛けずに遠方から参加する場合は、夜行バスなどを活用しましょう。夜行バスも楽天トラベルから予約することができます。

大会詳細情報

エントリー受付期間:2017年4月26日~2017年6月30日
エントリーサイト:RUNNET / じょいすぽ!!

第2回水戸黄門漫遊マラソン
開催日 2017年10月29日(日)
開催場所 茨城県水戸市
大会会場 茨城県三の丸庁舎広場
大会受付 なし(ナンバーカード事前送付)
フルマラソン
制限時間 6時間
参加費 8000円(医療従事者6000円)
定員 10000人
5km
制限時間 40分
参加費 3000円(高校2000円)
定員 2000人
2km(中学生以下)
制限時間 15分
参加費 1000円
定員 1000人

水戸黄門漫遊マラソン公式サイト:http://www.mitokomon-manyu-marathon.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク