難コースを笑顔で走りきろう!「第33回NAHAマラソン」

NAHAマラソン
NAHAマラソン

東京マラソンの次に人気のマラソン大会といえば、NAHAマラソンを挙げる人が多いかもしれません。3万人ものランナーが沖縄の那覇に集まり、42.195㎞を駆け抜ける大会。

ただし完走率はとても低く、難コースであることは意外と知られていません。とはいえ、完走することだけがマラソンではない。参加することに意義があるという気持ちで挑めるのがNAHAマラソンの面白いところ。

ここではそんなNAHAマラソンの魅力と、旅ランとしての楽しみ方を紹介します。

NAHAマラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NAHAマラソンはフルマラソンのみのマラソン大会です。コースマップには表示されていませんが、かなりの高低差があり、フラットな場所はほとんどないように感じるほど、常に上っているか下っているかのどちらかです。

しかも3万人の参加者に対して、コース幅が狭いので、後方のランナーはかなりの走力がないかぎり完走することはできません。21.3㎞地点の第1関門までは3時間15分の猶予がありますが、最後尾はスタートまでに30分かかりますので、実質2時間45分です。

半分の距離を2時間45分ですから、そんなに厳しくないと思いきや、道幅が狭いため人を縫うようにして走らなければ関門には間に合いません。そして、後方の多くの地元ランナーさんは完走目的でなかったりするため、まったく急ぎません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

周りの雰囲気から、まだ大丈夫だろうと思っていたら、気がつけば関門に間に合わないということもありますので、注意しましょう。

大会としては、いたって真面目な大会です。参加費が6500円ということからもわかるように、公式エイドには水とスポーツドリンク、バナナくらいしか置いていません。ところが、それを補って余りある施設エイドがNAHAマラソンにはあります。

小さい子どもからお年寄りまでコース沿道に出てきて、食べ物や飲み物を振る舞ってくれます。これを楽しまなければNAHAマラソンに出る意味がありません。12月でも暑くなることのある那覇ですので、完全にファンランがおすすめです。

NAHAマラソン旅ランの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

那覇は完全に観光地ですので、あえて旅ランとしてのおすすめスポットを書くまでもなく、それぞれに行きたい場所があるかもしれません。ここは絶対に行って欲しいというポイントと、楽しむためにすべきことを紹介します。

レンタサイクルを活用しよう

27ac979e84b262fdacff02dd22979788_s

NAHAマラソンのコースからもわかるように、那覇の南側はぐるっと回っても40㎞くらいしかありません。バスで移動してもいいのですが、本数があまりありません。効率よくいろいろ回りたいのであればレンタサイクルがおすすめです。

レンタサイクルは街のあちこちにありますので、南国の風を感じながら観光を楽しむようにしましょう。

仲間がいるならレンタカー

d83cd5644a09324ac44d411ce80e69e0_s

2〜3人くらいならレンタサイクルがおすすめですが、天気が悪かったり4人以上の仲間で行くならレンタカーがおすすめです。ちょっと遠くまで観光したいのであれば、車があるだけで行動範囲が広がります。

同じ事を考える人はたくさんいますので、レンタカーは早めに予約しておきましょう。楽天トラベルでもレンタカー予約可能です。

絶対に行くべき糸数アブチラガマ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沖縄は第2次世界大戦の激戦区のひとつです。ひめゆりの塔など数々の歴史的ポイントがありますが、RUNNING STREET 365としてのおすすめは糸数アブチラガマです。沖縄戦の厳しさが一番伝わる場所かもしれません。

沖縄を楽しむには、その歴史を学ぶこともとても大切です。ガイドさんがついての入壕が基本ですので、必ず予約をしてから行くようにしてください。いきなり行っても入れないということもありますので、注意してください。

営業時間  9:00~17:00(入壕には予約が必要)
休業日 年末年始(12/29~1/3)
料金 大人250円 小人100円
HP http://abuchiragama.com

過去大会のレポート

吾輩はカントクである
楽しい!残念?ありがとう♬ NAHAマラソン2016

沖縄CLIP
『第32回 NAHAマラソン』〜熱中症をやっつけろ〜 #今年もモチ完走

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第31回NAHAマラソン」

月間走行距離なんて知りません
NAHAマラソンゴール手前の関門の賛否と完走率が低い理由

NAHAマラソンアクセス&宿泊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NAHAマラソンは当日の選手受付もありますが、大変混雑しますので前日のうちに受付するために、県外からの参加は早めの便で飛行機を確保しておきましょう。LCCなどの格安飛行機がありますが、遅れたり飛ばないこともあります。

確実に参加するには、ANAやJALのような大手の飛行機を使いましょう。LCCでも午前中の便なら遅れても、その日のうちに那覇には着けるはずです。

宿泊先は国際通り周辺ならどこでもかまいません。会場の奥武山陸上競技場に近いほど繁華街からは遠くなりますので、アクセスの便利さをとるか、観光のしやすさをとるかで宿を決めましょう。

宿はあっという間に埋まってしまいます。早めに宿を確保しておきましょう。いい宿が確保できなかった場合は、楽天トラベルなどでキャンセルが出るまで粘りましょう。意外とポツポツとキャンセルが出て、いいホテルを予約できたりします。

大会詳細情報

エントリー受付期間:2017年6月5日~2017年6月23日
エントリーサイト:スポーツエントリー

第33回NAHAマラソン
開催日 2017年12月3日(日)
開催場所 沖縄県那覇市
受付会場 奥武山陸上競技場
大会受付 12月2日(土)10:00~20:00
12月3日(日)6:00~
フルマラソン
制限時間 6時間15分
参加費 6500円
定員 30,000人

NAHAマラソン公式サイト:http://www.naha-marathon.jp

スポンサーリンク

スポンサーリンク