今年こその願いを込めて!「東京マラソン2018」

東京マラソン
東京マラソン

いよいよ今年も東京マラソンのエントリーが近づいてきました。チャリティランナーの募集は7月1日から。今年もきっとあっという間に埋まってしまうのでしょう。一般ランナーの募集は8月1日からです。

ここであえて東京マラソンの特徴や魅力を紹介するまでもありませんが、エントリーを悩んでいる人の背中を押すために、東京マラソンについて紹介します。

東京マラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京マラソン最大の魅力は、このイベントに関わる人みんなが全力だということです。日本で最大のマラソン大会ですが、大規模マラソンということにふんぞり返ることなく、とにかくランナーのための大会として、走る人をサポートしてくれます。

種目はフルマラソンと10㎞。10㎞は店員が500人ですので、実はフルマラソンよりも狭き門とも言われています。でもどうせ走るならフルマラソンですよね。普段走っていないけど、東京マラソンに当たったから走り始めたという人もたくさんいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コースは序盤が緩やかな下りで、残りはほぼフラットですので、とてもタイムが出やすいのですが、参加者が多いためブロック内でもいい位置取りをしないと、スタート後の渋滞でロスしてしまいます。

とはいえ、東京マラソンはマラソンのお祭りです。できるだけ速く走るという考え方もありますが、沿道の声援や目の前に映る景色を楽しむくらいの余裕が欲しいところです。

倍率も10倍を超えることが予想されますので、単純計算で出場できるのは10年に1回です。毎年外れている人は「今年こそ」の想いも込めて、エントリーしましょう。

東京マラソンの出場枠

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京マラソンのエントリーとスケジュールは次のとおりです。

2017年7月1日〜7月31日:チャリティランナー
2017年7月3日〜7月31日:ONE TOKYO プレミアムメンバー
2017年8月1日〜8月31日:一般ランナー

チャリティランナー枠

10万円以上のチャリティを集めた人で、出場を希望する4000人のランナーを優先的に出場させてくれます(先着)。基本的には、周りの人に募金を募るのですが、自分で10万円を出してもいいため、10万円で購入する出場枠のような位置づけになっています。

昨年はコース変更もあったため、とても早い段階でチャリティランナー枠が埋まりました。今年もラン仲間に募金をお願いする余裕はあまりないかもしれません。事前にラン仲間や家族にアピールしておきましょう。

ONE TOKYO プレミアムメンバー枠

年会費4,320円で加入できるONE TOKYOのプレミアム会員のための参加枠です。参加枠は3,000人で抽選です。ここで外れても一般ランナー枠での申し込みも可能ですので、当選確率が大幅にアップします。

優先枠以外にもお得な特典がありますので、どうしても東京マラソンを走ってみたいという人は、ぜひONE TOKYOのプレミアム会員に入会しましょう。

ONE TOKYO:https://onetokyo.org

一般ランナー枠

ほとんどのランナーさんは、この一般ランナー枠でのエントリーです。10倍を超える競争率が予想され、日本で一番参加が難しい大会でもあります。当たるも外れるもエントリーしないことには始まりません。何はともあれエントリーだけはしておきましょう。

過去大会のレポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「東京マラソン2017」
日本一早いマラソンレポート「東京マラソン2016」

東海道1.5次
東京マラソン2017を走ってみて、感じたこと。

月間走行距離なんて知りません
東京マラソン2016走ってきました!もちろん撃沈ですがなにか?

プログラマー社長のブログ
東京マラソン2017

東京マラソンアクセス&宿泊

0f70aacdb9842702bba3c2f6cec6377a_s

東京マラソンのスタートは新宿都庁前。ホテルは新宿に確保するのが便利ですが、交通の便がとてもいいため、新宿から多少離れた場所でも問題ありません。できれば、新宿まで電車で1本で行ける場所がおすすめです。

連泊の場合は、ゴールである東京駅周辺のホテルのほうが便利かもしれません。いずれにしても観光客などもとても多いのが東京です。ホテルは楽天トラベルなどで、早めに確保しておきましょう。

新宿駅へは、JRと小田急線、京王線、地下鉄などの駅が集まっていますので、電車もそれほど混雑しませんが、何があるか分かりませんので、早め早めの行動を心がけてください。

地方からの遠征で交通費を安く抑えたいという人は、夜行バスがおすすめです。東京駅や新宿駅への夜行バスはとても本数が多く、さらに割安な価格で移動できますので、東京マラソンが勝負レースでない場合は、夜行バスでの移動も検討してみましょう。

大会詳細情報

エントリー受付期間
チャリティランナー:2017年7月1日〜7月31日
ONE TOKYO プレミアムメンバー:2017年7月3日〜7月31日
一般ランナー:2017年8月1日〜8月31日

エントリーサイト:公式サイト

東京マラソン2017
開催日 2018年2月25日(日)
開催場所 東京都
受付会場 東京ビッグサイト
大会受付 2月22日(木)
2月23日(金)
2月24日(土)
代理受付不可
フルマラソン
制限時間 7時間
参加費 国内:10,800円 海外:12,800円
定員 35,500人
10㎞
制限時間 1時間40分
参加費 国内:5,600円 海外:6,700円
定員 500人

東京マラソン公式サイト:http://www.marathon.tokyo

スポンサーリンク