ランナーによる復活への道「陸前高田応援マラソン大会2017」

main

アディダスが東日本大震災の復興支援として始めたのが、スポーツによる陸前高田市のサポートです。多くの人の中ですでに風化しているかもしれませんが、陸前高田市を始め、東北の復興はまだまだ終わっていません。

完全復活した日には陸前高田市でフルマラソンを開催したい。そんな思いで陸前高田市とアディダスが2016年から開催している大会、それが陸前高田応援マラソン大会です。第1回の昨年と比べて、走れる区間が増えていることで、昨年の参加者は復興を肌で感じることができるはず。

ここではそんな陸前高田応援マラソン大会の特徴と魅力について紹介します。

陸前高田応援マラソンの特徴

sub4

種目は1.9kmのエンジョイランと3.2km、5km、10kmとありますが、3.2kmは地元の人しか出場できません。昨年の10kmは、5kmのコースを2周でしたが、復興が進んだことで1周10kmのコースを作ることができました。

速さを競い合うという楽しみ方もありますが、この大会は東北のマラソン大会には珍しく、多くの仮装ランナーが駆け抜けます。陸前高田の人たちに笑顔になってもらう。ランナーだからできる復活への支援があります。

できるだけゆっくりと時間をかけて、陸前高田の街を踏みしめる。そういう走り方をおすすめします。

sub3

背中のナンバーカードにはメッセージを書き込むことができます。多くの市民も一緒に走りますので、あの日を風化させないためにも、いま伝えたいことを言葉にして、陸前高田の人たちに伝えましょう。

その一言、その一歩が復活への道につながります。

sub2

陸前高田応援マラソン旅ランの楽しみ方

f47ea93fe20e7051546bbf2aaccd887d_s

陸前高田市はまだ復興の道半ば。観光名所などの整備までには手が回っていません。それでも訪れて欲しいおすすめのスポットがいくつかあります。ここではそんなスポットを紹介します。

黒崎仙境温泉

マラソン後は温泉ですっきりとしたいですよね。そんな人におすすめなのが黒崎仙境温泉です。海が一望できるお風呂からの眺望は、季節ごとに様々な表情を見せてくれます。

HP:http://www.kurosaki-onsen.com

たがた屋

せっかく陸前高田まで着たのですから、地元のものを購入したいですよね。そんな人におすすめなのが、BRT「奇跡の一本松」バス停のすぐ目の前にある「たがた屋」です。陸前逸品「けせんの海」など、ここでしか手に入らない美味しいものが見つかります。

HP:http://www.rikutaka.co.jp

過去大会のレポート

栗駒山の里だより
陸前高田応援マラソン 応援してきました

ReVA復興ボランティアチーム・上尾
「第1回 陸前高田応援マラソン」に参加しました。

陸前高田応援マラソンアクセス&宿泊

陸前高田応援マラソンは当日受付が可能ですが、復興支援ということを考えても陸前高田周辺への前泊がおすすめです。施設数も多く、楽天トラベルなどで宿泊施設の予約を行えます。ぜひ東北の海の幸、山の幸をお楽しみください。

陸前高田へのアクセスは、JR大船渡線で一関から1時間30分です。途中BRTに乗り換えが必要ですが、本数に限りがありますので事前にきちんと時間を調べて起きましょう。夜行バスを使えば池袋から陸前高田まで直接行くことも出来ます。

一関からの時刻表:えきから時刻表
夜行バス:国際興業バス

大会詳細情報

エントリー受付期間:2017年7月18日~2017年10月10日
エントリーサイト:スポーツエントリー / スポナビDo

陸前高田応援マラソン2017
開催日 2017年11月19日(日)
開催場所 岩手県陸前高田市
受付会場 陸前高田市米崎小学校
大会受付 2017年11月18日(土):15:00〜17:00
当日:7:50〜スタート1時間前
10km
制限時間 2時間(関門あり)
参加費 3,000円(市民:無料)
定員 なし
5km
制限時間 1時間50分
参加費 3,000円(市民:無料)
定員 なし
3.2KM
制限時間 なし
参加費 無料(参加は市民のみ)
定員 なし
エンジョイラン1.9km
制限時間 なし
参加費 1人:2,000円
2人:3,000円
3人:4,000円
4人:5,000円
市民無料
定員 なし

陸前高田応援マラソン公式サイト
http://i-sam.co.jp/rikuzentakata_oenmarathon/

スポンサーリンク

スポンサーリンク