今年は猫ひろしが参戦!「第56回愛媛マラソン」

愛媛マラソン
愛媛マラソン

2017年は川内優輝選手が出場し、2時間9分台で大会記録を52年ぶりに更新しました。沿道には川内選手を見ようと数多くの市民が集まり、例年にない盛り上がりを見せました。

そんな愛媛マラソン、今年のゲストランナーは渋井陽子と猫ひろしさんです。猫ひろしさんも人気ランナーですから、今年もまた盛り上がること間違いありません。そんな愛媛マラソンの魅力について紹介します。

愛媛マラソンの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛媛マラソンはRUNNETのマラソン大会ランキングで1位になったこともある、とても評価の高い大会です。そもそもはエリートランナーのための大会でしたが、マラソンブームに合わせて、一般の市民にも解放されました。

参加した人が口を揃えて言うのは、沿道の声援が素晴らしいということ。ほとんど途切れることのない声援や、ボランティアさんのサポートによって、42.195㎞が本当に短く感じる大会です。

そしてもう1つの魅力がエイドでのお接待です。お遍路文化が根づいている松山らしく、走った結果体重が増えている可能性があるほど、エイドが充実しています。銘菓タルトは3つのメーカーが提供し、坊ちゃん団子やポンジュースなどなど、「次はなんだろう?」とエイドを楽しみにしていると気がつけばゴールしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかもゴールしたランナーには、大会会場でたくさんのご馳走が待っています。あ高いJALのスープやおにぎりなど、走り終えてすぐに栄養補給できるのが嬉しいところです。もちろん出店もありますので、愛媛の美味しいものも食べられます。

こんなにも気持ちよく走ることができるマラソン大会がある。初めて走った人はそこにハマり、リピート参加する人も多い大会です。倍率は2.5〜3倍くらいが予想されます。簡単には当たりませんが、まだ走ったことのない人はぜひエントリーしてください。

愛媛マラソン旅ランの楽しみ方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛媛は観光地としてもちょうどいいサイズで、満足度の高い旅ランをすることができる場所です。「マラソンなしで行きたい」という人もいるほど、のんびりした空気感を気に入る人も多いようです。

ここではそんな愛媛マラソンと合わせて行っておきたいおすすめのスポットやグルメについて紹介します。

道後温泉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松山といえば道後温泉です。愛媛マラソンの参加者は無料で道後温泉本館に入浴できるチケットが配られますので、ぜひ道後温泉を堪能してください。ただし、2017年から部分改修が始まるため、2018年からは入湯できるかどうかは不明です。

とはいえ、本館以外にも日帰り入浴できる施設がいくつもあります。予算に余裕があるなら、道後温泉の温泉街に宿泊するのがおすすめです。

道後温泉物語:http://www.dogo.or.jp

松山城

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松山に観光している人でも、意外と上ったことがないのが松山城ではないでしょうか。小高い丘の上に建っている松山城まで歩いて上ると、ちょっとした運動になります。マラソン翌朝の散策におすすめです。

松山城から眺める松山の町はとても美しく、海や山に囲まれた自然豊かな地であることを実感できます。松山へはロープウェイ街からのアクセスしましょう。ロープウェイ街はオシャレなお店が並んでいますので、カフェでのんびりというのもいいかもしれません。

営業時間 9:00~17:00(2月~7月)
料金 大人510円 小学生150円
アクセス 市電「大街道」下車徒歩5分
HP http://www.matsuyamajo.jp

鯛めし

P2140006

松山で食べておきたいグルメと言えば鯛めしです。実は鯛めしには2種類あり、焼いた鯛を土鍋に載せるスタイルと、鯛のお刺身をご飯に載せるタイプがあります。どちらが好きかは好みによりますが、できればどちらも食べてもらいたいところです。

東予・中予の鯛めしというのが土鍋で、南予(宇和島)の鯛めしがお刺身だと覚えておきましょう。人気店を紹介しておきますので、ぜひ参考にしてください。

五志喜 食べログ
かどや 食べログ
鯛や 食べログ
おいでん家 食べログ

バー 露口

59b5e8cb83a555bf9a43a4f8e5d25ed0_s

ハイボールが好きだという人は必須です。日本で唯一残るサントリーバーの露口は、シンプルなハイボールをどこよりも美味しく作ってくれるバーです。サントリーの角ハイボール「濃いめ」の味はこの露口の味を再現したものです。

マラソンの打ち上げをした後に、ゆっくりと愛媛マラソンを振り返るといきたいところですが、残念ながら日曜日は定休日です。マラソン前夜の食事前に軽く一杯飲んでからなんていかがでしょう。

蛇口から出てくるみかんジュース

P2140055

「愛媛では蛇口からポンジュースが出て来る」そんな噂を聞いたことありませんか?そんな噂があると聞いた松山の人たちは、本当に蛇口からみかんジュースが出て来る装置を作ってしまいました。

松山城の本丸広場や、松山城東側にあるロープウェイ街のお店などで設置してありますので、見つけたらぜひ試してみましょう。味は…まぁ普通のみかんジュースです。

過去大会のレポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RUNNING STREET 365
日本一早いマラソンレポート「第55回愛媛マラソン」

DO?GO!愛媛
第55回愛媛マラソン総ざらい!

新・KENちゃんです!
ぼくの愛媛マラソン応援記 2017

月間走行距離なんて知りません
笑顔なき42.195kmのレポートと愛媛マラソンでの苦しみの理由

愛媛マラソンアクセス&宿泊

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛媛マラソンは当日受付もありますが、大変混雑しますので遠方からの参加の場合は、前日のうちに受付をしておきましょう。代理受付も可能ですので、飛行機の時間が間に合わないような場合は、友人などに依頼しておきましょう。

宿泊施設は松山城の南側が便利ですが、道後温泉でのんびりしたいという人は、温泉街のほうに宿を予約しましょう。楽天トラベルなどで予約できますので、早めに確保してください。

愛媛までのアクセスはLCCが格安です。関西からはピーチ、関東からはジェットスターが飛んでいます。セールなどを使えばかなり格安で移動できます。ただし、遅延などが起こりやすいので、できるだけ早い時間の便を利用しましょう。

移動時間に寝ていたいという忙しい人は、夜行バスもおすすめです。東京からでも松山行きの夜行バスが出ています。勝負レースではなく、走ることを楽しみたいという人で、移動費を抑えたい人はぜひ活用してください。

大会詳細情報

エントリー受付期間:2017年8月21日 ~2017年 9月1日
エントリーサイト:RUNNET

第56回愛媛マラソン
開催日 2018年2月8日(日)
開催場所 愛媛県松山市
受付会場 南海放送本町会館
大会受付 2月7日(土)12:00~18:00
2月8日(日)7:30~8:30
代理受付可
フルマラソン
制限時間 6時間
参加費 8640円
定員 10,000人

愛媛マラソン公式サイト
http://www.ehimemarathon.jp/

スポンサーリンク