コース変更前の最後のレース!「第8回大阪マラソン」

大阪マラソン
大阪マラソン

東京マラソンに次ぐ日本の大都市マラソンといえば大阪マラソン。最近は神戸マラソンや京都マラソンの人気も高まってきましたが、そこはやはり西日本最大の都市大阪です。ランナーなら一度は走ってみたい大会のひとつですよね。

そんな大阪マラソンは来年からコース変更が決まっています。現在のコースを走れるのはこれが最後。これまで落選続きの人も、なんとしてでも走りたいですよね。ここではそんな大阪マラソンの特徴や楽しみ方をご紹介しています。

大阪マラソンの特徴

大阪マラソンの種目はフルマラソンと8.8kmのチャレンジランです。言うまでもなくおすすめはフルマラソンです。コースはほぼフラットで、とてもタイムが出やすい設定になっています。

ただ、大阪マラソンはタイムを狙うよりも、沿道の声援やエイドも楽しみたい大会です。名物まいどエイドは、全制覇しようと思うと10分以上はロスしてしまいますし、温かい(やかましい?)沿道の声援、エイドの声援に応えていたら、タイムなんてどうでもよくなります。

大阪の大動脈とも言える御堂筋や、大阪市中央公会堂、通天閣など観光スポットも走ることができます。海外からの参加者も多く、国際色豊かな大会でもありますので、思わぬ人とつながることができる可能性もあります。

大阪マラソンはスポーツイベントですが、同時に大阪の大きなお祭りです。街全体が大阪マラソンに染まる大会です。来年のコースがどうなるかは分かりませんが、インテックス大阪がゴールなのはこれが最後です。

まだ走ったことのないランナーさんは、ラストチャンスを逃すことなく、早めに申し込みをしておきましょう。

大阪マラソンチャリティー枠の申し込み方法

大阪マラソンを7年連続落選しているというランナーさんもいると思います。連続落選者枠として3回連続落ちている3000人が優先当選できる仕組みがありますが、それでも落ち続ける人もいます。

チャリティー枠で出場したい場合は、インターネット上で自分の挑戦を掲げ、同意してくれる人に支援を募ります。寄付金の合計が7万円に達した先着600人がチャリティーランナーとして大阪マラソンを走ることができます。

自分で7万円を寄付すれば、もちろん問題なく大阪マラソンを走ることができます。でもチャリティーの本質を考えて、仲間や家族に寄付を呼びかけるようにしてくださいね。

寄付金はエントリー時に選択した団体に送られます。こちらのエントリーも通常エントリーと同じく2018年4月6日10時から。現行コースはこれが最後、どうしても大阪マラソンを走りたいという人は、チャリティーでの参加も検討してください。

大阪マラソン旅ランの楽しみ方

大阪マラソンは走るだけでなく、大阪観光もしっかり楽しみたいところです。ただ、大阪の観光スポットって意外と少なかったりします。

大阪城
道頓堀
USJ
通天閣…

行く場所が限られているので、結局はグルメ中心になりますが、レース前後はそれほど食べないという人もいますよね。そんな人のために、とっておきのスポットを2つご紹介します。

大阪マラソンが11月下旬になったことで、ちょうど大阪の山は紅葉の季節になっています。せっかくですから大阪を代表する紅葉スポットに足を伸ばしてみてはいかがでしょう?

星田園地(交野市)

星田園地は高さ50mもある大吊り橋「星のブランコ」があり、周囲360度を紅葉に囲まれるという関西でも有数の紅葉スポットです。最寄りの京阪電気鉄道交野線私市駅から徒歩40分ですので、マラソン翌日のリカバリーにおすすめです。

住所大阪府交野市大字星田地内
開園時間星のブランコ:9時30分~16時30分
定休日火曜(祝の場合は翌日)
※4月・5月・10月・11月は無休
料金無料
アクセス京阪電気鉄道交野線私市駅から徒歩40分

箕面公園(箕面市)

大阪で紅葉といえば「箕面の滝」です。国定公園内にある高さ33メートルの箕面大滝が紅葉の美しさを引き立ててくれます。遊歩道は整備されていますので、ゆっくり歩けばそれほど疲労はありません。名物「もみじの天ぷら」は必食です!

住所大阪府箕面市箕面公園
開園時間入園自由
定休日入園自由
料金入園自由
アクセス阪急箕面線箕面駅
箕面公園入口:徒歩10分
大滝:徒歩40~50分

過去大会のレポート

朝ごぱんラン
な、な、7回目の大阪マラソン

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?
圧巻!大阪マラソン「まいどエイド」に、たったひとつの要望が…。

旅ブログ
大阪マラソン2018完走レポ。2年連続完走しました!【大会編】

マイネ王
大阪マラソン2017の様子をレポート! | スタッフブログ

大阪マラソンアクセス&宿泊

大阪マラソンは前日もしくは前々日受付が必要な大会ですので、遠方からの参加の場合は、早めにホテルを予約しておきましょう。スタート会場である大阪城公園まで徒歩で行ける範囲が便利ですが、電車の数は多いのでそれほどこだわる必要はありません。

むしろゴール後のアクセスのいい地下鉄中央線駅近のホテル、繁華街近くのホテルがおすすめです。条件のホテルなどは早めに埋まりますので、大会参加を決めたら楽天トラベルなどを使って宿の予約をしておきましょう。

大阪ですのでアクセス方法はいくつもあります。LCCが関西国際空港に飛んでいますが、関西国際空港は思ったよりも遠くにありますので、新幹線のほうが便利というケースもありますので、価格と移動時間の短さを考えて選びましょう。

少しでも安く大阪に行きたいのであれば夜行バスがおすすめです。金曜日の夜に仕事を終えてそのまま夜行バスで大阪入りすれば、前日も1日観光を楽しむことができます。戻りもレース後の打ち上げを楽しんだ後にバスで戻ることも可能です。

記録狙いではなく、大阪マラソンを楽しく走りたい。でも会社は休めそうにないという人は夜行バスがおすすめです。

大会詳細情報

エントリー受付期間:2018年4月6日(金)〜5月11日(金)17時
エントリーサイト:大阪マラソン公式サイト

第8回大阪マラソン
開催日2018年11月25日(日)
開催場所大阪府大阪市
大会受付11月23日(金・祝)
11月24日(土)
11:00〜19:30
※代理受付不可
受付会場インテックス大阪
スタート大阪城公園前

フルマラソン
参加資格2000年4月1日以前生まれ
制限時間7時間
参加費10,800円
定員30,000人

チャレンジラン(8.8km)
参加資格2003年4月1日以前生まれ
制限時間1時間50分
参加費5,400円
定員2,000人

大阪マラソン公式サイト
http://www.osaka-marathon.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク