島根を走れるフルマラソン「国宝松江城マラソン2018」

国宝松江城マラソン
国宝松江城マラソン

今年が初開催となる国宝松江城マラソン。多くのランナーが待ち望んだ島根でのフルマラソンです。ここでは国宝松江城マラソンの魅力と、旅ランとしてどう楽しめばいいのかをご紹介します。

国宝松江城マラソンの特徴

国宝松江城マラソンの種目はフルマラソンのみです。10km過ぎと33km以降にアップダウンがありますが、それ以外は比較的フラットで走りやすいコース設定になっています。後半までしっかり足を残しておけば自己ベスト更新も狙えます。

例年の気温は最低気温が3℃前後、最高気温が14℃くらいまで上がりますが、2年前は雪で最高気温が5.8℃でした。12月ですので雪が降ることも想定して準備をしてください。また走り出してから気温が上がりますので、体温調整しやすいウェアがおすすめです。

第1回ということもあり、いろいろと想定外のトラブルもあるかと思います。すべてがうまくいくということはありませんので、ある程度気持ちに余裕を持っておくと「第1回だしね」とイライラしないでいられます。

松江は観光地としても魅力的な場所ですので、できれば前後泊でゆっくり過ごしましょう。少し先には出雲大社があり、冬の味覚もいっぱいありますので走ってすぐに帰るのはもったいない。シリアスランナーもぜひ旅ランを楽しみましょう。

国宝松江城マラソン旅ランの楽しみ方

松江といっても、どこにあるのかいまいちピンと来ないというランナーさんもいますよね。松江は島根県でも鳥取県側にある街で、東に米子、西に出雲大社があります。宍道湖七珍と呼ばれる名物もあり、冬の日本海で獲れた魚介類も楽しめます。

ここではそんな松江観光で訪れておきたいスポットと、食べておくべきグルメについてご紹介します。

出雲大社

縁結びの神様として知られる大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)をまつる神社で、日本でも有数のパワースポットとしても人気があります。松江からは一畑電車北松江線で簡単に行けますので、必ず訪れておきたい場所のひとつです。

アクセス
松江しんじ湖温泉駅から約1時間5分

公式HP
http://www.izumooyashiro.or.jp

松江城

国宝松江城マラソンですから、松江城に行かないという選択肢はありませんよね。その美しい天守閣は必見です。先にお城の東にある松江歴史館を訪れておくとその歴史をより深く感じることができます。

アクセス
JR山陰本線「松江駅」からレイクラインバス10分、松江城「大手前」下車

公式HP
https://www.matsue-castle.jp

黄泉比良坂

死者の世界と繋がっていると言われている黄泉比良坂。古事記や日本書紀に記されたその場所は、実は今でもちゃんと存在します。心霊写真がよく撮れるということでも知られているスポット。せっかくなら訪れてみてはいかがでしょう?

アクセス
JR山陰本線「揖屋駅」から徒歩30分
島根県松江市 東出雲町揖屋2407(MAP

鯛めし

松江は山陰随一の美食の街です。その美食の街で絶対に食べておきたいのが鯛めしです。一般的な鯛めしとは違い、鯛のそぼろをご飯にのせ、だし汁をかけていただきます。

鯛めしをいただけるお店はいくつかありますが、懐事情が許すなら庭園茶寮みな美のランチの鯛めし御膳「福」は2310円がおすすめです(実は東京でもいただけるのですが)。

庭園茶寮みな美
アクセス:松江しんじ湖温泉駅から徒歩約15分
営業時間:11:30~15:00(ランチ)
定休日:無休
食べログ

出雲そば

出雲大社に行ったなら、やっぱり食べておきたいのが出雲そばです。そばの実を皮ごと製粉するためとても香りがいいのが特徴です。日本三大そばのひとつですので、必ず食べておきたい1品です。

出雲までは行けないという人のために、松江で食べられる出雲そばの名店がご紹介されているサイトもリンクしておきます。

出雲そばのソムリエが通う出雲そば店 出雲・奥出雲編
出雲そばのソムリエが通う出雲そば店 松江編

松葉ガニ

12月の松江に行ったら松葉ガニは外せません。この時期にしか食べることのできない味ですので、お値段はそこそこしますがやっぱり食べておくべきでしょう。リーズナブルにいただきたい場合は、専門店よりも居酒屋がおすすめです。

icotto|甘い身にノックアウト!松江で松葉ガニを楽しもう♪地元っ子おすすめ7店

宍道湖七珍

宍道湖七珍は「しんじこしっちん」と読みます。宍道湖で獲れる代表的な7種の魚介類のことで、それぞれを楽しむこともできますが、居酒屋などでは宍道湖七珍すべてを味わえるセットメニューなども用意されています。

せっかくならいろいろなお店をはしごして、帰路につくまでに7種類制覇したいところです。

・スズキ
・モロゲエビ(ヨシエビ)
・ウナギ
・アマサギ(ワカサギ)
・シラウオ
・コイ
・シジミ(ヤマトシジミ)

旅ぐるたび松江の名店「川京」で「宍道湖七珍」を食す!

松江おどん&おでん

松葉カニも宍道湖七珍もいいのですが、もう少しお安く地元の名物を楽しみたいという人は、松江おどん&おでんがおすすめです。松江はおでんが名物で、その進化系がうどんとおでんを混ぜた「おどん」です。

マラソン前日のカーボローディングにぴったりの1品ですので、ぜひお昼やシメの1杯に食べておきましょう。もちろん出汁のきいたおでんもおすすめですよ。

松江商工会議所青年部|「おどん」とは

国宝松江城マラソンアクセス&宿泊

国宝松江城マラソンは前日受付がありますが、当日朝も受付をしていますので、遠方からの参加でも、当日朝に夜行バスで松江入りも可能です。ただし、何があるか分かりませんので、前日受付をおすすめします。

松江までのアクセスは、出雲縁結び空港もしくは米子鬼太郎空港の両方が利用できます。

出雲縁結び空港
●東京(羽田)     【JAL】1日6便(約90分)
●名古屋(小牧)【FDA】1日1便(約60分)
●大阪  (伊丹)          【JAC】1日6便(約60分)
●福岡         【JAC】1日2便(約70分)
●隠岐         【JAC】1日1便(約30分)

米子鬼太郎空港
●東京(羽田)     【ANA】1日5便(約80分)

交通費を少しでも安くしたい場合は夜行バスもおすすめです。乗車券の発売は約3ヶ月前からですので、9月になったら申し込みしましょう。ただし、関東からですと飛行機とそれほど値段は変わりません。12時間近くかかりますので、飛行機がおすすめです。

また宿泊は松江駅北側が便利ですが、旅行会社が抑えているため空きがほとんどありません。国宝松江城マラソンのホームページ経由で宿泊予約をするか、米子周辺のホテルを楽天トラベルなどで予約しましょう。

米子から松江までは電車で30分です。本数も1時間に2〜3本ありますので、寝坊さえしなければスタート時間(8時45分)に間に合います。

大会詳細情報


エントリー受付期間:2018年7月1日~2018年10月12日20:00
エントリーサイト:RUNNET
参加者決定方法:先着

国宝松江城マラソン2018
開催日2018年12月2日(日)
スタート時間フルマラソン:8:25
開催場所島根県松江市
大会受付前日:13:00~18:00
当日:6:30~8:00
受付会場松江市総合体育館
大会会場松江市総合体育館

フルマラソン
参加資格18歳以上
制限時間6時間
参加費9,000円
定員5,000人

国宝松江城マラソン公式サイト
https://www.matsuejo-marathon.jp

スポンサーリンク