楽しさを競おう。「箱根ランフェス2017」5月開催決定!

箱根ランフェス
箱根ランフェス

箱根は温泉があってのんびりするのに最適な観光地というイメージが強いかもしれませんが、最近はランナーをよく見かける場所のひとつです。とくに夏場は平地よりも10℃近く気温が低いこともあり、しかもランニングに適したコースがいくつもあります。

そんな箱根では「箱根ランプロジェクト」を推進して、年間を通じて箱根でランニングを楽しむことができるようなイベントを開催することが決まりました。

その第一弾が5月20日21日に開催される「箱根ランフェス2017」です。キャッチコピーは「楽しさを競おう。」ということで、速く走ることだけでなく、どれだけ楽しんだかを競い合うこれまでにないランイベントが開催されます。

箱根ランフェス2017開催イベント

sub1

箱根ランフェスでは大きく分けて3種類のコンテンツが用意されています。

富士ビューラン

sub7

富士ビューランでは芦ノ湖スカイラインを利用したハーフマラソンと、7.5kmの三国峠ランが開催されます。芦ノ湖スカイラインはその展望のすばらしさが特徴のロードですので、天気が良ければ走りながら富士山と芦ノ湖を眺めることができます。

早朝スタートを予定していますが、宿泊施設などの斡旋もありきちんと送迎もしてもらえますので、車を持っていないからと遠慮する必要もありません。都会では味わうことの出来ない、5月の涼しくて気持ちいい空気の中を駆け抜けましょう。

スポーツコンテンツ

sub11

スポーツコンテンツも盛り沢山です。最近話題のノルディックウォーキングからランニングまで、それぞれの体力に合わせたイベントが揃っています。

・ノルディックウォーキング
・キッズラン
・3時間リレーマラソン
・ランニング講習会/トレイルランニング講習会
・オリエンテーリング

いずれも箱根の大自然を満喫できるようなコース設定になっていますので、走ることや体を動かすことの楽しさを思い出して、子どもの頃の自分に戻ることができるはずです。

エンターテインメント

sub9

箱根ランフェスでせっかく芦ノ湖まで来たのですから走ったり歩いたりするだけではもったいないですよね。大自然のなかで美味しいもの食べたい。そんな要望に対して地元の物産が味わえる飲食コーナーやBBQエリアなどを用意しています。

家族や仲間で参加すれば、お互いの距離がもっと近くになること間違いありません。芦ノ湖にはキャンプ場もありますので、温泉だけではない箱根の魅力を楽しみましょう。

箱根ランフェス2017概要

main

大会名 箱根ランフェス2017
開催日程 2017年5月20日(土)~21日(日)
コンテンツ 「富士ビューラン」に加え複合的に各種ランニングコンテンツを展開
主催 箱根ランフェス実行委員会

公式サイトURL:http://hakone-runfes.com

富士ビューランではプレエントリーを開始しています。プレエントリーをしておくと出走権の確約や、近隣の駐車場の確保などの特典がありますので、興味がある人はぜひプレエントリーをしておきましょう。

プレエントリー期間:2016年12月27日〜2017年1月20日まで
正式エントリー開始:2017年1月27日

富士ビューランエントリー料金参考

種目 駐車場 エントリー費
ハーフ × 6,000円(宿泊費別途必要)
ハーフ 9,000円(駐車場利用料2,000円+ゼッケン事前配送料 1,000円)
三国峠ラン × 4,000円(宿泊費別途必要)
三国峠ラン 7,000円(駐車場利用料2,000円+ゼッケン事前配送料 1,000円)

スポンサーリンク

スポンサーリンク