Tabioレーシングラン足袋ソックス購入レポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5本指ソックスを愛用していたのですが、5本指ソックスを履くと体の機能をフルに使い切れないというレポート「5本指ソックスを愛用しているランナーさん、ちょっと試してみて!」を個人ブログで書いたのもあり、ランニングでは5本指ソックスを履かなくなりました。

ところが新年早々に大阪から伊勢までの170kmの伊勢参りをすることになり、どうせならと埼玉国際マラソンで使ったサンダルFLOPEEZEの耐久試験も兼ねることになりました。ただし季節は冬、とても裸足では履けません。

というわけで探し求めた足袋スタイルのランニングソックス。都内のスポーツショップを巡っても最近の流れは完全に5本指ソックスです。デサントが足袋スタイルのソックスも出していましたが、冬ということでハイソックスしか置いていません。

そういえばと思いだして向かったのは新宿の「靴下屋」、タビオがプロデュースする靴下専門店です。メインはレディース用のソックスで、ちょっとおしゃれでいい感じの靴下屋さんです。

そんなお店ですがTabioはランニングソックスの販売もしているのです。メインは5本指ソックスですが、足袋スタイルのソックスもあります。向かった新宿エース店にも店の奥側ですがちゃんと置いてあります。

お目当ては「Tabioレーシングラン足袋ソックス」

伊勢参りは3日間の旅なので赤と白の2足購入です。本当はオレンジが欲しかったのですが、お店にはオレンジ色がないのだとか。

IMG_2663

履いてみた感じですが、まったく違和感がありません。アーチにサポートが入りすぎているソックスは足裏が痛くなったりするのですが、軽く入ったサポートが邪魔することなくしっかり足を包み込んでくれます。

親指だけ分かれているのも走るときに「親指はブレーキ、その他の指がアクセル」という感覚が明確になるので疲れてきて走りが乱れたときにフォームを整えやすくなります。

正月とは思えない15℃を超える気温でかなり汗もかいたのに足がムレる感覚もありません。途中サンダルからランニングシューズに履き替えても快適さは変わらず。最大で1日80km走った後も「脱ぎたくなる」衝動はありません。

そんなランニングソックスこれまでに出会ったことありません。

Made in Japanの素晴らしさですね。このTabioレーシングラン足袋ソックスは爆発的な人気になってもおかしくないランニングソックスです。ソックスと考えると1足1,728円と少し高いのですが、機能性の高いランニングソックスの標準的な値段です。

ランニングソックスはこれからずっとTabioレーシングラン足袋ソックスにしたくなるぐらい快適な履き心地です。正直あまり期待していなかったのですが、もっと期待してもお釣りが来るぐらいの高評価でした。

5本指ソックスがあまり好きではないけど足の指の感覚を大切にしたいランナーさん、Tabioレーシングラン足袋ソックスおすすめです。

Tabioレーシングラン足袋ソックスを扱っているお店は全国の「靴下屋」とネットショップでも購入可能なのでぜひ試してみてください。

靴下屋 タイツレギンスTabio
amazon (Tabio)レーシングラン足袋ソックス
Tabio公式サイト:http://www.tabio.com

スポンサーリンク