GARMIN ForeAthlete GPSトレーニングウォッチの選び方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランニング用のGPSウォッチはいくつも発売されていますが、その中でも人気の高いメーカーがGARMIN(ガーミン)です。ラン仲間が使っているのを見て「次はガーミンにしよう」と決めているランナーさんも多いかと思います。

でも店舗に行って、ラインナップの多さにどれを選ぶべきか悩んで結局購入できない。そういう人も多いようです。ここではそんな人のために、GARMINのGPSトレーニングウォッチForeAthleteの選び方を紹介します。

ForeAthleteラインナップ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ForeAthleteには現在9種類のラインナップがあります。これだけあると、本当にどれを選んでいいのか分かりませんよね。現在購入できる型式は次のようになっています。

ForeAthlete 935
ForeAthlete 920XTJ
ForeAthlete 735XTJ
ForeAthlete 630J
ForeAthlete 235J
ForeAthlete 230J
ForeAthlete 220J
ForeAthlete 35J
ForeAthlete 10J

型遅れモデルは選ばない

初心者からウルトラマラソンを走るようなランナーまで、幅広いラインナップで対応しているため、これだけの数があるのですが、このうち下記の3種類は型遅れに近い状態で、あえて選ぶ理由はありません。

ForeAthlete 920XTJ
ForeAthlete 735XTJ
ForeAthlete 630J
ForeAthlete 230J
ForeAthlete 220J

型遅れになっているため、かなり格安で入手できることもありますが、ほぼ間違いなく後から他のモデルを欲しくなります。心拍数測定も胸ベルトが必要ですので、どうしてもというこだわりがない限り、これらを選ぶ理由はありません。

ForeAthlete 220JやForeAthlete を購入するなら価格は高めですが235Jがおすすめです。価格は高めですが、現在主流は腕で心拍数を計測するモデルです。これを抑えておかなければ、後から新しいモデルを欲しくなってしまいます。

ForeAthlete 735XTJもForeAthlete 935が発売になったことで、存在意義が薄れてしまったモデルです。ForeAthlete 935よりは8,000円安いのですが、ランニングダイナミクスポッドの価格差ですので、機能面を考えるとこちらを選ぶ理由はありません。

ForeAthlete 10Jは1年で買い換えることになる

おすすめしないとは言えないのですがForeAthlete 10Jも、フルマラソンを走ろうというランナーには不向きなGPSウォッチです。このモデルは初心者向けなので、心拍数の測定ができません。さらに電池の持ちも5時間です。

ForeAthlete 10Jを使うような人は、フルマラソンでも5時間以上かかることが多いはずですので、フルマラソンの途中で電池が切れてしまいます。このため、ForeAthlete 10Jは日常のランニングの管理をする程度にしか向いていません。

やや軽量ですが、これよりも軽いモデルもありますので、とにかく安くて短い時間のGPS測定ができればいいという人向けの商品だと考えてください。これを購入すると、おそらく1年後には違うモデルを購入しているはずです。こちらも選択肢から外してしまいましょう。

いま買うべきGARMINのGPSウォッチ

以上のことから、これからGARMINのGPSウォッチを購入する場合には、次の3種類から選ぶことをおすすめします。

ForeAthlete 935
ForeAthlete 235J
ForeAthlete 35J

この中からどうやって選ぶのかについて、次に詳しく説明します。

一般ランナーはForeAthlete 235JかForeAthlete 35J

どのGPSウォッチを購入していいのか分からないというくらいのランナーでしたら、選択肢として挙げたいのが次の2つです。

ForeAthlete 235J
ForeAthlete 35J

基本機能はほとんど同じです。ただし、ちょっとした違いもありますので、それぞれのスペックについて見てきましょう。

ForeAthlete 235Jスペック

価格 36,800円(税別)
液晶 カラー
稼働時間 11時間
重さ 42g
光学式心拍計 あり

【ポイント3倍】★楽天ランキング受賞★フォアアスリート235J(ForeAthlete235J)37176H 37176J 37176K【日本語版★正規品★1年保証】【送料・代引手数料無料】GPS専門店◎NEWファームウェア出荷GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

ForeAthlete 35Jスペック

価格 24,800円(税別)
液晶 モノクロ
稼働時間 13時間
重さ 37.3g
光学式心拍計 あり

★ポイント3倍★フォアアスリート35J(ForeAthlete35J)【日本正規品★1年保証】168938 168939 168940 168941【送料・代引手数料無料】フォアアスリート 35J (ForeAthlete 35J)GPS専門店◎NEWファームウェア出荷GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

どちらを選べばいい?

価格が安くて長時間稼働するのがForeAthlete 35Jです。これからウルトラマラソンも走ろうというランナーさんはこちらのほうがおすすめです。ただし、対応しているGPSの数が少ないため、ビル群などではGPSの捕捉に時間がかかりやすいというデメリットもあります。

人気で言えば圧倒的にForeAthlete 235Jです。デザイン性の高さからこちらを選ぶ人がかなり多いのですが、逆に言えばそれくらいしかメリットはありません。とはいえ、ランニングギアはモチベーションを高めるためのアイテムでもあります。デザインが気に入ったのであれば、ForeAthlete 235Jを選びましょう。

ただし、11時間しか稼働しませんのでウルトラマラソンには不向きです。もちろん11時間以内に完走してしまえばいいのですが。

最高品質を求めるならForeAthlete 935

どんなものでも最高の商品を手にしたい。そういう人に向いているのがForeAthlete 935です。これは現在のGARMINの持つ最高の技術を集めたフラグシップ機です。正直なところ、これを使いこなせている市民ランナーはかなり少数派です。

趣味で走っているランナーにはオーバースペックですが、反対にこの機能をすべて使いこなしてトレーニングを行えば、かなりのレベルアップが期待できます。トライアスロンにも対応していますし、稼働時間も21時間とかなり高めです。

本気で走ることと向き合いたいというシリアスなランナーに最適なモデルですので、サブスリーやそれ以上の記録を目指すランナーさんは、清水の舞台から飛び降りる気持ちで、購入してはいかがでしょう。

ForeAthlete 935スペック

価格 57,800円(税別)
液晶 カラー
稼働時間 21時間
重さ 49g
光学式心拍計 あり

【ポイント3倍】フォアアスリート935(ForeAthlete935)【正規品・1年保証】GPS専門店◎最新ファームウェア出荷【送料・代引手数料無料】フォアアスリート 935 (ForeAthlete 935)GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

スポンサーリンク