最高のコンディションでレースに挑む「ボディメンテ」

しっかり練習をしてきたのに、マラソン当日になると微熱があって体調がイマイチ。ランナーあるあるのひとつですよね。でも、年に1〜2レースの人にしてみれば笑い事ではありません。

そもそもマラソン当日に体調が崩れるのには、ちゃんと理由があります。ひとつのレースに向けてしっかりと体を作っていくと、自然と体脂肪が減っていき、体の免疫力が下がります。

気持ちが張っているときはまだいいのですが、ちょっとした気の緩みで簡単に風邪を引いてしまう状態なのです。ですので、マラソン1ヶ月前くらいからは電車に乗るにしてもマスク着用くらいしておきたいくらい、不安定な状態になります。

これがマラソン大会の前日くらいになると、緊張感や不安も入り交じることで、体が過剰反応をして風邪を引いてしまいます。

せっかくのレースですから、万全の体調でレースに挑みたい。そういう人のためのコンディショニング栄養食として発売されたのが、大塚製薬の「ボディメンテ」です。

トップアスリートがレース直前に何をするかというと、それは付け焼き刃の練習ではなく、最高のコンディションを作り出すということです。レース前日に居ても立ってもいられなくなって、10kmも走ったのでは最高のコンディションは作れません。

厳しい練習は日々行い、レース前はそれを発揮するためのコンディションづくりに専念します。最終的にレースの結果はコンディショニングで決まるとも言われているくらい、重要だということは、市民ランナーにまではまだ浸透していません。

コンディショニングと言っても、何をしていいのかわかりませんよね。

ボディメンテは、そんな市民ランナーでも手軽にコンディショニングができるように作られた商品です。最高のコンディションを作り出すために3つの成分が入っています。

乳酸菌B240:20億個
BCAA+アルギニン:2500mg
ホエイタンパク:7.5g

これがボディメンテのメインとなる栄養成分です。乳酸菌B240はランナーの体調を整える効果があると言われています。詳しい説明は省きますが、これにより体内の免疫力が上がり、風邪をひきにくくします。

BCAAとアルギニンはアミノ酸の一種です。体をリカバリーするための役割があります。これらのアミノ酸を摂取することで、強度の高い練習をした翌日も、同じように走り込むことができるようになります。

ホエイタンパクは牛乳から作られるたんぱく質で、吸収スピードの早さに特徴があります。すぐに吸収され筋肉の材料となりますので、体づくりの基本となる栄養成分のひとつです。

ちなみにボディメンテは日本アンチ・ドーピング気候の認定を取得していますので、本格的なアスリートでも使うことができます。実際に箱根駅伝での活躍が期待される神奈川大学駅伝部でも選手のサポートに使われ、その効果を実感できているとのこと。

1個の価格は300円くらいしますので、決して安くはありません。でも最近は菓子パンが1個150円くらいすることを考えれば、間食をボディメンテに替えればそれほど痛手にはなりませんよね。

ホエイタンパクが入っているため、どうしてもプロテインのような粉っぽさは否めませんが、決して美味しくないわけではありません。ヨーグルト風味とありますが、パイナップル果汁の風味が強く、とても飲みやすいゼリーです。

1年にたくさんのレースに出るわけではない人、「ここでは絶対に結果を出したい」という人は、ぜひ試してみましょう。

大塚製薬の直販ならお試しの6パックから購入が可能で、amazonでは1ヶ月分の30パックでの購入できます。レースに使うなら1ヶ月分の購入がおすすめです。

もちろんレースのためのコンディショニングだけでなく、例えばお子さんの受験前のコンディショニングにも活用できます。試験も最高のコンディションで挑めば、自分の力を発揮できます。「ここだけは外したくない」そんなときに大塚製薬のボディメンテ、おすすめです。

ボディメンテ商品情報

栄養成分表示(1袋100gあたり)

エネルギー 90kcal
タンパク質 10g
脂質 0g
炭水化物 13g
食塩相当量 0.11g
ビタミンB6 5mg
ビタミンD 10μg
アミノ酸 2500mg
クエン酸 1250g
乳酸菌B240 20億個

お試し(100g×6袋):1,944円
1ヶ月分(100g×30袋):9,720円

購入:オオツカ・プラスワン

追記

名古屋のにあるランニングサポートステーションのRun upでは、1個からでも購入できるという情報をいただきました。名古屋周辺のランナーさんは、ぜひまずは1個試してみませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク