羊の皮をかぶった狼?ニューバランス「FRESH FOAM BEACON」

ニューバランスのランニングシューズといえば、HANZOシリーズが注目されていますが、HANZOはトップアスリートのためのレースシューズという位置づけになっています。このため、これからランニングを始めますという人には、あまり適していません。

トップランナーが履くにしても、ジョグなどで履くには負荷が高く、リカバリー用途としてHANZOは不向きです。そこでニューバランスがラインナップしたのが、「FRESH FOAM BEACON」です。

「FRESH FOAM BEACON」はすでに、トップアスリートから初心者まで幅広く使われているランニングシューズですが、2019年の秋冬モデルとしてバージョンアップして再登場します。

ここではそんなFRESH FOAM BEACONの魅力について、ご紹介していきます。

柔らかく安定性の高いFRESH FOAM採用

FRESH FOAM BEACONの特徴として挙げられるのが、ニューバランス独自開発のミッドソール「FRESH FOAM」を採用していることです。クッション性の高さと安定性をアピールしていますが、反発性も兼ね備えたソール材です。

このFRESH FOAMも今回のモデルではバージョンアップしており、「GROUND CONTACT FRESH FOAM」を採用したことで、ソールのゴム部品の面積を極限まで減らすことに成功し、これまで以上の厚みを持たせつつも、重くならないようにデザインされています。

厚みがあるということは、それだけ反発力もアップします。そしてフラットなソール形状からも分かりますように、しっかりと体重を受けてくれますので、膝のケガをするリスクも下がることが期待できます。

FRESH FOAM BEACONの特徴

実際に履いたわけではありませんので、正しく評価することはできませんが、ソール形状とニューバランスの思想から考えると、おそらくミッドフットで足裏全体で着地するタイプのランニングシューズです。

ただし、ソールのラバーパーツが前足部に付いていますので、ほぼフラットにしつつも拇指球周辺からの着地が理想かもしれません。フラット気味に着地して、少し接地時間を長くすると、地面からより大きな力をもらえるはずです。

・軽量
・安定性
・クッション性

FRESH FOAM BEACONはこの3つを兼ね備えており、さらにフィット感も高いということで、ジョギングシューズ、初心者向けシューズという位置づけとしてラインナップされていますが、実はかなり走れるシューズでもあります。

軽量ということもあり、おそらくサブ3くらいのレベルまでは対応できるポテンシャルがあります。でも、フルマラソンを6時間かけて走るようなランナーでも履くことができるというのも、多くな特徴のひとつです。

サブ3ならHANZOだと思うかもしれませんが、HANZO Sはフルマラソンというよりはハーフマラソンくらいまでのレース向きで、HANZO Rでも2時間30分以内というのが適正になります。

サブ3を狙うレベルなら、キロ4分16秒ですので実はFRESH FOAM BEACONで十分に対応できます。

この夏にしっかり走り込みをしたいと考えているのであれば、FRESH FOAM BEACONも検討してみてはいかがでしょう。そして、感触が良ければそのままレース用に使うか買い増しをするかしてみましょう。

FRESH FOAM BEACONは、まさに羊の皮をかぶった狼のようなランニングシューズです。一見するとファンラン向けに見えるのに、サブ3まで狙えるポテンシャルがある1足。それでいて、走るのが楽しくなるというおまけ付き。

2019-2020シーズン、かなり期待していいランニングシューズです。

FRESH FOAM BEACON商品概要

MEN’S
WOMEN’S
カラーMEN'S:BLUE / BLACK / GRAY
WOMEN'S:WINE RED / BLACK
サイズMEN'S:D,2E/25.0-29.0cm
WOMEN'S:B,D/ 22.0-25.5cm
価格11,000円(税抜)