キャップを外さずに給水できる!ペットボトルキャップ登場

main

夏のランニングに、ペットボトルのドリンクを使っているランナーさん多いのではないでしょうか。ウルトラマラソンでも、ボトルの代わりにペットボトルを持って走っている人がたくさんいますが、いちいちキャップを開けるの面倒ですよね?

それが面倒で、ペットボトルを持たずに走っているという人もいるかもしれません。

そんなランナーさんのためと言うわけではないんですが、キャップを外さなくても給水できるアイテムが7月12日に発売されます。ランナーさんにぜひ使ってもらいたいと感じたので、ここでそのアイテムを紹介します。

そのアイテムは「バルブキャップ」で、ドイツ生まれのアイデア商品です。

sub1

通常の状態ではバルブが閉じているため、ペットボトルの中に入っている液体が漏れることはありません。飲み方は簡単で、ヴィダーinゼリーのようにボトルを外から押して圧力をかけるか、口で吸えば液体が出てくる仕組みになっています。

きちんと洗えば何度も使えますし、壊れたら新しいのに取り替えるだけでOKです。5個入りで850円+税ですので、1個200円しない計算です。1回の使い捨てですとかなり割高ですが、何度も使えるならそんなに高くもないですよね。

夏場の練習や軽めのトレランなどで、かなり便利に使うことができるアイテムです。トレランにペットボトルでドリンクを持っていって、キャップを紛失してしまって困った経験のある人、これならキャップをなくすことありませんよ。

輸入販売をしているミネルジャパン運営のネットショップ「nandemo coremo(なんでもこれも)」で購入することができますので、気になる人はぜひお試しにひとつ購入してみてはいかがでしょう。

商品概要

sub4

商品名 バルブキャップ
素材 ポリエチレン(本体)、シリコンゴム(バルブ)
入数 5個
小売価格 850円+消費税
製造国 ドイツ

販売サイト:nandemo coremo(なんでもこれも)

スポンサーリンク

スポンサーリンク