日本の自然保護を支援!「日本山岳遺産基金 × ヴィブラムジャパン 登山道整備プロジェクト」

日本の自然保護を支援!「日本山岳遺産基金 × ヴィブラムジャパン 登山道整備プロジェクト」

5本指シューズ「ヴィブラムファイブフィンガーズ」やアウトドアシューズのソール材でおなじみのヴィブラムの日本法人ヴィブラムジャパンが山岳環境保全活動の一環として、日本山岳遺産基金に助成し、「日本山岳遺産基金 × ヴィブラムジャパン 登山道整備プロジェクト」を立ち上げました。

このプロジェクトで助成先団体を募集していましたが、日本山岳遺産基金と審査・協議の結果、「北アルプス飛騨側登山道等維持連絡協議会(岐阜県高山市)」「西川山岳会(山形県西村山郡西川町)」への支援を行うことが決まりました。

日本山岳遺産基金 × ヴィブラムジャパン登山道整備プロジェクト

ヴィブラムではアウトドアシューズのアウトソールを手掛けていますが、それらのニーズがあるのは安全に歩ける登山道が整備されているからであり、日本の登山道を整備し、美しい自然・山を残していくことで、山に興味を持ち楽しんでくださる方々がこの先何世代にもわたって増え、ブランドが持続可能になると考えています。

それを実現するためにプロジェクトが発足しました。国内で登山道整備を行っている団体に対して登山道の整備に関わる経費(資材・物品購入費、輸送運搬費、広報費など)を助成金として拠出。そのための募集と選考が行われ、2021年度の助成対象が下記に決まりました。

  • 北アルプス飛騨側登山道等維持連絡協議会(岐阜県高山市)
  • 西川山岳会(山形県西村山郡西川町)

それぞれの活動を簡単にご紹介します。

北アルプス飛騨側登山道等維持連絡協議会(岐阜県高山市)

登山者が安全で快適な登山が出来るよう、北アルプス飛騨側登山道の草刈りや簡易な補修などの維持整備を継続的に行っています。

【整備を行う山の状況】
2020年4月からの群発地震や7月の豪雨災害により、飛騨山脈(北アルプス)への登山道各所で大きな被害を受け、特に岐阜県側から奥穂高岳へ向かう白出沢ルートは200~500mにわたり登山道が崩落。現在も通行不能となっています。

西川山岳会(山形県西村山郡西川町)

1961(昭和36)年に結成され、主に朝日連峰、月山周辺域の山小屋管理や登山道整備、植生保護と復元に取り組んでいます。また環境省や関係団体とも連携を密に活動しています。

【整備を行う山の状況】
朝日連峰 出谷川~以東岳ルート 天狗小屋からオツボ峰に至るルートは580m急降し、970m登る東北地方最大のギャップをもつ。朝日連峰には登山口が多くあり、有名ルートの整備は行き届いている一方、登山者の少ないルートについては山岳関係者のボランティア以外整備の方策が無いのが現状。


どのスポーツブランドも製品を製造・販売するだけでなく、このような活動を積極的に行っています。普段はあまり知ることのない地道な活動ですが、私たちがアイテムを購入して、その売上げの一部がこうして、環境保護や歩きやすい登山道整備に使われているということを頭の片隅に置いておいてください。

自分が愛用しているブランドがどのような活動をしているのか調べてみるのもいいですね。きっとそのブランドのことをもっと好きになるはずです。

NEWSカテゴリの最新記事