長崎平和マラソン大会情報

長崎平和マラソン大会情報

長崎平和マラソン

待望の長崎でのマラソンが2020年に始まります。これまで長崎のフルマラソンというと五島列島まで行く必要がありましたが、ようやく長崎市の市街地を走る都市型マラソンが誕生しました。

日本を代表する観光地の長崎ですが、なかなか訪れない場所のひとつですよね。そこで、ここでは長崎平和マラソンについてご紹介しつつ、旅ランとして楽しめるように、大会だけでなく長崎の情報も合わせてご紹介していきます。

Advertisement

長崎平和マラソンの特徴

長崎平和マラソンの種目は3種類あります。

種目
・フルマラソン
・チャレンジピースラン8.9(8.9km)
・エンジョイピースラン2020(2,020m)

おすすめはもちろんフルマラソンですが、走力に不安があるなら8.9kmを走るチャレンジピースラン8.9を選びましょう。8.9は長崎に原爆が投下された8月9日を示しています。ただ走るだけでなく、平和への気持ちも込めて8.9kmを駆け抜けましょう。

長崎は坂が多いというイメージがあるかもしれませんが、長崎平和マラソンのコースはそれほどアップダウンがありません。12kmと22kmに高低差が50m以上ある上りと下りがありますが、それ以外は比較的走りやすい道になっています。

ただし参加者数が1万人いて、コース幅はそれほど広くありませんので、スタートからしばらくは渋滞するかもしれません。記録狙いのランナーは、できるだけブロックの前側で待機しておきましょう。

長崎平和マラソンでひとつ気になることがあります。それは「第1回」となっていないという点です。

長崎平和マラソンは被爆から75年の節目を迎える2020年に、長崎から「核兵器廃絶と世界の恒久平和の実現に向けた平和のメッセージ」を発信するための大会という位置づけになっていて、来年以降の開催がまだ白紙状態にある可能性が考えられます。

公認コースになっているので、継続開催を想定はしているものの、実際に開催するかどうかは今回の大会次第なのかもしれません。ということは、今年走っておかないと次がない可能性があります。

これまで開催されていた長崎ベイサイドマラソン&ウオークに戻ることも考えられますので、気になっているというランナーさんは、ぜひ今年の大会にエントリーしておきましょう。そして大会をみんなで盛り上げて、第2回の開催につなげたいところです。

長崎平和マラソンの関門時間

長崎平和マラソンの関門は10ヶ所あります。最初の関門は3.1km地点で40分と余裕がありますが、スタートロスがどれくらいあるのかはわかりません。後方のブロックからのスタートになった人は、最初の関門まではしっかりと時計を見ながら9時40分までに通過できるようにしましょう。

その他の関門はキロ8分ペースを維持すれば通過できます。とはいえ強烈な上りのある区間でも同じくキロ8分ペースを維持しなくてはいけません。女神大橋まではキロ7分から7分30秒以内で走っておきたいところです。

ただしオーバーペースは後半の失速を招きます。きちんと練習をして、キロ7分が辛くないくらいの走力をつけておいてください。できれば関門なんて気にならないくらい走り込みをしておくのが理想です。レースまではまだまだ時間がありますが、夏場の暑さに負けずに距離を積み重ねておきましょう。

ポイント関門距離制限時間ペース
3.1km3.1km0時間40分12:54/km
9.8km6.7km1時間35分8:13/km
16.2km6.4km2時間27分8:08/km
18.5km2.3km2時間46分8:16/km
23.6km5.1km3時間27分8:02/km
27.5km3.9km3時間59分8:12/km
32.2km4.7km4時間38分8:18/km
34.8km2.6km4時間59分8:05/km
37.8km3km5時間23分8:00/km
40.0km2.2km5時間41分8:11/km

長崎平和マラソンの気温・天候・完走率

 最低気温(℃)最高気温(℃)天候完走率(%)
20104.015.5晴れ-
201113.723.6晴れ-
201210.912.1-
20134.19.3-
201415.818.2晴れ-
20157.612.4曇り-
20165.415.4晴れ-
201714.816.9-
20189.117.8晴れ-
20196.615.5晴れ-

11月の長崎はどうも天候が不安定で、高確率で雨が降りそうです。最高気温は15℃前後ですので、雨が降るとやや寒さを感じるかもしれませんが、レースとしてはベストコンディションになるので記録を狙えます。

反対に晴れてしまうと、暑さを強く感じるので脱水症状になるランナーも出てくるかもしれません。最低気温は10℃以下になる日が多いので、スタートはやや肌寒く感じ、そこから徐々に暑くなる傾向にあるので、のどが渇いてなくても給水はこまめにしておく必要があります。

ただ、基本的には走りやすい気候です。コースもそれほどを厳しくありませんので、思い切ってベストを尽くすレースにしてみても面白いかもしれません。ただ、2011年のような20℃を超える気温になったら、記録は諦めて景色を楽しみながら走りましょう。

長崎平和マラソンの評価・口コミ

長崎平和マラソンは2020年に初開催となる大会ですので、過去の評価や口コミはありません。

Advertisement

過去大会のレポート

長崎平和マラソンは2020年に初開催となる大会ですので、過去のレポートはありません。

長崎平和マラソンアクセス

長崎平和マラソンは前日受付がありませんが、9時スタートですので、遠方からの参加の場合には前日のうちに長崎入りしておきましょう。関西よりも東から参加する場合には飛行機で長崎空港へ向かい、そこからバス移動するのがおすすめです。

関西よりも西の場合には新幹線で福岡駅を目指し、そこからJRか高速バスで長崎に向かいましょう。

長崎までは成田空港と関西国際空港からLCCも飛んでいます。関西からはピーチ、成田からはピーチとジェットスターの2社を利用できます。預け荷物等がある場合には、LCCでもそれほど安くならないこともあるので、格安になるセールを狙ってフライトを確保しましょう。

長崎で観光をする場合、市街地から離れた場所に行くならレンタカーが必須です。初めての長崎であれば市内観光だけで、あっという間に1日が過ぎしてしまいますが、もっと広範囲に見てみたいという人はレンタカーがおすすめです。

スカイスキャナーで航空券比較検索

楽天トラベルで高速バスをチェック

全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

長崎平和マラソンの宿泊予約

長崎平和マラソンの会場は平和公園内の陸上競技場です。平和公園周辺にもいくつかのホテルがありますが、観光をメインにするのであればオススメは繁華街の浜町周辺のホテルです。長崎駅前から平和公園まで路面電車に乗れば、14分で到着するのでアクセスも悪くありません。

長崎は観光地ですのでホテルの数は十分にありますが、条件のいいホテルはすぐに埋まってしまいます。エントリーが完了したら、できるだけすぐに楽天トラベルやBooking.comなどで宿泊施設の確保をしておきましょう。一般的なホテルを探すなら楽天トラベル、ゲストハウスのような格安宿を探すならBooking.comがおすすめです。

もしラン仲間と一緒に参加するなら、個人手配をするよりもツアーのほうが安くなることもあります。少しでも予算を抑えたいという人は「トラベルコ」で格安旅行を探しましょう。ただし、安いツアーが出るまでにはまだ時間がありますので慌てて申し込まないように注意してください。

楽天トラベルで宿泊予約する

【Booking.com】

大会詳細情報

長崎平和マラソン
開催日2020年11月29日(日)
エントリー期間先行:2020年3月11日20時~2020年5月27日
一般:2020年3月25日20時~2020年5月27日
参加者決定方法先着
種目フルマラソン
チャレンジピースラン8.9(8.9km)
エンジョイピースラン2020(2,020m)
開催場所長崎県長崎市
スタート時間9:00:フルマラソン
9:30:チャレンジピースラン8.9
9:45:エンジョイピースラン2020
大会受付なし(事前送付)
大会会場平和公園
スタート場所平和公園市営陸上競技場前
フィニッシュ場所平和公園市営陸上競技場前
参加資格フルマラソン:2002年4月1日以前生まれ(高校生不可)
チャレンジピースラン8.9:高校生以上
エンジョイピースラン2020:小学生以上
制限時間フルマラソン:6時間
チャレンジピースラン8.9:90分
参加費フルマラソン:11,000円
チャレンジピースラン8.9:2,500円

エンジョイピースラン2020
小中学生:1,000円
高校生以上:2,000円
親子:3,000円
定員フルマラソン:10,000人
チャレンジピースラン8.9:1,000人
エンジョイピースラン2020:1,000人
大会HPhttps://nagasaki-peacemarathon.jp

長崎平和マラソンにエントリー

Advertisement

長崎のおすすめガイド本

長崎平和マラソンに行きたいランナーさんの半数以上は、長崎観光が目当てではないでしょうか。長崎は観光スポットも多く、美味しいグルメもいっぱいありますので、きちんと計画を立てておきたいところですよね。計画を立てるにはやはり紙の本が便利です。

そこでここでは、長崎観光を存分に楽しめるガイド本を3冊ご紹介します。

大会情報カテゴリの最新記事