どこまでも走ろう!「ナイキ ルナエピック フライニット 2」

SP17_RN_LunarEpic_002_detail3

独特な履き心地が気に入って、「ナイキ ルナエピック フライニット」を手放せないというランナーさんに朗報です。2月16日から「ナイキ ルナエピック フライニット 2」が発売されることになりました。

これまでの「ナイキ ルナエピック フライニット」を履いたことのないというランナーさんも、横スリットの入ったナイキのランニングシューズを目にしたことがあるはずです。

初めて「ナイキ ルナエピック フライニット」を履いた人は、まずはその宙に浮いたような感覚に戸惑うかもしれません。ところが一度走り出すとどこまでも走り続けられそうな、柔らかなクッションと体重移動にハマってしまうかもしれません。

そんな「ナイキ ルナエピック フライニット」がモデルチェンジしたと聞くと、気になるランナーさんも多いはず。

従来のモデルから大きく変わったポイント

SP17_RN_W_LunarEpic_600_detail1

「ワンピースブーティー構造を採用」

これが従来モデルからの最大の変更点です。おそらくアウトソールやミッドソールにも小さな改善点はあるはずですが、わかりやすい変更点はワンピースブーティー構造の採用です。

ワンピースブーティー構造は簡単に説明すると、通常のシューズでは分離しているシューズのタンの部分を一体化している構造で、シューズというよりは靴下に近い感覚で履くことができます。

本来はタンを分離することで、利用する人それぞれの足の幅に調整する必要があるのですが、収縮性のあるフライニットを採用したことで、よほど足型が合わない人を除いで、どんな人が履いてもフィットするようにできています。

シューズの形が足に合わなくていつも爪を黒くしている人は、フライニットのシューズを一度試してみるといいでしょう。通気性も改善されていますので、以前のモデルよりも、より長い時間快適に走り続けることができるはずです。

もちろん従来のシューズ同様に高いショック吸収力と、推進力を生み出すための反発力が備わっています。

SP17_RN_LunarEpic_002_detail2

ちなみに「ナイキ ルナエピック フライニット 2」も従来のモデルも、踵着地を意識して作られたシューズです。フォアフットランナーやフラット着地のランナーは、シューズの機能を100%発揮できない可能性がありますので注意してください。

自己ベスト更新を目指して自分を追い込んで走るよりも、走ることを純粋に楽しみたい。そう考えているランナーさんにおすすめしたいシューズです。

「ナイキ ルナエピック フライニット 2」は履いて実際に走ってみないと、なかなかその感覚を掴みづらいかと思います。都内ではランステのラフィネで借りることができるシューズに旧モデルのルナエピックがありますので、まずはそちらで試してみるのもいいかもしれません。

サブ3を狙うようなランナーには向いていませんが、デザイン性も高く日常使いすることもできるシューズですので、ナイキ好きのランナーさんは、ぜひ2月16日以降に、ナイキシューズを取り扱っているショップでチェックしてみましょう。

公式サイト:NIKE.COM

「ナイキ ルナエピック フライニット 2」商品情報

SP17_RN_LunarEpic_002_Lateral

SP17_RN_W_LunarEpic_600_Lateral

商品名 ナイキ ルナエピック フライニット 2 (MEN’S)
ナイキ ウィメンズ ルナエピック フライニット 2 (WOMEN’S)
発売日 2017年2月16日
価格 17,280円(税込)
サイズ 24.5〜30 cm(MEN’S)
22.5〜26.5cm(WOMEN’S)

スポンサーリンク