誰にでもフィットするシューズ「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」

IMG_3396

サブ2.0を狙ったナイキのランニングシューズ「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」は、入手困難なほど人気が高まっていますが、価格面でもちょっと庶民ランナーには手が出ませんよね。

ワンランク下の「ナイキ ズーム フライ」も在庫なし状態が続いています。価格もやや高めで、家族がいるランナーにはなかなか手が出せません。

では同じシリーズで発売されている「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」ならどうでしょう?ナイキのシューズの中では、初心者から中級者向けのという位置づけなのですが、レースなどにはあまり向いていないのか気になりませんか?

というわけで、「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」を実際に履いて走ってみましたので、どんなシューズなのかレポートしたいと思います。

初心者に優しい高いクッション性

IMG_3407

ナイキ エア ズーム ペガサス 34は「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」のシリーズとして販売されていますが、実際にはこれまでのエア ズーム ペガサスの流れをくんでいるランニングシューズです。

名前からも分かりますように、すでに34代目という超ロングセラーシリーズのランニングシューズです。そのノウハウは非常に高いものがあり、ナイキのランニングシューズの最先端技術が込められています。

履いてみると分かるのですが、とても高いクッション性と高反発を兼ね備えたランニングシューズに仕上がっています。ただし、反発力に関しては、ある程度スピードを出せるランナーでなければ、実感することはできないかもしれません。

IMG_3399

ランニングシューズの反発力は、それなりの力を加えるから反発するのであって、ペタペタと走っている分には、ソールはそれほど変形せずに、反発することもありません。

ただし、このクッション性はとても魅力的です。クッション性ばかり重視しているシューズでは、接地したときの力がすべてクッションに逃げてしまうのですが、このシューズの場合、力が逃げてしまうことはありません。

そのままうまく推進力として利用している感じが伝わってきます。

どんなランナーにも適しているランニングシューズ

IMG_3413

ナイキ エア ズーム ペガサス 34は、そのクッション性の高さばかりが注目されていますが、このシューズが本当にすごいのは、「どのような着地をしても、膝がブレることなく安定している」ということです。

一般的なランニングシューズは、フォア着地や踵着地、もしくはフラット着地のいずれか専用として設計されています。これはできるだけシューズの無駄を省くためです。トップランナーは前側から着地する人が多いので、多くのメーカーでは、そのフォームを前提にシューズを作っています。

そのようなシューズを踵着地のランナーが履くと、自分の思い通りの走りができません。もちろん反対もそうです。踵着地を前提にして作られたシューズで、フォア着地をすると、シューズのポテンシャルを活かせません。

ところがエア ズーム ペガサス 34は、どこで着地をしても、膝がブレることもなく、同じフォームになるようなソール構造になっています。踵の右側で着地しても、つま先の親指側で着地しても、足を抜くときには同じフォームになります。

これはちょっと信じられないような技術です。

もちろん、エア ズーム ペガサス 34にもスイートスポットがあります。割りとフラットに着地するときにスイートスポットに当たりますが、フラットよりもやや前側にスイートスポットがあります。ちょっと見つけにくいので、あまり気にしないほうがいいかもしれません。

いずれにしても、エア ズーム ペガサス 34はどんなランナーでも快適に走れるように作られた魔法のようなシューズです。

どんな人がエア ズーム ペガサス 34に向いてる?

IMG_3414

それでは、どんな人がエア ズーム ペガサス 34に向いているのでしょう?ナイキが言うように、初心者から中級者向けのシューズなのでしょうか?

実はこのエア ズーム ペガサス 34はトップアスリートも練習用に履いています。世界的に有名なランナーでもあるファーラーや、日本マラソン界期待の星でもある大迫傑さんも、このシューズをトレーニングに使っています。

私も履いて走った感覚では「これ以外のシューズはいらないのではないか」という感覚になりました。エア ズーム ペガサス 34は、それくらい完成度の高いシューズです。ゆっくり走るときも速く走るときも、シューズが進行方向へと導いてくれます。

「エアズームペガサスなんて初心者シューズだろ?」そう思っている人もいるかもしれませんが、実際にはエリートランナーでも履きたくなる。そんなシューズですので、あなたが履いていい走りができない理由がありません。

ただ、ひとつだけ注意してもらいたいのが、このシューズを履いて走っているだけでは、脚力が徐々に落ちてしまいます。シューズが走りをサポートしてくれるので、使わなくなる筋肉が出てしまうのです。その結果、筋力が落ちて走れなくなるという可能性があります。

エア ズーム ペガサス 34を履いて走るのであれば、できるだけ高負荷な練習も取り入れて、筋力が低下しないように気をつけましょう。それさえ気をつければ、エア ズーム ペガサス 34は、とてもおすすめしたいシューズのひとつです。

買うかどうかで迷っているなら、背中を押してあげましょう。これは「買い」です。2017−2018シーズンの相棒に選んで後悔することのないシューズです。ぜひ購入して、しっかり走り込みをしましょう。

エア ズーム ペガサス 34商品概要

サイズ メンズ:24.5〜29.0cm
ウィメンズ:22.5〜26cm
重量 285g (メンズサイズ28cm)
255g (ウィメンズサイズ25cm)
オフセット 10mm
定価 12,960円

スポンサーリンク

スポンサーリンク