限定販売あり!「Kihachiro Onitsuka 生誕100周年 by ASICS」開催

1918年5月29日。後に世界を驚かせることになるある人物が、鳥取県の末っ子として誕生しました。言うまでもなく、後に鬼塚株式会社を設立する鬼塚喜八郎氏のことで、今年はちょうど彼が誕生して100年の記念の年になります。

その生誕100週年に合わせて、アシックスと伊勢丹新宿がコラボレーションし「Kihachiro Onitsuka 生誕100周年 by ASICS」が開催しています。

鬼塚喜八郎氏といえば「健全な身体に健全な精神があれかし」で有名です。その創業哲学により、アシックスは若者が元気よくスポーツに打ち込める環境づくりを目指して、製品開発やアスリートの支援をしてきました。

現代は鬼塚喜八郎氏が思い描いた未来にどれだけ近づいたのか。それを確認するためのイベントでもあります。そんな生誕イベントですが、ランナーさんに訪れてもらいたい理由が3つあります。

・ここでしか手に入らない限定アイテムの販売
・アシックスを代表するシューズの展示
・心も体も整えられる無料のエクササイズ

なんと言っても、さいだいの見どころは、鬼塚喜八郎氏が好んで描いたひまわりをモチーフにした限定アイテムの販売です。特に注目なのは1918足で限定発売される鮮やかなひまわりカラーのシューズです。

GEL-QUANTUM 360 KO100 / ¥20,000(税抜)

「アシックス」「アシックスタイガー」「オニツカタイガー」の各ブランドごとに用意されたシューズのうち、ランナーにおすすめなのはGEL-QUANTUM 360 KO100です。これだけ目立つ色使いのランニングシューズはほとんどありませんよね。

履いているだけで誰よりも華やかに見える1足です。

GEL-MAI KO100 / ¥16,000(税抜)

ランニングシューズとしてはデザインも機能も古いのですが、GEL-MAI KO100も1990年台のスニーカーブームを代表する1足です。ひまわりデザインで現代風にアレンジすることで、斬新な仕上がりになっています。

この他にもTシャツやエコバッグなどが用意されていますので、限定アイテム好きのランナーさんは必見です。

また、アシックスの歴代シューズの中でも、特に重要な役割を果たしたシューズが展示されています。シドニーオリンピックを制した高橋尚子さんのランニングシューズも展示されていますので、これは見るだけでも価値があります。

そして、さらに注目してもらいたいのは、参加費無料のエクササイズです。

イベント開催期間中の5月30日から6月4日まで、毎日3〜4種目のフィットネスアクティビティが開催されます。限界まで追い込むトレーニングやヨガ、ランニングセッションなども用意されていますので、時間の都合が合う人はぜひご参加ください。

5/30Wellness Wednesday(ヨガ)
5/31・6/1Accelerate to the weekend(コンディショニング)
6/2Run by ASICS(ランニング)
6/2Talk&Lesson AIRI HATAKEYAMA
6/2・6/3Refresh the week(ヨガ)
6/3Run by ASICS(ランニング)
6/3Talk & Lesson KENSUKE HATAKEYAMA
6/4Hopeful Beginning of the week(バイクエクササイズ)

一部のイベントはすでに予約が埋まっていますが、まだ参加できるものもありますので、ぜひチェックしてください。申込みは下記URLから「ASICS」で検索すると、該当するイベントに申し込みできます。

PassMarkethttps://passmarket.yahoo.co.jp

このようなイベントで行われるフィットネスアクティビティでよくあるのが、短時間でさわりだけ行うというものですが、今回は60分間の本格的トレーニングです。通常はお金を払って受講する内容のレッスンを無料で受けられます。

都内で働いているという人は、ぜひ仕事終わりにでも「Kihachiro Onitsuka 生誕100周年 by ASICS」に足を運んでください。タイミングが合えば、アシックスのブランドアイデンティティが伝わってくるレッスンの受講もおすすめです。

伊勢丹
Kihachiro Onitsuka 生誕100周年 by ASICS 〜鬼塚喜八郎が描いた未来〜

スポンサーリンク