ブレない安定感が1秒を削り出す SWANS「E-NOX NEURON 20’」

マラソン大会でトップアスリートが着用しているサングラス。紫外線から目を守るというのがひとつの役割ですが、実はそれ以上に大きな効果がいくつかあります。そのひとつが「集中力が高まる」ということです。

マラソンはメンタルが重要なスポーツですので、思った以上に集中力を使います。自分の筋肉の張りや心拍数の上がり方、スタートからゴールまでの間にちょっとした変化も見逃さずに微調整を繰り返すには、無駄な情報を極限までカットする必要があります。

サングラスをすることで、視界に入ってくる情報量を減らすことができ、より集中力を維持し続けることができます。

ただし、「サングラスがきちんと自分にフィットして、ブレることなく走り続けることができれば」という条件が付きます。残念ながら市販品のサングラスの多くが、市民ランナーの上下の動きに対応できずに、レース中にズレてしまいます。

トップアスリートの場合は、上下動が少ないのでそれほどズレは発生しませんが、それでも高速なスピードで走りつづけるときに、サングラスの安定感というのはとても重要になります。

とはいえ、サングラスの構造として、固定する箇所はノーズパッドとテンプルしかありません。テンプルがノーズパッドよりも高い位置にある通常の構造では、かなりしっかりとしたフィッティングをさせないとサングラスがズレてしまいます。

だったら、テンプルをノーズパッドの下につければいいじゃないかという、逆転の発想で生まれたのがSWANSの『E-NOX NEURON』です。

写真を見てもらえば分かりますように、アンダーテンプル構造になっていて、サングラスの重心を低く抑えることができ、スピードを出して走ってもブレないような構造になっています。

このためSWANSの『E-NOX NEURON』を着用すれば、レース中に集中力が途切れることなく最後まで走り切ることができるというわけです。実際にこの『E-NOX NEURON』を着用した天満屋女子陸上競技部の前田穂南選手が、2018年1月の大阪国際女子マラソンで自己記録を更新しています。

もちろん、自己記録を更新できたのは、『E-NOX NEURON』だけが影響しているのではなく、積み重ねた練習の賜物ですが、その練習を支えたのも、やはり高い集中力で練習と向き合えたことも影響しています。

そんな『E-NOX NEURON』は新たなる進化を遂げるために、前田穂南選手らトップアスリートの意見を取り入れて、次世代モデルの製品開発が行われました。そうして誕生したのが2019年2月28日より発売となる『E-NOX NEURON 20’』です。

従来モデルよりもレンズを上下左右に大きくしたことにより、視界に入ってくる光を限界までカットしています。レンズ部分は大きくなっていますが、高いフィット感のあるアンダーテンプルとズレを防ぐためのノンスリーブラバーにより、これまでと同様の安定性を実現しています。

とはいえ、このようなランニングアイテムは論より証拠です。実際に着用してもらって、そのフィット感を体験してもらうのが1番です。

SWANSは東京マラソンEXPOにブース出展し、「紫外線から眼を護る」をテーマに、 E-NOX NEURON 20’をはじめとした新製品の展示・販売を行うとのこと。気になるというランナーさんで東京マラソンEXPOのSWANSのブースで試着してみましょう。

高い集中力を維持することができれば、練習の成果を100%発揮できます。着用するだけで結果が変わるアイテムですでの、1秒を削り出すことにこだわっているランナーさんは、ぜひ試してみてください。

ゆっくり走るランナーさんでも、5〜6時間も紫外線に目をさらすのは、目にもよくありませんし疲労感も高まってしまいます。サングラスはすべてのランナーに必要なアイテムですので、購入候補のひとつとして検討してみてはいかがでしょう。

また、東京マラソンでは前田穂南選手が着用してレースに参加予定ですので、ぜひ天満屋のピンクのウェアとSWANSのサングラスで駆け抜ける前田穂南選手を見つけて、声援を送ってください。

E-NOX NEURON 20’製品概要

カラー全5色
発売日2019年2月28日
価格16,000円(税抜)
発売場所/購入方法・東京マラソンEXPO2019 SWANSブース
・SWANS直営店(3店舗)
・SWANSオフィシャルECサイト
・全国のスポーツ用品店、 全国の眼鏡店 など

スポンサーリンク