足指が動きやすい五本指ソックス「NAIGAI PERFORMANCE」

RUNNING STREET 365ではあまりランニングソックスをご紹介することがなく、さらに五本指ソックスとなると、ほとんど記事にしたことがないかもしれません。

ランナーにとってソックスというのは、どのような位置づけになるのか、これはとてもむずかしい話です。「ソックスはいらない」というトップランナーもいますし、ニット系のランニングシューズですと、ソックスがないほうが走りやすいこともあります。

反対にソックスにこだわるランナーもいます。アーチのサポートがしっかりしているソックスでないと最後まで足が持たないというランナーや、「足袋型がいい」「五本指型がいい」とその嗜好もそれぞれに違います。

あまり知られていませんが、五本指ソックスを指の根元までしっかりと入れて履くと、体の可動域が狭まることがあります。手元に五本指ソックスがある人は、五本指ソックスと裸足で、立位体前屈をしてみてください。

おそらく、裸足のほうが体が曲がって、指先が地面に近づくはずです。人によって個人差がありますが、このようなことが起きるのは、五本指ソックスを履くと足の指が浮いてしまうことに原因があると言われています。

だから五本指ソックスがランニングに向いていないとは言いませんが、この足の指が浮くというのは、ランニングにおいてあまり好ましいことではありません。

また五本指ソックスを履くと、足底筋膜炎になりやすいとも言われています。もちろん、これについても個人差があります。そうなりやすい傾向にあるとだけ覚えておいてもらえれば、足裏に違和感があったときに、ソックスを変えるという判断ができます。

ただ、ここでご紹介する五本指ソックスは、もしかしたら指の浮きや足底筋膜炎のリスクを回避できるのではないかという期待があります。

NAIGAI PERFORMANCEは親指(第1指)と第2指の間を、他よりも広げた形で編み立てることにより、人の足指の形状に合うように仕上げられています。さらに部分的にメッシュを取り入れることにより伸びやすく、足指が動きやすくなります。

たったこれだけの違いですが、従来の五本指ソックスよりも地面を掴みやすくなっていることは容易に想像できます。

実際に履いてみないと効果はわかりませんが、これまでの五本指ソックスよりは違和感なく履けるはずです。五本指の快適さを持ちながら、これまで以上に地面に接地できるので、安定感があり、力を入れなくても推進力が生まれるはずです。

ソックスですのでシューズと同様に相性があります。ですので、誰にでも最適なソックスというわけではありませんが、五本指ソックスは好きだけど、これまでのソックスは違和感もあったという人はぜひ試してみてください。