皇居ランニングをしたことがない人のための皇居周回コース紹介

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マラソンブームを支えていると言っても言い過ぎではない皇居ランニング。でもなんとなく勝手がわからず敬遠している人もいると思います。

そこで今日は皇居ランニングのコースがどんなコースなのか写真で説明していこうと思います。

map1003-1

コースは1周約5kmで軽いアップダウンがあります。信号はなくところどころに警備の警察官がいるため安心して走れるのも皇居ランニングが人気になる理由のひとつです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どのランニングステーションを使うかによるのですが多くのランナーが拠点にするのが桜田門(地図上1)。車道ではなく皇居敷地内なので道幅が広く、皇居を使ったマラソン大会のスタート地点に使われることが多い場所です。今日もここをスタートとしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皇居は反時計回りが基本なので桜田門の広場から北に向かいます。小さなルールがたくさんあるのですが、まずはこの反時計回りさえ覚えておけば大丈夫です。多くのランナーと歩行者が安全に歩道を使うためのルールなので可能な限り守りましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜田門の広場を抜けるとかなり道幅の広い歩道になります(地図上2)。おそらく皇居ランニングで最も道幅の広い場所です。追い抜きは基本外側からしましょう。ということはゆっくり走る人は内側です。仲間同士で走るときは横に広がり過ぎないよう気をつけましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

意外と知られていないのですが、皇居の周りは100mごとに都道府県の花が描かれています。キロ表示が小さすぎて走っているときはほとんど見えないのですが…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらく行くと大手町、右側のビル群の間から小さく東京駅が見えます(地図上3)。ここまでは観光客も多いのでぶつからないように注意しましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大手町の先からは道が狭くなります(地図上4)。ここはまだ広いのですが、急に狭くなるのでランナー同士が接触しやすいので気をつけて走りましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皇居ランニングのコース上には何ヶ所かトイレが設置されています(地図上5)。走っていてトイレに行きたくなったときにかなり安心です。写真は竹橋にあるトイレです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竹橋を過ぎると最初の坂がやってきます(地図上6)。さほど傾斜があるわけではないのですがフラットな感覚で走っていると意外と疲れます。ここを上手に走れるようになりましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乾門前を通過するとここからぐっと道幅が狭くなります(地図上7)。かなりのトップスピードで走ってくるランナーもいるので1列になって走りましょう。足場が悪いため、つまずくランナーも多い場所なので気をつけましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

千鳥ヶ淵まで一気に下ります(地図上8)。狭い上にスピードが出るので細心の注意を払ってください。こういう場所は膝を痛めやすいのであえてゆっくり走るというのもポイントのひとつです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

千鳥ヶ淵までせっかく下ったのにまた上りです(地図上9)。緩やかな傾斜がダラダラ続きます。これを上りきればあとは下るだけなので、気持ちを切らさずに一歩一歩足を前に進めましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上りきったらこんどは一気に下りです(地図上10)。道幅が少し広くなるので気持ちよく走れる場所です。膝に負担をかけ過ぎないようにコントロールしながら気持よく走ってください。夜は夜景がきれいな場所なので急がずゆっくり走っても気持ちいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桜田門の手前はフラットになっているので下ってきた勢いで一気に桜田門に駆け込むか、いったんペースを落としてスピードの調整をしましょう(地図上11)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おつかれさまでしたゴールです(地図上12)。最後の100mを全力疾走するのもいいですし、疲れを残さないために流すのもいいでしょう。

● ● ●

皇居ランニングコースいかがでしたか?

ランナーが多いので本格的な練習にはあまり使わないほうがいいのですが、軽く汗を流すぐらいにはちょうどいい練習コースになります。

周辺にはランステも充実していますので、仕事帰りに仲間と軽く走って、いっぱい飲んで帰ると最高に充実した時間になるのでおすすめです。

スポンサーリンク