アディダスの限界突破プロジェクト「SPEED SQUAD」メンバー募集中!

マラソンは自己流ではなかなか結果を出すことができません。サブ4くらいまでなら「努力」だけで達成できないこともないのですが、サブ3となってくると、本人に余程の適正でもないかぎり、簡単には達成できません。

その理由は2つあります。

・正しい努力ができていない
・自分を追い込めていない

まず、多くのランナーが陥るのが「正しい努力ができていない」ということです。みんなものすごく頑張っています。仕事をしながら月間走行距離が500kmを超えるくらい走っているランナーさんもいると思います。

でも結果がついてきません。それどころか膝や足首を傷めてしまったりして、走ることを諦めてしまうケースが珍しくありません。マラソンに限らず「努力は必ず報われる」という風潮がありますが、間違った努力をいくら積み重ねても成果には繋がりません。

さらに、自分1人での練習ですと、どうしても最後の追い込みが甘くなります。陸上部に所属しているランナーが速く走れるのは、仲間との競い合いがあるからです。ポイント練習などで、周りに負けないように最後まで絞り出す。

そういう練習を継続しているのですから、知らず知らずのうちに自分の限界を突破していきます。

「正しい努力ができていない」と「自分を追い込めていない」この2つをクリアし、なおかつ自分の限界に挑戦する強い気持ちがあれば、誰だってエリートランナーになることができます。

ただ、この2つをクリアすることが簡単ではありません。「だったら自分たちがランナーをサポートすればいい」そう考えてプロジェクトを立ち上げたのが、スポーツブランドのアディダスです。

アディダスはすでに、ランニングコミュニティadidas Runners of Tokyoを立ち上げ、ランナーの成長をサポートしていますが、さらにそのワンランク上を目指す人をサポートするために「SPEED SQUAD」プロジェクトを東京で始動させます。

この「SPEED SQUAD」プロジェクトは、すでに2017年ヨーロッパでスタートし、様々なマラソン大会で結果を出しています。

今回はこの「SPEED SQUAD」プロジェクトを立ち上げるにあたって、メンバー募集を行っています。メンバーに選ばれると4月から半年間、adidas継続専属トレーナーが全面監修したセッションを受講します。

このプロジェクトでは、ただ走力を鍛えるだけではなく、マラソンで走力以上に重要だとされているメンタル面でのサポートも受けることができます。

選考で選ばれるのは10名まで。この10人はチームメイトでありながら、ライバル関係でもあります。プロジェクト内で海外レースへの参加権をかけたセレクションなども行われますので、ただの仲良しグループではなく、本物の陸上部と同じ環境で切磋琢磨できます。

もちろん、このプロジェクトは誰でも応募できるわけではありません。

・18〜35歳までの男女
・男子はサブ3、女子はサブ3.5を目指せる走力がある
・東京でのミーティングやセレクションに参加できる

この3つが申し込みのための条件です。さらに、応募条件には書かれていませんが、スピードを追求できる強い気持ちがあるかどうかも、メンバー選考に大きく影響を与えるはずです。

このプロジェクトに挑むためには、半年間は走ることが日々の生活の中心になってきます。本当につらいこともあるかもしれませんし、やめたいと思うこともあるかもしれません。でも最後までやり抜く覚悟と、そのための環境を整えられるのか。

プロジェクトメンバーに選ばれる最大のポイントは、そこにあると考えられます。

とはいえ、こんなチャンスはそう簡単には巡ってきません。もしその覚悟があるのであれば、思い切って応募してください。自分自身の限界を突破したいランナーさん、2018年を挑戦の年にしてみませんか?

応募サイト
http://shop.adidas.jp/running/community/

「SPEED SQUAD」プロジェクト応募概要

応募期間 2018年1月21日(日)~2月11日(日
応募条件 ・18歳~35歳の男女
・男性はサブ3、女性はサブ3.5を目指せる走力
・東京でのミーティングやランニングセッションに参加可能
応募後の流れ WEB応募書類での選考後、adidas Japanによるインタビューを実施し、メンバーを決定
募集人数 最大10人
費用 無料

応募サイト
http://shop.adidas.jp/running/community/

スポンサーリンク