軽さと安定性を兼ね備えたHOKA ONE ONE「ARAHI 3」が2月に登場!

ウルトラマラソンやトレイルランニングを走るランナーから高い評価を受けているHOKA ONE ONEのランニングシューズ。最近は厚底シューズが増えてきましたが、その先駆けとなったのがHOKA ONE ONEです。

そんなHOKA ONE ONEのランニングシューズのうち、軽量さと安定性を重視した1足が「ARAHI(アラヒ)」です。アラヒはオーバープロネーション気味の走りを改善してくれるシューズで、ケガの予防も期待できる1足です。

そんなARAHIの最新モデル「ARAHI 3」が2019年2月に日本でも発売になります。ここではARAHI 3の特徴や、どんなランナーに適しているのかなどをご紹介していきます。

ARAHI 3になっても、従来と変わらずオーバープロネーションを防ぐことができるという特性は変わりません。このモデルも自然な足運びを通じて走りをサポートしてくれるJ-Frame™をソールに採用しています。

J-Frame™についてはHOKA ONE ONEが説明動画を作っていますので、ぜひチェックしてみてください。分かりやすくてよくできています。

オーバープロネーションは踵の外側で着地するランナーによくみられる動きで、足が内側に足が内側に回転しすぎてしまうことで発生し、シンスプリント、足裏の筋膜炎、外反母趾、踵骨棘などの原因になると言われています。

ARAHI 3はそんなオーバープロネーションのランナーに適したランニングシューズですので、フォアフットやミッドフットで着地しているランナーにとっては、それほど魅力的ではないかもしれません。

軽量で安定感があるという意味では魅力がありますが。

前モデルからの変更点はミッドソールとヒールロッカー、そしてアッパー素材です。ミッドソールとヒールロッカーの変更により、踵からの着地をよりスムーズに行えるようになりました。

そしてアッパー素材は通気性の良いエンジニアードメッシュになったため、快適性もサポート力もアップしています。色使いもシンプルになったため、街履きとしても使えるデザインに仕上がっています。

誰にでも適しているランニングシューズではなく、攻撃的に走るのにもあまり向いていません。長い距離を最後まで走り切りたいランナーや、距離を積みたいけど、走行距離が長くなるとケガをしやすいというランナーなら、その効果を実感できるかと思います。

春から夏にかけての走り込みシーズンに、ケガをせずに月間走行距離を伸ばしたいというランナーさんはARAHI 3をチェックしておきましょう。発売日の詳細は未定ですが、2月中には販売されるとのこと。

ちなみに「CLIFTON 5」と「BONDI 6」からは新色が2019 SPRING COLLECTIONとしてラインナップされますので、そちらも要チェックです。

ARAHI 3商品概要

MEN’S

Blue Sapphire, Mood Indigo
Nasturtium, Patriot Blue
Vapor Blue, Dark Shadow
サイズ25.0-30.0cm
重量272g(27cm)
ソールスペックオフセット:5mm
ヒール:29mm
フォアフット:24mm
価格18,000円(税抜)
カラーBlue Sapphire/Mood Indigo
Nasturtium/Patriot Blue
Vapor Blue/Dark Shadow

WOMEN’S

Allure, Mood Indigo
Frost Gray, Scuba Blue
サイズ22.0-26.0cm
重量227g(24cm)
ソールスペックオフセット:5mm
ヒール:27mm
フォアフット:22mm
価格18,000円(税抜)
カラーAllure/Mood Indigo
Frost Gray/Scuba Blue