予測不能な最新技術搭載!「ナイキ ジョイライド ラン フライニット」

現状維持では絶対に満足しない。それがナイキの信念なのでしょう。2019年、ナイキがまたしても新しいソールを誕生させました。「ジョイライド」ビーズ形状の素材を使用したクッショニングシステムが誕生しました。

ここではそんな最新技術を搭載したナイキ ジョイライド ラン フライニットについてご紹介していきます。

ナイキ ジョイライド ラン フライニットはどんなシューズ?

● 8月15日発売開始
● 最新のナイキ独自のイノベーション「ジョイライド 」搭載

ナイキ ジョイライド ラン フライニットのいいところ

● かつてないクッショニングを楽しめる
● それぞれの足に合うように自動的に調整される

ナイキ ジョイライド ラン フライニットの残念なところ

● 革新的すぎて走ってみないと良さが分からない
● 価格が高くて手を出しにくい

ナイキ ジョイライド ラン フライニットの特徴

ナイキ ジョイライド ラン フライニットの特徴は、なんといってもそのソールにあります。ソールに配置された4箇所のポッドに、用途に合わせた量のTPEビーズを流し込まれ、ビーズはランナーの足型に合わせて広がり足に馴染みます。

着地するときにも、ビーズは柔軟に変形しますので、これまでのランニングシューズにはない衝撃吸収性があります。ビーズはポッドによって広がりを制御されていますので、衝撃吸収をしたあとには、反発力となってエネルギーリターンを得られます。

アッパーはナイキの定番ともいえるフライニットを採用していますので、足全体がシューズに包まれるような感覚を得ることができます。高いフィット感を得られるので即応性も高く、ゆっくり走るランナーだけでなく、スピードを追求するランナーの要求にも応えてくれるはずです。

革新的だからこそ手を出しにくい

これは想定の話になりますが、おそらくナイキ ジョイライド ラン フライニットは、ランニングシューズでありながら、トレーニングシューズの機能をもたせた1足なのではないかと考えられます。

前に進むだけでなく左右への動きにも追従し、STOP & GOを繰り返すようなフィジカルトレーニングでこそ力を発揮するように感じます。実際に履ける機会があればレポートいたしますが、おそらくその可能性は高いと思います。

ソールのゴム材のレイアウトが、これまでに見たことのないものなので、はっきりと断言はできませんが、踵からの着地を想定しているのは間違いなく、スムーズな体重移動を求められる動きに適しているように感じます。

もちろん、通常のランニングでも使用できるはずですが、悩ましいのは革新的すぎて、いきなり購入するのにはかなり勇気がいるという点です。いったいどのようなシーンでのランニングに適しているのかもわかりません。

とにかく新しい技術に触れたいというランナーは別として、他のランナーは購入するときには慎重に情報収集を行いましょう。YouTubeなどにもレビューが上がると思いますし、個人ブログなどにも情報が出てくるはずです。

そのような情報を総合的に判断して、購入するかどうかの判断をしてください。価格が税抜で18,000円もするシューズですので、買ったものの使い所がないのではもったいないですよね。

● 自分の足にフィットすること
● 自分の用途に合っていること

この2点が購入するかどうかのポイントになります。フライニットですしジョイライドを採用していますので、フィット感は問題ないと思います。あとは、自分の用途に合っているかどうかです。

ナイキプラスメンバーは7月31日から8月14日の間、ナイキ直営4店舗(原宿・吉祥寺・大阪・福岡)で先行でトライアル体験できるということですので、気になるという方はそちらも活用してください。

しっかりと情報収集を行った上で、あとはナイキの直営店や、ランニング専門店で店員さんと相談しながら購入するかどうかを決めましょう。

ナイキ ジョイライド ラン フライニット商品概要

発売日:2019年8月15日
価格:18,000円(税抜)

※ナイキ直営4店舗(原宿・吉祥寺・大阪・福岡)で、7月31日から8月14日の間、ナイキプラスメンバー限定で、ナイキ ジョイライド ラン フライニットのトライアルを先行体験することができます。