トップアスリートが続々とPB更新!アシックス「METASPEED SKY+」「METASPEED EDGE+」

トップアスリートが続々とPB更新!アシックス「METASPEED SKY+」「METASPEED EDGE+」

最近、METASPEEDシリーズを履いているランナーを見かけることが増えてきました。やはり日本人の足を知り尽くしているアシックスということで信頼もあり、長くアシックスを愛用してきたベテランランナーにとっては、待ち望んだレーシングシューズ。

そんなMETASPEEDシリーズがアップデートして、6月に「METASPEED SKY+」「METASPEED EDGE+」として発売されます。従来の走りやすさをさらに上回る推進力を備えており、自己ベスト更新を後押ししてくれるシューズに仕上がっています。

Advertisement

METASPEEDシリーズがアップデート

多くのトップアスリートや市民ランナーの自己ベスト更新をサポートしたMETASPEEDシリーズのランニングシューズが待望のアップデート。「METASPEED SKY+」「METASPEED EDG+」はいずれも、クッションフォーム材「FF BLAST TURBO」を増量しており、より高い推進力を得られるようになっています。

さらにアスリートの声をもとに、各部位の形状や構造を調整するなど細かな部分での機能を進化しており、より速く、より快適に走れるようにアップデートされています。発売日は6月を予定しているということですので、秋マラソンの勝負シューズにぴったりです。

トップアスリートもコメントを発表していますので、購入するかどうか迷っている人はぜひ参考にしてください。

● 細谷恭平選手のコメント

反発性が向上しており、スピードを維持することができます。フィット感も前作より向上し、クッション性と安定性が両立され、レース後半でも足への負担が軽減されているように感じます。

● Julien Wanders(ジュリアン・ワンダース)選手 のコメント

前作よりも強い跳ね返りと軽さを感じました。走った後も足への負担が軽減されたように感じます。

META: Time: Trials

2022年4月24日、スペイン・マラガでアシックス主催の世界陸連公認レース「META: Time: Trials」が開催されました。アシックスの誇るトップアスリート79人が「METASPEED+」シリーズを着用し、PB(パーソナルベスト)を目指し出場。27のパーソナルベスト、4のナショナルレコードが誕生しました。

レース当日の動画が配信されていますので、ぜひチェックしておきましょう。

Advertisement

ストライド走法向け「METASPEED SKY+」

「METASPEED SKY+」はストライド型のランナーが、ストライドをより伸ばし、少ない歩数でゴールできることを追求した1足です。今作は、カーボンプレートをフラットな形状としミッドソール内の上部に配置しました。また、クッションフォーム材「FF BLAST TURBO」を前作より約4%増量しています。

プレート全体でフォーム材を圧縮させることで、よりダイナミックで大きな反発力を生み出せるようになっています。ミッドソールの厚みは最大約33mmで、ドロップは約5mmです。

品番1013A116
価格27,500円(税込)
カラーベルベットパイン×セーフティイエロー
サイズ22.5-29.0cm(0.5㎝刻み)、30.0cm

ピッチ走法向け「METASPEED EDGE+」

「METASPEED EDGE+」はピッチ走法のランナーが、ピッチを調節しながらストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールできることを追求したシューズです。カーボンプレートをスプーン状とし、ミッドソール内のつま先に向かって下がるよう傾斜を付けて配置しています。

さらに、クッションフォーム材「FF BLAST TURBO」を前作より約16%増量。蹴り出しの際に力が必要な足の前部へ局所的にフォーム材を圧縮させることで、少ないパワーで大きな反発力を得ながらすみやかに足を前に出すことができ、効率的な足運びをサポートしてくれます。

ミッドソールの厚みは最大約35mmで、ドロップは約8mmです。

品番1013A116
価格27,500円(税込)
カラーベルベットパイン×セーフティイエロー
サイズ22.5-29.0cm(0.5㎝刻み)、30.0cm

ランニングシューズカテゴリの最新記事