アスリートのためのランニングシューズ「ALPHABOUNCE BEYOND」

アディダスが作り出すアスリートのためのランニングシューズ「ALPHABOUNCE BEYOND(アルファバウンス ビヨンド)」。これはアスリートと言っても、トップランナーのためのシューズではなく、サッカーや野球などの他の競技で活躍する選手のためのランニングシューズです。

スポーツショップなどで販売されている、アディダスのBOUNCEシリーズも、ランニングシューズコーナーに置かれていますが、実はランナーを対象にしたものではなく、他の競技をする学生などがターゲットとなっています。

ではランナーに向いていないかというと、そういうわけではありません。ただ、ランナー用のシューズというのは「速く走ること」を前提に作られていますので、アディダスのシューズであれば、BOOST機能が搭載されています。

ところが部活動でのランニングの場合は、誰よりも速く走ることではなく、走ることで足腰を鍛えることが求められます。さらに、安全性も重視されます。ランニング中にケガをすることなく、しっかり走り込める。

BOUNCEシリーズは、一般のランニングシューズとは方向性がやや違ってきます。

今回発売される「ALPHABOUNCE BEYOND」は、さらに多方向への安定性を高めているため、例えばラダートレーニングなどにも適しています。通常のランニングシューズは、前へ進むことしか考えられていませんので、ラダートレーニングのような横の動きには適していません。

横への動きには踏ん張りが効かずに滑りやすい。そうなると補強トレーニングのはずがケガにつながってしまう可能性があります。ただ走るだけではなく、そのような総合的な筋力を高めたいランナーに「ALPHABOUNCE BEYOND」は適しています。

もしフルマラソンを走るためのシューズを探しているのであれば、「ALPHABOUNCE BEYOND」ではなく、もっとランニングに特化したシューズをおすすめします。安定性を重視しているため、重量もやや重たく感じるはずです。

「そんな何足もシューズを買えないよ」と思う人もいるかもしれませんが、シューズにはそれぞれ適したシチュエーションというものがあります。それぞれに適した使用をすれば、シューズの寿命は必然的に伸びます。

・ジョグ用
・レース用

少なくともこの2種類は使い分けできるのが理想です。

・スピード練習用
・フィジカルトレーニング用

さらにこの2足があれば万全ですが、さすがに4足は財布事情が許さないかと思います。そうなるとフィジカルトレーニング用は一番後回しになりますよね。でも、目先ではなく70歳80歳になっても走り続けたいなら、優先すべきはフィジカルトレーニング用です。

ケガをしないで長く走り続けるには、まずは走れる体づくりから始めなくてはいけません。その過程で、まっすぐに走る力ではなく、左右への動きも入れて関節周りの筋肉を補強することで、より強いランナーになれます。

長い距離を走ったり、インターバルトレーニングをしたりするのはその後の過程です。そういう意味で「ALPHABOUNCE BEYOND」はランナーにもおすすめの1足ということになります。

さらに、「ALPHABOUNCE BEYOND」は街履きにも使えるデザインだというのも魅力のひとつです。ランナー向けのランニングシューズのように、全てを削ぎ落とす必要がないため、よりデザインにこだわった1足となっています。

アディダスのオンラインショップではすでに発売となっていますが、全国のアディダス直営店などでの取り扱いは1月25日から。

2018年は夏のオフシーズンにしっかりと体づくりをしたいというランナーさんは、ぜひショップで実際に履いてみてください。普段のランニングシューズにはない安定感とフィット感を感じることができるはずです。

アディダス オンラインショップ
http://shop.adidas.j p/running/bounce/

ALPHABOUNCE BEYOND商品概要

ALPHABOUNCE BEYOND(アルファバウンス ビヨンド)
価格 ¥11,000(税抜き)
サイズ 22.0~33.0cm(メンズモデル)
重量 346 g(27cm 片足重量)
ALPHABOUNCE BEYOND W(アルファバウンス ビヨンド W)
価格 ¥11,000(税抜き)
サイズ 22.0~29.0cm(ウィメンズモデル)
重量 282 g(24cm片足重量)

アディダス オンラインショップ
http://shop.adidas.j p/running/bounce/

スポンサーリンク

スポンサーリンク