プロトレイルランナー鏑木毅「鏑木メソッド」6月16日刊行

今年2月に「究極の持久力」、5月には「やり遂げる技術」と続けて出版しているプロトレイルランナーの鏑木毅さん。自身のノウハウを惜しげもなく公開されていますので、参考にしているランナーさんも多いかと思います。

今月16日に刊行される「鏑木メソッド」はこれまでの2冊とは違い、具体的に鏑木さんがどのようなトレーニングをしているのかについて、そのメソッドがまとめられています。

※クリックすると拡大します

この本で注目したいのが「累積標高を意識したトレーニング」です。

一般的なランナーは月間走行距離を重視してトレーニングをしているかと思います。ところが鏑木さんは月間走行距離ではなく累積標高をトレーニングの指標にすることを推奨しています。

これまでの常識とはまったく違うアプローチ方法ですが、鏑木さん自身が試行錯誤し結果を出してきました。これまでの練習方法で記録が伸びなくなったというランナーさんにはぜひ参考にしてもらいたい内容になっています。

トレーニング内容だけでなく、レースに向けた長期のプランニングの考え方なども紹介されています。トレランは好きだけど、なかなか上手にはしれない、結果につながらないという人にとってとても貴重な情報が詰まった1冊です。

ただ、おすすめしたいのはトレイルランナーだけではありません。30代後半から体の衰えが気になりだしたロードのランナーさんにとっても、走れる体作りを目指すために役立つノウハウがいくつも掲載されています。

そういう意味ではすべてのランナーが手にすべき本です。一般の発売は6月16日ですが神奈川県藤沢市にある「湘南 蔦谷書店」では6月9日から先行発売が開始されています。近くに住んでいるランナーさんは要チェックです。

※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します

またAmazonではすでに予約開始していますので、今のうちに予約しておけば買い忘れすることなく、発売日にすぐ入手できます。家の近くに本屋さんがない人は、ぜひAmazonで予約しておきましょう。



スポンサーリンク