これまでにない一体感「アディダス ALPHASKIN ソックス」

ランナーのみなさんは、ソックスにもこだわりがある人も多いと思います。「五本指ソックスだと走りやすい」「機能はいらないから軽くて薄いほうがいい」ランナーごとにソックスに何を期待するか違いますよね。

ここで紹介したいのは、足とシューズの一体感を感じられるアディダスの新商品「ALPHASKIN ソックス」です。

あまり重視されていないのですが、シューズとソックス、ソックスと足の間には多少なりとも滑りが発生して、そこが小さなロスになります。その結果、自分の持っているポテンシャルをすべて発揮できていないケースがよくあります。

そのソックスが足に合ってなかったらなおさらですよね。アップダウンの多いコースなどでは、この小さな滑りが、レース後半になると疲労となって現れます。

だったら、もっと一体感を高めたソックスを開発すべき。そういう思いから作られたのが「ALPHASKIN ソックス」で、ランニング以外にも様々なスポーツに適している、スポーツソックスの新定番となるアイテムです。

難しい技術的な説明は省きますが、ソックスそのものに高い摩擦力を持たせることで、シューズとソックスのズレを防ぐ構造になっています。

足とソックスの間のズレは、細かいサイズ設定によってクリアしています。ほとんどのランニングソックスは2〜3種類のサイズしかありませんが、「ALPHASKIN ソックス」はなんと3cm刻みで選ぶことができます。

このサイズ展開により「小さすぎてきつい」や「大きすぎて余る」を防ぐことができ、ジャストフィットのソックスで快適に走ることができます。

シューズとソックスのズレは本当に小さいものですが、その積み重ねが最終的に大きなタイム差になります。接地したときのロス、足を後ろに運ぶときのロス。そういうものを極限まで減らして、タイムを縮めたい。そういうストイックなランナーにおすすめの1足です。

ALPHASKIN ソックスの選び方

アディダスの「ALPHASKIN ソックス」は60種類もの組み合わせがありますので、どれを選んでいいのか分からなくて困るという人もいると思います。ここではランナーに適したソックスの選び方をご紹介します。

グリップによる分類
TRAXION グリップソール
レギュラーソール

クッションによる分類
ウルトラライトクッション
ハーフクッション
フルクッション

レングスによる分類
アンクル
ショート
クルー
オーバーカーフ

ランニング用としての基本の組み合わせは次のようになります。

・TRAXION グリップソール
・ウルトラライトクッション
・アンクル

ALPHASKIN グリップウルトラライト アンクルソックス
価格:¥1,690 + 税
サイズ:19-21cm, 21-23cm, 22-24cm, 25-27cm, 28-30cm, 31-33cm

グリップは2種類ありますが、「ALPHASKIN ソックス」の特徴であるシューズとソックスのズレを軽減したいならTRAXION グリップソールを選びましょう。

クッションはランニング用に適しているウルトラライトクッションがおすすめですが、トレイルのような荒れた道を走るのであれば、ハーフクッションという選択肢もあります。

レングスに関しては好みで使い分けてください。冬場はふくらはぎまでカバーしたいという人もいると思います。そういう人はオーバーカーフを選びましょう。オーバーカーフはサッカーの日本代表などもロシアW杯で着用予定です。

トップアスリートも使用するこのソックス。気になる人はまずは上記の組み合わせで試してみましょう。

発売は、2018 年1 月4 日よりアディダス オンラインストアで先行発売、2018 年1 月11 日よりアディダス直営店にて発売予定となっています。

アディダスオンラインストア
http://shop.adidas.jp/alphaskin

スポンサーリンク

スポンサーリンク